信念を持って婚活


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は信念を持って婚活というテーマでお話します。

なぜ結婚したいのですか?


結婚したい理由は何でしょうか?
他人が羨ましいから、自分が両親にしてもらえなかったことをやってみたいから、
独身であることを馬鹿にされたくないから。


人によって結婚したい理由は様々です。
どんな動機であっても結婚したいという願望は同じです。
しかし、自分の意思で結婚したいと思わなければ結婚できません。


本当は独身でいたいのに他人から馬鹿にされたくないからとか、
両親や会社の人間が「結婚しないの?」と言われるのが嫌など、
自分が他からの評価を下げられたくないという動機では結婚できません。


自分の意思が入っていなければ婚活で成功することはありません。
自分の人生は自分で決めなくてはなりませんので、
いつまでも他人に依存していては1人前の人間ではありません。

結婚したらどうなりたいですか?


結婚したらどうなりたいかを最初は漠然としていてもかまいませんので、
自分で結婚後の生活を描いてみてください。
婚活をしていくうちに結婚したらどうなりたいかが段々と具体的なイメージができあがります。


離婚歴のある方は同じ失敗をしないためにはどうすればいいのかを考えてみてください。
相手と死別してしまった方は例外ですが、
死別と生別の離婚理由では今後の婚活も違ってくるでしょう。


死別の場合、自分の意思とは無関係ですので、
離婚したことに関しては深く聞かれることはないでしょう。
「辛かったですね。」「悲しかったですね。」としか言いようがありませんから。


一方、生別の場合、交際が進むにつれて離婚理由が気になってくるかと思います。
もし、子どもがすでにいる場合、相手の方は余計にプレッシャーを感じるでしょう。


自分の血を持っていない人間に対して愛着はわきにくく、
もし、相手の方との間で子どもを授かった場合、
自分の血を持っている子どもに愛情を注いでしまうでしょう。

結婚のビジョンを話し合って作る


結婚のビジョンは必ずお互いに話し合っていかなくてはなりません。
恋愛結婚の場合、話し合うことなく結婚してしまうこともありますが、
話し合っていないために離婚する確率は高くなってしまいます。


恋愛結婚の場合、2~3年など長期的なお付き合いをしてから結婚することになります。
一方、お見合い結婚の場合、半年で結婚するかどうかを決めてから結婚することになります。
お見合い結婚の場合、相手と結婚することが前提の上でお付き合いすることになります。


婚活はお見合い結婚に入るため話し合うことがたくさんあります。
だからこそ、結婚するまでが難しいのです。
たくさんの異性に出会っていき話し合いを繰り返していきます。


話し合いをたくさんしているからこそ離婚率は恋愛結婚よりも低いのです。
幸せな結婚生活を送りたいのであれば婚活をしましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。