イライラしない


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回はイライラしないというテーマでお話しします。

婚活で怒っても意味がない


婚活でも礼儀を知らない非常識な方はいます。
非常識な相手の方の失礼な態度で怒ってしまうこともあります。
しかし、そのような失礼な方に対して怒っても何の意味もありません。


最近は暗い話題が何かと多くてイライラしやすくなっています。
しかし、イライラした感情を行政や国に対してぶつけても何の解決にもなりません。
従って、怒りという感情から何のプラスの効果は生まれません。


怒ってしまいますと一時的にはすっきりした気分になりますが、
やがてすっきりした気分は消えてしまい後悔や憎しみが残ってしまいます。
怒りという感情はマイナスの要素しかもたらせません。

失礼な態度をされても怒らない


婚活パーティーやお見合いで失礼な態度を取る方もいます。
例えば露骨に「今まで出会いはなかったのか?」「なぜ婚活をしているのか?」など、
失礼な発言を平気でする方がいます。


このような発言は絶対にしてはいけません。
また、お見合いで男性が女性の飲み物代を払ってもお礼を言わないのも言語道断です。
イラッとしてしまいますが我慢してお断りの返事をしましょう。


私もこれらの失礼な発言や態度を取られたことがあります。
婚活パーティーで失礼な事をされたらアピールしなければいいだけですし、
お見合いで失礼なことをされたらニコニコしながらお断りの返事をしています。


悩む必要がありませんので非常に楽です。

イライラしたら引く


イライラや怒りの感情から何のプラス要素が生まれないことが理解できましたか?
こちらがイライラしたり怒ってしまっても何の意味もありません。
もし怒りそうになったらその場から立ち去るのもひとつです。


婚活パーティーでしたら適当に質問して話をさせて時間を潰しましょう。
相手の方に話をさせた方が気持ちは楽です。
お見合いの場合でしたら早く切り上げても構いません。


お見合いの場合、時間は暗黙で60分と決まっていますが、
嫌だなと感じたら10分で終了して会計を済ませても構いません。
もし、相手の方がたくさん話してくれればそれで時間を潰しても構いません。


怒りという感情から幸せな要素は生まれません。
もし、交際していて怒りの感情が出てしまったら、
一度気持ちや状況を整理してから話し合いましょう。


怒ったまま話し合ってもプラスにはなりません。
なので怒ってしまったら一度こちらから引きましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

前の記事

失敗から学ぶ