お見合いにおいても自慢話は好かれない


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回はお見合いにおいても自慢話は好かれないというテーマでお話しします。

自慢話をすると相手の話を聞かないイメージを持たれる


お見合いで自慢話をする方と出会ったことはありますか?
自慢話をする方は相手がどう思っているのか全く考えておらず、
自分を認めて欲しいということしか考えていません。


つまり、自分の話だけをして相手に話をさせないようにしているのです。
なぜなら、相手に話をさせてしまうと自分が認められていない気分になるからです。


自慢話を否定されてしまいますと、自慢話をする人は怖がってしまいます。
そのため自慢話を聞いている方はただただうんざりする自慢話を聞くしかないのです。


また、相手が何か話す度に自分の意見を言う方も同様です。
相手が何か話をしたらすぐに自分の意見をいう方も嫌われてしまいます。
すぐに自分の意見を言う方も自慢話をする人と同様の心理です。

こちらの自慢話は初対面の方に好かれない


お見合いで初対面の場合、相手の方に好かれようとして自慢話をしても効果はありません。
なぜなら、自慢話をされても相手の方はどう反応していいのか困ってしまうからです。


お見合いでたくさんこちらの自慢話を聞かされて苦痛を感じてしまい、
その結果として相手の方からお断りの返事をいただくことも少なくありません。


初対面ですので、相手の方も自分のことを話したいと思っています。
そのため、一方的にこちらが自慢話をしても困ってしまうだけです。
その結果、相手の方が話したいと思うことが話せないままお見合いが終わってしまいます。


こちたが自慢話ばかりしてしまい相手の方からは
[この人はこちらの話をきかないんだな。]と思われてしまいます。
つまり、思いやりがない方だと見なされるということです。

自己PRはほどほどに


自分は凄い奴だと思って欲しいと思うあまりに自己PRのつもりで自分の自慢話をしても、
相手の方からの印象は悪いということが理解できたでしょうか?
自慢話の内容が相手の方にとって興味がない内容ならなお印象を悪くします。


相手の方が話をする度に自分の意見をすぐに言う方も同様です。
こちらの意見や考えを言って欲しいのではありません。
あくまでも共感できるかどうかを知りたいというわけです。


こちらが相手の方の問題を解決して欲しいということを望んでいません。
相手の方の問題は最終的には相手の方が決めることです。
相手の考えや主張は尊重していきましょう。


こちらの意見を言うときは相手の方から「どう思いますか?」と
聞かれない限りは言う必要はありません。


相手の方の気持ちを大事にしていきつつこちらの気持ちを大事にすることが、
幸せな結婚生活へと繋がる第一歩です。
相手の方への思いやりを忘れずに婚活していきましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。