婚活での話題


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は婚活での話題というテーマでお話します。

知らないことは教えてもらう


婚活をしていて知らない話題をふられることは少なくありません。
知らない話題をふられて知らないと応えたらそこで会話は終わりです。


知らない話題をふられたらその話題について聞いてみればいいのです。
興味があれば深く聞いてもかまいません。
知らないことについて馬鹿にされたらその相手とは二度と会わなければいいだけの話です。


聞いても興味がなければ別の話題について話しましょう。
この繰り返しをすることによって、
相手に好みが分かってきます。


私も知らないことについては相手に聞いていますし、
知らないことを知ることによって自分の世界が広がります。
ですので、知らないことを知ることは私も楽しいのです。

どんなことでも関心を持つ


婚活では興味がない話題もふられることはあります。
どう答えたらいいのかわからないところですが、
露骨に興味がない態度を示すのはもったいないです。


自分が興味がなくてもなぜ相手はその話題が好きなのか、
その話題のどこが好きなのかを聞いてみればいいのです。
そうすれば相手も喜んで話してくれます。


1時間以上相手と一緒に過ごすことになりますと、
用意してきた話のネタも尽きてしまいます。
そんなときは周りの風景や少し前の出来事を話してみるとよいでしょう。


盛り上がればそこから話を膨らましていけばいいのです。
盛り上がらなければまた別の話題を持ってくればいいのです。

相手に興味を持つ


相手に興味を持つということは、
相手が普段身につけているアクセサリーや持ち物、
洋服などにも関心を持つことです。


「その服いいね。」「そのカバンいいですね。」など、
相手の身につけているものを褒めることができます。


自分が身につけているものについて、
褒められて嫌気がする人はいません。


また、相手が夢中になっていることに関する話題もいいですし、
夢中である理由を話してくれます。


このように考えていきますと、
婚活の場で沈黙せずにはいられませんよね。


もし、あまりにも沈黙の時間が長い場合、
今後の交際には繋がりにくいので終了にしてもいいでしょう。


全く沈黙がないことはありませんが、
沈黙が全くない状態では疲れてしまいますので、
多少の休憩を挟んでみましょう。


多少の休憩から新しい話題が思いつくかもしれません。
思いついたら話してみましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

前の記事

婚活における年収