婚活を始めた理由を大事にする


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は婚活を始めた理由を大事にするというテーマでお話しします。

動機がしっかりあれば続けられる


なぜ今婚活をしているのでしょうか?
もしくはなぜ婚活を始めようと思っているのですか?
婚活を始めるまたは始めた理由を聞かれたらすぐに答えられますか?


すぐに答えを言うことができれば、
本当に結婚したいと心から思っている証拠です。


すぐに答えを言うことができなければ、
本心は結婚したくない、あるいは自分に自信がない証拠です。


本心は結婚したくないと思っている方は今すぐ婚活をやめて、
今からでも生涯独身で過ごしていった方がお金の無駄遣いをしなくてすみます。


自分に自信がない方は過去に何か婚活で失敗したのか、
あるいは婚活以外での失敗を経験して婚活に対して恐れを抱いています。
しかし、婚活はうまくいかないことがほとんどです。


最初からスムーズに婚活を終わらせた方でも、
その後結婚してうまくいっているかどうかはわかりません。
もしくは破綻しているのかもしれません。


どちらにしても別の悩みがあります。
婚活がうまくいこうがうまくいっていないようが、
自分に自信がなければ遅かれ早かれ悪い方向に向かいます。

他人に言われて婚活を始めたら続かない


もし、両親や会社の人間に「まだ結婚しないの?」と
言われるのが嫌だからという理由が第1位なら婚活は長続きしません。


自分が結婚することを望んでいるならまだ続きます。
しかし、他人に言われて嫌々婚活をしていれば、
婚活でいい結果を出すことができません。


婚活に限ったことではないですが、
他人から言われて嫌々やっていることは全て長続きしません。
嫌々やるくらいなら強く「やりたくない。」と言い返せばいいのです。


他人はこちらの人生に関係ありません。
こちらの人生に口出しする方は相手にしないことです。
あまりにもしつこいようでしたらハラスメントになってしまいます。


会社の人間にしつこく「結婚しないの?」言われたら
その行為はハラスメントだと訴えればいいのです。


ハラスメントで訴えられたらしつこく言う方も
さすがに「結婚しないの?」と言わなくなります。


話が大きく脱線してしまいましたが、
婚活は他人の意志ではなく自分の意志で始めることです。
自分の意志で婚活をすればどんなに苦しい事があっても長続きします。

苦しい状況になったら婚活を始めた理由を思い出す


婚活で苦しい状況になることはよくあることです。
お見合いで説教されたり、失礼な態度を取られたり、
こちらのプロフィールの内容を全く覚えてこなかったなど様々です。


今上げた失礼な内容は実際に私が経験したことです。
こんな嫌なことも婚活では経験してしまいます。
もし相手が失礼な態度を取ってきたら即お断りの返事をすればいいのです。


何も悩む必要はありません。
非常識な態度を取る方と交際してもちっとも楽しくありません。
交際が楽しくなければ結婚後も楽しくありません。


相手が常識的な方でも辛いなと思うことはあります。
いい人なんだが残念ながら価値観が合わない、
好みが違うということも婚活ではよくあることです。


こちらの価値観と100%合う方は絶対にいませんが、
こちらの価値観とある程度合わせることができても、
どうしても合わせることができない価値観があります。


例えば、こちらが犬が嫌いで将来飼いたくないと言っても、
相手の方がどうしても犬を将来飼いたいと言ってしまえば、
結婚しても不幸になるのが明白です。


どんなに相手の方が常識的な方であっても、
犬を飼う飼わないで交際終了になることもあります。


様々な苦しい状況の例を取り上げてきましたが、
苦しい状況になったとき、自分はどうして婚活をしているのか思い出してみましょう。
本気で結婚したいと思っていれば必ず結婚できます。


婚活を始めた理由を自分の言葉でしっかりと言うことができれば、
必ずどこかで結婚することができます。
強い結婚願望を持って婚活していきましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

前の記事

相手との年齢差

次の記事

婚活での会話の練習