プロフィール写真と実物


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回はプロフィール写真と実物というテーマでお話しします。

プロフィール写真と実物が違いすぎると交際に繋がらない


プロフィールにあるプロフィール写真を見てからのお見合い、
もしくはお見合いパーティーからのお見合いでプロフィール写真と実物が違いすぎると交際に発展することはありません。


プロフィール写真と実物との違いが大きすぎるとよりデートまで進めません。
例えば、プロフィール写真は痩せていてるが、実物は太っている。
プロフィール写真はメイクを頑張っても実物は酷いというケースです。


私が経験したケースはお見合いパーティーで会った時の実物のメイクは頑張っていましたが、
プロフィール写真を見たときにあまりの老化ぶりにびっくり仰天しました。
もちろん、その方へのお見合いの申し込みはしませんでした。

プロフィール写真時のメイクは難しくない程度で


いくら頑張ってプロフィール写真時のメイクを自分で頑張ったり、
プロのメイクに依頼するなどでプロフィール写真をよく見せようとしても、
実際に自分がそのメイクを再現できなければ意味がありません。


反対にプロフィール写真時がノーメイクならばそのままの自分を確かに出せていますが、
実際に相手からお会いしたいとは思われにくいでしょう。
さすがにヘアメイクなどをしていなければ会いたいとは思われません。


プロの方でもプロフィール写真をある程度加工はします。
その加工も不自然でない加工ですので、
素人が加工するよりもずっと相手に好印象をもたれやすくなります。

プロフィール写真の変更のタイミング


プロフィール写真を変更のタイミングの例をあげます。
最初にプロフィール写真を撮影した時よりも痩せたとき、
髪型が大きく変わったときや眼鏡をつけたもしくは裸眼やコンタクトレンズときなどです。


これらの変化は初対面の相手にとっては戸惑ってしまいますので、
変化したときにプロフィール写真を新しい写真に差し替えましょう。
もちろん新しいプロフィール写真の撮影もプロに依頼しましょう。


たかがプロフィール写真と思われるかもしれませんが、
プロフィールの文章を読まれる前にプロフィール写真に目が行きます。


つまり、どんなに素晴らしいプロフィールの文章が書かれていても、
プロフィール写真が風景や自撮り写真、不自然な加工をした写真では、
相手にスルーされてしまうのです。


スルーされないためにもプロフィール写真にはきちんとした写真にしましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。