婚活でできれば避けたい相手


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は婚活でできれば避けたい相手というテーマでお話しします。

マナーが悪い方


マナーが悪い方は婚活にでも残念ながらいます。
マナーが悪いというのは婚活でのルールを守れない方を指します。
マナーが悪ければ今後の交際でもマナーの悪さが目立ってしまいます。


マナーが悪い例としましてはお見合いでいきなり婚活を始めた動機を聞くこと、
過去のお見合い回数やどのくらいの期間婚活をしているのかなどです。
また、プロフィールの文章を一切読まずにお見合いをする方もいます。


マナーが悪い方は婚活パーティーやお見合いで出会うことがあります。
マナーの悪さに苛立ってしまうこともありますが、
決して大声で怒鳴ったり、口喧嘩をしないようにしましょう。


怒ってしまってはこちらが損してしまいます。
ですので、イライラしたときはうまく流して時間を潰してしまいましょう。


私が出会った中で嫌だなと思ったのはお見合い時に
時計をチラチラ見出すという早く帰りたがるそぶりを見せてきたので、
どうしたのか相手に聞いてみました。


そしたらスポーツジムの予約レッスンに遅れそうと言ってきました。
それはいけないと私は思ってお茶代を支払ってさっさと帰らせました。
もちろんこのお見合いの返事は即NO返事をしました。

悪口が多い方


また、お見合い時で過去に出会った方の悪口や
職場での同僚や上司の悪口を婚活で言ってしまう方もいます。
悪口が多い方はこちらの悪口を言うようになります。


そのため、悪口が多い方とはお見合いで終わりにしましょう。
たとえ無理に悪口が多い方と交際に進ませても、
絶対に楽しくない交際になってしまいます。


悪口が多い方というのはそもそも被害者意識が強い方です。
被害者意識が強い方は決して自分から謝ることはありません。
ですので、被害者意識が強い方と結婚しても遅かれ早かれ離婚することになります。


離婚するくらいなら婚活で真剣交際に進む前に交際終了にしましょう。
もし自分の経歴にバツがついてしまいますと、
再婚でまた婚活をする際に不利になってしまいます。


交際するにふさわしい方は逆に仕事仲間などの第3者に対して褒め言葉が多い方です。
他人に対する褒め言葉が多ければ楽しい時間を過ごすことができます。
お付合いするにふさわしい方はプラスの言葉が多い方です。

合わない方とは早めに終わらせる


非常識な態度をする方は婚活をしていると出会ってしまうこともあります。
無理に今後も会おうとしないで今回限りで終了にしてしまいましょう。


また、常識的な方であっても価値観が合わなければ、
残念ながら交際がうまくいくことはありません。
価値観の違いによる交際終了はいくら努力してもどうすることもできません。


価値観の違いが出てしまったら今後の交際はなかなか難しいものになります。
100%価値観が合う方とは絶対に出会うことはありませんが、
ある程度は妥協することはできます。


しかし、どうしても譲れない価値観は誰にでもあります。
例えば、どんなに仲のいい方と出会えたとしても、
その方がどうしても将来ペットを飼いたい方だとします。


そしてこちらがペットを飼うことがどうしても嫌だとしたら、
交際がうまくいかないことはわかりますよね。
もしこちらが動物アレルギーを持っていたらなおうまくいきません。


価値観の違いは誰にでもありますが、
婚活して様々な異性の方に出会っていき、
どんなタイプの方なら自分に合うのかが分かってきます。


経験していかなくてはわからないことですので、
出会えるチャンスがあるならチャンスを活かしていきましょう。
そして婚活を経て幸せな結婚生活を手に入れましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

次の記事

相手との年齢差