婚活とお金


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は婚活とお金というテーマでお話します。

婚活とお金は切り離せない


婚活とお金は切っても切れない関係です。
例えば婚活イベントに参加するには年収500万円以上と記載されている婚活イベントもあります。
年収500万円未満では当然参加することはできません。


また、結婚してからもお金の問題は付いてきます。
例えば、新居に関することや結婚式にいくらお金を使うかなどです。
お互いのお金に対する価値観が違うと結婚までに至りません。


また、婚活の準備だけでもお金はかかります。
例えば、結婚相談所に登録するために必要な独身証明書や住民票、
卒業証明書の請求にもお金がかかります。


もちろん、結婚相談所の登録費用や月会費もお金がかかります。
婚活で長く活動すればするほどお金がかかります。

婚活ツールに闇雲にお金を使ってはいけない


マッチングアプリなどの婚活ツールに闇雲にお金を使ってはいけません。
マッチングアプリなどの婚活ツールに課金して申し込み可能人数を増やせば確かに出会えますが、
結婚するまでに所持金を使い果たしては意味がないからです。


婚活ツールにお金を使わなければ確かに出会えませんが、
出会える保証やペナルティがない婚活ツールにお金を使っても意味がありません。


お見合いに繋がる婚活パーティーにはお金をしっかり使っても良いですが、
申し込み人数を増やすことや上位掲載のためなどにはお金を使っても意味がありません。
信用0からスタートすることに変わりないからです。


お見合いに繋がる婚活パーティーなら一度会っているため信用が多少あります。
信用が多少ある状態からお見合いを始めて行きますとお見合いでの会話も盛り上がります。

お金は使う場面ではしっかり使い、使っては駄目な場面では使わない


お金を必ず使う場面はお見合いのお茶代やデート費用など婚活の場です。
男性はお見合いのお茶代をケチって女性に割り勘を求めてはいけません。


お見合いから交際したくない相手なら割り勘してもかまいませんが、
露骨に会いたくないというアピールになりどこかでばったり出会うと罪悪感を持ってしまいます。


また、お見合いやデートのための洋服や靴などの身だしなみにはお金をしっかり使っていくのです。
身だしなみにお金を使わなければ今後の交際に進むことはあまりありません。

お金を使う場面と使ってはいけない場面をしっかり見極めて婚活していきましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

前の記事

婚活では心を豊かに

次の記事

婚活に集中