婚活においてプロフィール作りは怠るとアウト

こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は婚活においてプロフィール作りは怠るとアウト
というテーマでお話しします。

プロフィール作りができなければ次の段階に進めない


プロフィールシートはお見合いやマッチングアプリ、
婚活パーティーなど全ての婚活の場で
必要になってくる重要なアイテムです。


プロフィールシートに未記入の項目があれば
未記入の項目の数だけで会話の数も減っていき
沈黙の時間も増えていきます。


ですので、プロフィールシートの項目は
どこかひとつでも空欄を出すことなく
全て記入しなくてはなりません。


プロフィールシートに空欄があると
なぜその部分が空欄になっているのか
相手の方に疑問に思われてしまいます。


プロフィールシートに空欄があれば
当然空欄になっている部分の話は出来ませんので、
相手の方も会話に困ってしまいます。


相手の方を困らせてしまったら
当然悪い印象を与えてしまいますので
その日の会話はぎこちないものになるでしょう。


会話がぎこちなければ
後味も悪いのはとうぜんですので、
2度と会えることはないでしょう。


たとえ何を書いたらいいのか分からなくても
とりあえず何か書いておきましょう。


何も書かずに空欄にするよりは
ダメージも少なく済みますし、


会話のネタも増えていくことで
会話の時間も増えていきます。


反応が悪かったら内容を変えればいいだけですし、
反応が良ければ同じ内容でいきましょう。


また、婚活パーティーのイベント開始時刻には
余裕を持ってイベント会場に行きましょう。


時間に余裕があればプロフィールシートの項目を
全て記入することができます。


逆に時間ギリギリの到着では当然、
空欄が出てしまいますので、


気持ちに余裕がないまま
婚活パーティーが始まってしまいます。


気持ちに余裕が無いままでは、
会話にも余裕の無さが出てしまうため、
散々な結果になってしまいます。

プロフィールシートは何度でも書き直してよい


プロフィールシートは婚活を始めたときから
ずっと同じ内容のままでいる必要はありません。


プロフィールシートの内容は自分が
アピールしたいことが新たに見つかれば、
新しい内容に書き換えてもいいのです。


実際にアピールしてみなければ
相手の方の反応はわかりませんので
最初はとりあえず何か書いてみましょう。


もちろん、プロフィールシートはただ単に
事実をそのまま書いていてはアピールにはなりません。


あくまでも、またお相手の方にまたお目にかかるために
こちらの良さをアピールした内容でなくてはいけません。


ですので、相手の方に好かれやすい
プロフィールシートを作成していくのです。


相手の方が気に入った内容があれば、
もっと内容を膨らませたりしてみるのもいいでしょう。


逆に相手の方に気に入られなければ、
気に入られなかった内容を削除して、
新しい内容で試して見ることです。


できるだけ多くの方に気に入ってもらえる
プロフィールシートを作っていくには
場数をこなしていくことです。


自分から場数をこなしていかない限り
質のいいプロフィールシートは
いつまでたっても出来上がりません。


ですので、失敗を恐れずに自分から
婚活の場に参加して出会いに行きましょう。


婚活の場で実際に自分のアピールポイントを
アピールしていかなければ何の成長もないままです。


また、新たにアピールしていくために
これまでの人生を振り返ってみるのもいいでしょう。


新しい発見が出来れば
そこからまたアピールポイントが見つかっていきます。


そして、そのアピールポイントを実際に使っていくことです。

プロフィールシートを書き直すことでよいプロフィールができあがる


プロフィールシートは婚活の場にたくさん参加して
反応が悪い内容を何度も書き直すことによって
プロフィールシートの質が上がっていきます。


婚活の場で様々な異性の方にプロフィールシートを
見ながら会話をすることになるため、


相手の方からの反応が悪かったら
自然と手直しするようになっていきます。


プロフィールシートにどんな書き方をしたら
話題が盛り上がるのか、
どう書いたら誤解されないのか、


たくさん婚活の場で様々な異性に出会うことによって
これらがわかっていきます。


つまり、積極的に様々な方に出会っていかなくては
自分自身もプロフィールシートも
中身が進化していきません。


質のいいプロフィールシートを作っていくには
どんどん自分から行動していき
経験を積んでいきましょう。


逆に自分から何の行動もせず、
何の経験もしなければプロフィールシートの
質は何の変化もありません。


自分がこの趣味や自己PRならいけると思っても
大丈夫なときもあれば反応が悪いときもあります。


相手の方によって反応がいい趣味や自己PRもあれば
反応が悪い趣味や自己PRもあります。


絶対に反応が悪いのはマニアックすぎる内容のもの、
わかりにくい抽象的なものや
ネガティブなイメージを持たれる内容のものです。


明らかに相手の方から悪い印象を持たれない趣味や
自己PRであれば書いていきましょう。


早く結婚するためには自分から
積極的に婚活パーティーなどの婚活の場に
どんどん参加していきましょう。


自分から行動していかない限り何も変わりません。


リスクを恐れず現状維持のままでは
いつまでたっても結婚できません。


もし、なかなかお見合いにつながっていないなと思っていれば
1度プロフィールシートを見直してみるといいでしょう。

まとめ


婚活においていいプロフィール作りができなければ、
婚活で成功することは出来ません。


いくら素晴らしい話し方のスキルがあっても、
身だしなみがよくてもプロフィール作りが駄目なら
婚活はうまくいきません。


プロフィールの内容が悪ければ
見た目や話し方が良くても
相手にされることはありません。


いいプロフィールを作るには最低でも
空欄なく全ての項目を記入することです。


プロフィールシートに空欄があるだけで
沈黙の時間が増えてしまい、
会話の時間が減ってしまいます。


そうなってしまってはまた会いたいとは
誰も思ってくれません。


誤解の無いように説明しますが、
プロフィールの内容は単に
事実をありのままに書くのではなく、

また会ってもらうために
書くことを意識するのです。


単なる事実だけを書いていても
誰もまた会いたいとは思いませんし、
何をアピールしたいのか伝わりません。


ですので、相手の方に好かれることを
意識したプロフィールを作成しなければまた会えません。


ただいきなり相手の方に好かれる
プロフィールの内容を作成するのは困難です。


ですので、実際にプロフィールシートを作成して
どの内容が好かれやすいのか実験していくことです。


もちろん、マニアックすぎる趣味や
ネガティブな印象を与える内容は書いてはいけません。


プロフィールシートに書く内容はポジティブな内容で
わかりやすい趣味を書くことです。


わかりやすい趣味であれば相手の方も話をしやすく
明るい内容なら好印象になります。


そして、明るく元気に挨拶することは
忘れないでおきましょう。


元気よく挨拶できないだけで、
今後の出会いにつながらないことも
少なくありません。


相手の方と出会った際には
「こんにちは。」と
元気よく挨拶をしていきましょう。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。