互いに依存しない


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は互いに依存しないというテーマでお話しします。

依存しあう関係は悪い関係


婚活に限ったことではありませんが、
お互いに依存している状態での関係性はいいものではありません。
むしろ、幸せから遠ざかっていく関係性です。


自分がいなければ相手の方は駄目になると
勝手に思い込んでしまいますと不幸な結末しかありません。


相手の方はこちらがいなければ駄目になると思っていなくても
こちらが勝手に思うだけで相手の方が不幸になります。


逆のパターンも同じく不幸な関係性です。
たとえこちらが相手の方を必要としなくても、
相手の方から必要だと勝手に思われているだけでこちらが苦しくなってきます。


もしも、お互いが依存し合う関係になってしまいますと、
なかなかお互いに離れられない状態になってしまいます。
お互いに依存している状態は最も最悪な関係です。


もし、相手の方がこちらに依存していると感じてしまいましたら、
今後は会わないようにして別の方に気持ちを向けて進みましょう。

互いに依存しあうと本当の気持ちが見えなくなる


お互いに依存している状態はお互いに自己否定感が強い状態です。
本当の自分を押し殺しているため、
本当の自分の気持ちが見えない状態になっています。


また、お互いに依存している状態はお互いに世間体を気にしている状態とも言えます。
例えば、「結婚していないと人間として評価されない」とか、
「友人や知人、家族に認められたい」といった他人の評価を気にしている状態です。


他人や世間体はこちらが思っているほど無関心なのです。
誰もが自分の生活や将来のことで精一杯なのです。
今日のようなコロナウイルスの影響がある中ではなおさらです。


他人に依存している状態から脱出していくには精神的な自立をする必要があります。
つまり、自分は自分、他人は他人でしかないと思うようになることです。
精神的な自立ができるようになれば自己肯定感も高まります。


自己肯定感が高まれば自分を信頼できるようになります。
つまり、自信を持って婚活をすることができます。
自信を持って婚活をしていけば生き生きとした状態になります。


こちらが自信を持って生き生きとした状態になれば、
明るくて一緒にいて楽しい方と出会えるようになります。
明るくて一緒にいて楽しい方となら幸せな結婚生活が手に入ります。

精神的な自立を目指す


精神的な自立を目指していくにはまず自分で色々挑戦してみることです。
例えば、今まで外食が多かった習慣を自炊に挑戦してみるなどです。
自炊は手間を全くかからないレシピから手間がかかるレシピまで幅広くあります。


いきなり手間がかかるレシピでは長続きしませんので、
手間が全くかからないレシピから挑戦していきましょう。
5分から10分程度のレシピならすぐにできます。


慣れてきたら手間がかかるレシピに挑戦していくということです。
いきなり難しいことをしても自信を無くしてしまいます。
初めは自分ができると思えるところから挑戦していきましょう。


自炊でなくてもかまいませんので、
自分がこれならできると思えるものから取り組んでいくことです。
実際にできたという実体験をたくさん積んでいくことで自信が持てるようになります。


自信が持てるようになれば精神的な自立も可能になります。
精神的な自立から自己肯定感が生まれて自分に自信が持てるようになります。
自分に自信を持って婚活をしていきましょう。


どんな結果になっても自分に自信を持てば前に進むことができます。
悪い結果であってもいい部分が見えてくるようになります。
自己肯定感をもって婚活しましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

前の記事

1人1人を好きになる