婚活でメンタルを鍛えるには行動量を増やす


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は婚活でメンタルを鍛えるには行動量を増やす
というテーマでお話しします。

うまくいかない方は行動量が少ない


婚活がうまくいってない方は
お見合いへの申し込んだ数や


婚活パーティーの参加量といった
行動量が足りていません。


にもかかわらず、
自分から何か行動しようとせずに


いつか誰かが自分を
選んでくれるだろうという姿勢でいます。


こちらの顔と名前とプロフィールを
相手の方に知られていないまま
相手の方に選ばれるわけがありません。


こちらのことを判断してもらうには、
こちらの顔と名前とプロフィールを
相手の方に知ってもらうことです。


相手の方に知ってもらうには
こちらから婚活パーティーに参加したり


お見合いを申し込んでいくなどの
積極的に婚活の場に顔を出すことです。


顔と名前とプロフィールを相手の方に
知ってもらえなければ相手の方も
判断しようがありません。


自分から動かない限り
男性も女性も関係なく婚活は成功しません。


自分からこれ以上はできないと
限界を作っている限り婚活では成功しません。


つまり、自分で結婚できないと思っているため
自分で自分の首を絞めているのです。


自分で自分の首を絞めないようにするには
とにかく行動に移すことです。


たとえ結婚に向けてどんなに
素晴らしい計画を考えて立てたとしても、


自分で作った計画を実行に移さなければ
まったく意味がありません。


そもそも、計画は行動していかなくては
改善の余地が見つからないため、
計画を考えて立てた時間が無駄になってしまいます。


時間を無駄にしてしまっては
計画を立てた時間も意味がなくなります。


婚活を終わらせようとするならば
とにかく行動量を増やしていくことです。


休日は全て婚活に当てて
お見合いや婚活パーティーに積極的に
参加していきましょう。


出会った異性の数が多い分だけ
結婚というゴールに近づけます。


もちろん、真剣に結婚したいと思っている方にだけ
タ―ゲットを絞って婚活をしていくことです。


軽い気持ちの方を相手にしている時間はありません。

結果の良し悪し問わずに行動


お見合いやデートで傷ついて
立ち止まっている時間はありません。


立ち止まっている時間があるなら
さっさと次の行動をしましょう。


立ち止まってただグズグズしていては
何の進歩もありません。


時間はあなたが立ち直るのを待ってくれるほど
優しいものではないのです。


ぼんやりと1日を過ごしていても
時間はどんどん過ぎていってしまいます。


時間というものは残酷なものですので
どんどん行動量を増やしていきましょう。


行動から得た結果の良し悪しは関係ありません。
結果の良し悪しを気にしていても
なかなか行動には移せません。


どんどん行動に移していくことそのものが
大事なことです。


結果の中身を気にしすぎては
なかなか行動には移せません。


ああ、今度のデート失敗したら
どうしようと思っていては、
本当に今度のデートは失敗に終わってしまいます。


結果は自分が行動した証ですので
中身を恐れてはいけません。


むしろ、何も結果を得ようとしないことが
恐ろしいことなのです。


結果がなければ次の婚活に向けての
改善の余地がありません。


改善の余地を見つけようとしなければ
何の進歩もありません。
現状維持のまま時間だけが過ぎていってしまいます。


結果の良し悪しにこだわらずに
どんどん行動して行きましょう。

自分を信じて婚活をする


自分は必ず結婚できる人間である
という前提条件がなければ、


たとえどんなに行動量を増やしていっても
結婚までたどり着くことができません。


結婚できるという前提がなければ
結婚しようと思うようになりません。


自分ができると思うことは婚活に限らず
あらゆる分野でできるようになります。


なぜなら、結婚できるようにするためには
どうしたらいいのか無意識で考えるように
なるからです。


たとえ眠っている間であっても
勝手にどうすればいいか考えています。


自分は必ず結婚できるという
ゴールを設定することでたとえ婚活で失敗をしても、


同じ失敗をしない改善するためには
どうしたらいいのかを探します。


次回に活かせる改善策を立てることで
同じ失敗を防止します。


逆に自分は結婚できないと思ってしまいますと、
できない理由ばかり探してついには
婚活そのものをやめてしまいます。


できない理由ばかり探しても
何の意味もない時間の無駄です。


自分から結婚できないと思った時点で
結婚できなくなります。


結婚できない理由ばかり探しているのは
自己否定感が高い何よりの証拠です。


ですので、どんなに婚活で辛い思いをしても
結婚できると信じ続けましょう。
自分のことを信じ続けていけば必ず結婚できます。


あなたが結婚できるかできないかを決めるのは
あなた自身であって他人ではありません。


他人がどう言っても自分で結婚できると
思い続けていけば必ず結婚できます。


そもそもお前なんか結婚できないと言っている方も
自己否定感が高い方ですので相手にしている時間がもったいないのです。


たとえ既婚者がこちらのことを馬鹿にしても
その既婚者は離婚もしくは仮面夫婦で結婚生活が
終わってしまうかもしてません。


こちらに対して言った言葉は何らかの形で
自分に返ってきますので
相手にしないで自分のことに集中しましょう。


たとえどんなことが婚活で起こっても
自分を信じて婚活をしていきましょう。

まとめ


婚活がうまくいっていない方のほとんどが
行動量が足りていません。


そのくせ、誰かに自分を選んで欲しいという
受け身の姿勢で待っています。


受け身の姿勢でいる方は
誰かに何とかして欲しいという他力本願ですので
婚活がうまくいかないのは当然のことです。


こちらの顔と名前とプロフィールを
相手の方に知らせなくては


相手の方に判断して選んでもらえる
はずがありません。


こんな基本的なことができなければ
婚活がうまくいかないと嘆いているのは
おかしいのです。


婚活をしていますと楽しいことも
嫌なことも経験していきます。


嫌なことがある度に傷ついて休んでいても
時間は待ってくれません。


傷ついたまま活動していかなくては
婚活は終わりません。


また、婚活から出てくる結果の中身ばかり
気にしていても婚活は終わりません。


結果の良し悪し関係なく次から次へと
行動に移すことです。


行動量を増やしていかなくては
何も成長することもありません。


最も大事なことは自分は必ず結婚できると
本気で信じ続けることです。


本気で信じ続けて婚活をしていくことで
必ず結婚できます。


たとえ他人ができないと言っても
こちらには関係ありません。


結婚できるという前提があるからこそ、
結婚するためにはどうすればいいのかを
本気で考えます。


同時に本気で婚活のこと、
お見合いやデートのことで悩み始めます。


本気で結婚できると信じている限り
必ず結婚できます。


本気で結婚したいと思って
婚活に取り組んでいきましょう。


たとえ婚活でどんなに辛いことがあっても
本気で婚活に取り組めば本当に結婚できます。


そして、本気で幸せな結婚生活を手に入れたいと
思って婚活をしていきましょう。


そうすれば本当に幸せな結婚生活を
手に入れることができます。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。