全ての異性に好かれようとしない


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は全ての異性に好かれようとしない
というテーマでお話します。

全ての異性に好かれるのは無理


婚活が思うように進まない時、
つい、誰からも好かれなくてはいけないと
思うときはありませんか?


実は誰からも好かれようとするのは
逆効果になってしまいうまくいかないのです。


全ての異性に好かれようとすると、
本来の自分を押し殺してしまう結果になります。


本来の自分の気持ちを押し殺して
自分の気持ちに正直になれずに
お見合いやデートをすることになります。


その結果はもちろん、言うまでも無く散々なものです。

自分のことを少しでも気に入ってくれる異性にだけ好かれればいい


婚活においては完璧主義である必要は全くありません。
どんな人でも全ての人に好かれることはできません。
それは芸能人やスポーツ選手でも同じです。


ですので、全ての異性に好かれなくてもいいのです。
こちらのことを少しでも気に入ってくれる異性に
好かれればいいのです。


つまり、完璧主義の考えをやめれば
婚活も少しはうまくいきます。


こちらのどの好きな部分が
好かれやすい傾向にあるのかがわかれば、
好かれやすい部分をアピールしていけばいいのです。

ありのままの自分をさらけ出す


まとめてしまいますと、
ありのままの自分を異性にさらけ出していけば
いいのです。


そして、自分には合わないな、
受け入れられないと思えば、
次の方に出会えばいいのです。


100%受け入れてくれる相手はいませんが、
70%~80%くらいなら受け入れてくれる
相手はきっといます。


そして、その時に居心地がよければ
交際あるいは真剣交際に進んでみたいと
提案してください。


その時に相手も居心地がよいと判断したら先に進めます。


自分の力だけではどうにもならないのが婚活ですが、
自分は結婚できると信じ続けてください。


自分から信じるのをやめてしまったら、
その時点で終了です。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

前の記事

婚活における話し方