婚活に対するイメージを変える


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は婚活に対するイメージを変えるというテーマでお話しします。

婚活は惨めだと思うとうまくいかない


婚活をしている自分自身に対して惨めだと思ってしまいますと婚活はうまくいきません。
なぜなら、婚活そのものに対するイメージがネガティブだからです。


婚活に対してネガティブなイメージを持ってしまうことによって、
自分から婚活がうまくいかないようにしています。
婚活に限らずネガティブなイメージを持つとうまくいかなくなります。


人間の想像力はとても強いため自分の想像したことが実現してしまいます。
プラスのイメージを持つとプラスの出来事が起こります。
逆にマイナスのイメージを持つとマイナスのできごとが起こってしまいます。


そう考えますと婚活に対してプラスのイメージを持った方が、
婚活がうまくいくように思えます。
全ては自分自身のイメージによって作られていきます。


もし、婚活がなかなかうまくいかないと思ったら、
自身の婚活に対するイメージがどうなのかを確認してみましょう。
マイナスのイメージを持っていればプラスのイメージに変えていきましょう。

様々な異性と出会うことを楽しむ


異性の方も様々なタイプの異性がいます。
良識がある方もいれば非常識な方もいたり、
価値観が合う方もいれば価値観が合わない方もいます。


異性の方もたくさんいるため日常生活では出会えないタイプの方もいます。
日常生活では出会えないタイプの方と出会うことを楽しむことによって、
婚活に対するイメージはプラスのものへと変わっていきます。


色々な異性の方と出会っていくには自分から行動していくしかありません。
こちらから行動していかなくては相手の方に顔と名前を知られることはありません。
何の行動も起こさないで結婚できるなら独身の方々はもっと少ないでしょう。


行動していくと楽しいこともあれば悲しいこともあります。
そのような経験をしているということが行動している証拠です。
何の行動もしなければ何の進歩もありません。


自分自身を成長させるためにもたくさんの異性の方と、
こちらから積極的に出会っていきましょう。
たくさんの異性の方と出会っていくうちに素敵な方と出会っていきます。


出会った異性の数だけ様々な経験をしていくため、
経験した分だけこちらも成長していきます。

離婚しないための婚活をする


婚活をしていって真剣交際に進む際に慎重になってしまいますのは、
離婚したくないから真剣交際にふさわしいかどうか判断するためです。
離婚することを前提とした婚活をする方はまずいません。


だからこそ、真剣交際まで進むこと自体が難しいのです。
真剣交際で破綻するのは誰でも嫌なものです。
嫌だからこそこちらも真剣交際まで進む前にしっかりと話をしていきましょう。


交際の時点で真剣交際への話し合いができていなければ、
真剣交際に進めることができません。
話し合いができないということは真剣交際を考えていないということだからです。


最初の段階で真剣交際はまだ考えていませんが、
3回以上デートしても真剣交際を考えていないということは、
真剣交際を望んでいないということになります。


婚活は惨めなものではありません。
むしろ離婚しないためにしっかりと相手の方と
向き合っていくために必要なことになります。


恋愛結婚の方がお見合い結婚よりも離婚率も高いので、
しっかりと相手の方と向き合っていく婚活の方が離婚率は少なめです。
しっかりと相手の方と話し合いをして幸せな結婚生活を手に入れましょう。


むやみに焦ることなく様々な異性と出会っていき、
しっかりと自分にふさわしい方を選んでいきましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。