婚活で書いておきたい自己PRとは?


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は婚活で書いておきたい自己PRとは?
というテーマでお話しします。

絶対に空欄にはしないこと


プロフィールシートにどんな自己PRを書けばいいのか
分からない方もいるかと思います。


自己PRはどんなプロフィールシートにも
必ず書く欄があります。


自己PRが空欄のままでは相手の方も
聞きたいと思えることがなくなってしまいます。


ですので、プロフィールシートは絶対に
空欄の部分を作ってはいけないのです。


空欄の部分が多ければ多いほど
不利な立ち位置になっていきます。


空欄が出てしまうということはその部分に対して
答えたくないということになります。


もし趣味の欄を空欄にしてしまっては
趣味がない方だと思われてしまいます。


趣味がないということは仕事が忙しすぎて
いつも疲れているという印象を与えることになります。


疲れているため休日はいつもぐっすり
寝てばかりいると見なされてしまっては損です。


さすがに年齢や現住所、出身地などを
空欄にする方はいないと思いますが、


相手の方にアピールする自己PRを空欄にして
しまっては話す時間も短くなってしまいます。


相手の方と話す時間を長くするためにも
何かしら自己PRを書いておきましょう。


最初のうちはなかなかいい反応がないかもしれません。
しかし、いい反応がなければ自己PRを変えていき
いい反応が出るまで探していけばいいのです。


いい反応を相手の方からもらえれば
その自己PRで今後も書き続けていきましょう。

結婚を連想させるもの


自己PRの内容はできれば結婚を
連想させるものがいいでしょう。


例えば、料理をするのが好きだとか、
どこか旅行に行くのが好きだとか、


今後一緒になったらどんな風に過ごしていくのか
想像しやすければまた会える可能性が上がります。


一方、自己PRが家で動画ばかり見ていますとか、
とりあえず適当に家事をやってあとは


ゴロゴロしていますという内容では
次の出会いにつながることはありません。


実際に私が婚活パーティーで隣の席に座っていた
男性の方が書いていたので紹介しました。


家にこもっているような趣味や自己PRでは
年収がたとえ1000万円であっても、
結婚相手として選ばれることはありません。


家でゴロゴロしている方は結婚したら
家事に協力的ではないと思われるからです。


出来れば休日のどこかで外出して何かをするような
趣味や自己PRの方が会話もしやすいかと思います。


仮交際になれば必ずどこかに2人で出かける
ことになりますのであまりにも外出しない趣味では
交際のイメージを持たれません。


いきなり、最初のデートからネットカフェで
2人っきりになることは絶対にありません。


この人といたらこんなデートになるんだなと
想像しやすい自己PRにしていきましょう。


旅行に行く際はデートプランを考えるのが好きなので
一緒にデートすることになったらこんなデートを


したいといった自己PRでしたらまた
会える可能性も上がっていきます。

会話がしやすいもの


相手の方と共通の趣味があれば
会話は盛り上がりやすいですし、


趣味以外でも相手の方と近い地域に住んでいることが
分かればそれだけでも会話は盛り上がります。


相手の方との共通のものを見つけていくには
こちらから探していかなくてはなりません。


自己PRも相手の方が分かりやすいものでなくては
相手の方には伝わりません。


相手の方が理解できない自己PRになってしまいますと
相手の方から何も言葉が返ってこなくなるので
沈黙になってしまいます。


特に自己PRの内容があまりにもオタク要素が
強すぎてしまってはなかなか見向きもされず
気まずい雰囲気になってしまいます。


相手の方が会話しやすい自己PR、相手の方が
わかりやすい自己PRでしたら会話も
盛り上がっていきます。


そのためには自己PRの内容が独りよがりに
ならないように注意して作っていきましょう。


1度作った自己PRを読み返してみたり、
軽い婚活パーティーで自己PRを読んで反応を
確かめたりしてみましょう。


相手の方から反応がよければ
その自己PRをそのまま使っていけばいいのです。


もし、反応が悪ければ自己PRの内容を見直したり、
違う自己PRを作ったりしてもう一度試して見ましょう。


繰り返し自己PRを試していくうちに
相手の方から反応がいい自己PRが出来上がります。


どんな自己PRが最適なのか
最初の段階ではわかりませんので、
自分で色々な自己PRを作って試して見ましょう。


色々な自己PRを試していった結果、
反応がいい自己PRを残していきましょう。


婚活パーティーやお見合いで試していかない限り、
自己PRの質も上がりません。

まとめ


プロフィールシートには空欄を
作ってしまうだけで次の出会いに
つなげられなくなってしまいます。


特に自己PRの欄を空欄にしてしまうことは
相手の方にアピールすることがない
ということになってしまいます。


自己PRは最初の間は何でもいいので
何か書いておきましょう。


もちろん、結婚を想像できるような
自己PRを書くことです。


普段から休日を何もすることなくゴロゴロして
過ごしているようではアピールにはなりません。


普段からゴロゴロしていることが多い方は
日常生活から改善していかなくては
また会えることはありません


デートに進めば必ず2人で
どこかに外出することになります。


外出したくないような趣味、
例えば休みは動画を見て
1日過ごしていますとか、


DVD鑑賞して過ごしていますでは
デートに対して消極的なイメージを持たれます。


DVD鑑賞自体は悪い趣味ではないですが
外出する趣味は入れておきたいところです。


家でもできる趣味ばかりでは結婚に対して
消極的なイメージをもたれます。


特にゴロゴロしているイメージが強い趣味では
結婚したら家事をやらない方だと思われます。


外に出る趣味がない方は新たに
趣味を作るという方法もありです。


新しい趣味を持つことによって
新しい自分になれて、
アピールポイントも増えていきます。


自己PRの欄は空欄にしないで
相手の方が話しやすい趣味にしたり


結婚のイメージをしやすい趣味を
書いておきましょう。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。