あなたの婚活への本気度が高いほど結婚にたどり着く


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回はあなたの婚活への本気度が高いほど
結婚にたどり着く
というテーマでお話しします。

本気で結婚したいと思うほど行動する


本気で結婚したいと思っている方は
とにかく行動しています。


コロナウイルスの影響に関係なく
自分ができることから取り組んでいます。


たとえ外出できなくても
オンラインでしっかりと婚活しています。


婚活はそもそも婚活イベントに参加したり
お見合いをすることだけではありません。


普段の日常生活の過ごし方も婚活に影響していきます。


婚活の時だけ演技をしても
何度も同じ方と会っていくうちに
ボロが出てしまいます。


普段の過ごし方、例えばお金の遣い方や
相手の方への感謝の気持ちを言葉にできるか、


清潔感を出せているかなど
日常生活から改善していくことで
婚活でも発揮できます。


つまり、婚活は普段の生活の過ごし方が
婚活で成功する大きな鍵を握っています。


婚活は行動していけば
当然お金もたくさんかかってしまいます。


婚活でお金に困らないためにも
婚活前に貯金をしておくことです。


婚活をしている最中に貯金が底をつきてしまえば
行動量が減ってしまいます。


婚活以外のどうでもいいことで
無駄な浪費をしていては結婚から
遠ざかってしまいます。


結婚すると決めたら婚活にだけ
お金を遣っていきましょう。


具体的には自分から結婚相談所に入会して
結婚相談所での活動をメインにしていきましょう。


結婚相談所に登録すればマッチングアプリとは異なり、
プロフィールに書かれている内容は
真実でなくてはならないため、


収入証明書や学歴証明書、
住民票などの提出必須書類が義務づけられています。

行動量が上がれば早く悪い部分を改善できる


行動量を上げていくことで
早い段階で改善点を見つけられます。


たくさん自分から行動していけば
当然うまくいかないことや
嫌なことをたくさん経験していきます。


ほとんどの方は嫌なことを
経験することを避けたがります。


確かに婚活で嫌な思いをして
傷つくのは誰でもやりたくありません。


しかし、誰もやりたくないことをするからこそ
早く婚活を終わらせることができます。


結婚というゴールに早くたどり着きたいのなら
自分が嫌だなと思うことをしてでも、


結婚したいという気持ちがなくては
いつまで経っても結婚できません。


本気で早く婚活を終わらせたいなら
休日を返上して休日全てを婚活に当てることです。


休日全てをお見合いや婚活パーティー、
デートに時間を使っていくことです。


結果がうまくいかなくてもかまいませんので、
行動すること自体に意識を持っていってください。


行動していかなくては改善点も見つかりませんし、
いつまでも同じ位置にいるので成長はありません。


改善点を早く見つけて
改善していかなくては成長しません。


どの内容が好かれやすくて
どの内容が好かれにくいのかは


実際に婚活をしてアピールして
みなければわかりません。


もし何の行動もしなければわからないままですので
ずっと同じ内容をアピールすることになります。

結婚に関する話ができる関係にしておく


お見合いや婚活パーティーに参加している時の
気持ちはどんな気持ちでしょうか?


真剣に結婚をしたいと思ってお見合いや
婚活パーティーに臨んでいますか?


初対面の段階で深く入った内容をするのは厳禁ですが
相手の方の事に興味がある姿勢は出しておきましょう。


本気で結婚したいと思っていれば2回目、
3回目のデートでも、
真剣交際に向けての話ができる関係になっています。


逆に2回目、3回目以降でも真剣交際の言葉が
出てこなければ真剣交際に進めないでしょう。


真剣交際に進む前に結婚についての話が
少しもできなければ、
遅かれ早かれ交際は破綻になってしまいます。


真剣交際に進んでから交際が破綻してしまっては
精神的なダメージを負ってしまいます。


成婚まで進んでから交際が
破綻になってしまった方もいます。


破綻になる理由は結婚する前に
結婚の話をしていなかったからです。


先人たちは結婚向けての話を真剣交際の段階で
しなかったことを悔やんでいます。


先人たちと同じ過ちをしないためにも早い段階、
できれば2~3回目あたりで真剣交際に向けての話を
少しでもできれば真剣交際に進んでから
後悔することはありません。


お見合いや初回デートの段階で
真剣交際の話は早いので、


お互いのことをよく知るために結婚だけでなく
趣味や価値観について深く聞いてみましょう。


もし、自分には合わないなと思ってしまえば
真剣交際の話をせずに途中で終了に
することができます。


2~3回目辺りでお互いの普段の姿が
出てくるようになります。


普段の姿を見て自分には合うから
真剣交際まで進んでみたいと思えば、
交際に進んでみればいいのです。


逆に難しいな、合わないなと思えば
真剣交際の話をしないで交際終了にしましょう。

まとめ


本気で結婚したいと思っている方は
たとえ外出こんな状況になっても、
今自分ができることから取り組んでいます。


日々の生活態度を見直したり、
無駄なお金を遣わないようにしたり、


オンライン婚活をしたりなど
今の自分ができることから取り組んでいます。


本気で婚活したいと思えば思うほど、
婚活にかかってしまう出費は増えていきます。


出費が増えても対処できるように
無駄なお金は遣わないようにします。


そして、行動量が上がっていけば、
嫌な思いをして傷つくこともあります。


嫌な思いをして早く改善点を見つけていかなくては
婚活は終わりません。


本気で結婚したいと思って婚活をしていけば、
相手の方にもその本気度が伝わっていきます。


そのため、本気で結婚を考えている相手の方としか
お付き合いできません。


もし、2回目、3回目のデートになっても、
真剣交際の話が出てこなければその交際は
遅かれ早かれ終了になってしまいます。


成婚してから破綻になった方は真剣交際中に、
結婚の話が出てこなかったり、真剣交際に入る前に、
真剣交際の話ができなかったなどの失敗をしています。


先人たちと同じ失敗をしないためにも、
真剣交際に入る前に深い部分まで
話せる仲にしておきましょう。


こちらが本気で婚活に取り組んでいない限り
相手の方も本気にはなりません。


相手の方が本気でなければ終了にすればいいのです。
婚活に本気で取り組んでいき本気で
結婚したい方にだけターゲットを絞りましょう。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。