婚活仲間はいらない


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は婚活仲間はいらないというテーマでお話しします。

婚活仲間はライバル


婚活仲間を持つことによって自分悩みを共有してもらえたり、
仲間意識を持つことによって孤独感を感じなくていいというメリットがあるでしょう。
しかし、婚活仲間は結論から言ってしまえば不要なのです。


TwitterなどのSNSで婚活仲間を作ろうとしている方もいますが、
本気で婚活している方は婚活の愚痴をSNSでつぶやいている時間はありません。
本気で婚活している方は次から次へと新しい出会いをしています。


婚活の愚痴なら別に既婚者や結婚願望がない方でも十分です。
わざわざ婚活仲間を作ってその仲間に愚痴を言わなくてもいいのです。
婚活での愚痴をどうしても聞いて欲しいなら誰かにお金を払って聞いてもらえばいいのです。


もしかしたらその愚痴から相手の方のうまくいっていない部分が見えてしまい、
その結果、相手の方に先を越されてしまうこともあります。
つまり、ライバルを知らない間に勝たせてしまっているということです。


婚活仲間はあくまでもライバルなのです。
婚活仲間同士で集まっても答えは何も見つかりません。
ただ、お互いに傷の舐めあいをしているだけです。

婚活仲間に先を越されたら祝福できない


もし自分の婚活仲間が先に結婚したらどう思いますか?
見た目は祝福できても心の中は嫉妬しているでしょう。
しかも、その相手が自分がかつて交際していた方でしたらより嫉妬するでしょう。


自分の友人や親戚が自分より先に結婚したら、
「先を越された。悔しい。」と思うでしょう。
絶対に婚活をしている側からすれば負け犬になった気分になってしまいます。


私だって自分より先に結婚されたら悔しいと感じます。
しかも、自分よりも先に結婚したのが仲のいい友人や元恋人でしたら、
なおさら悔しいと思ってしまいます。


こちらよりも先に婚活仲間が婚活を卒業して結婚しても、
こちらはまだ独身のままで独身の婚活仲間と傷の舐めあいをしている状況です。
こんな状況は惨めな状況だと思いませんか?


自分から婚活仲間を作りに行くということは、
自分の惨めさを他人にさらしているだけです。
惨めな人間同士が集まっても何も楽しいことはありません。

婚活相談をしたければ料金を支払うこと


婚活仲間を作ることは自分の婚活での辛さを共有してくれる仲間ができるというメリットから、
自分は1人ではないという孤独感を感じなくていいと思われますが、
実際は傷の舐めあいや婚活仲間に先を越させるようにしているだけです。


婚活仲間からすれば婚活に関する情報を無料で提供してくれる場によって、
自分の婚活に役立つ情報を無料でしかも婚活仲間に適した結婚させるアドバイスをくれるなら、
婚活仲間からすればこんなに嬉しいことはありません。


私は婚活に役立つ情報はブログで無料提供していますが、
お客様に合った婚活のアドバイスは有料で提供しています。
なぜなら、婚活がうまくいかない原因はお客様によって異なるからです。


なぜ結婚相談所や婚活塾などの婚活ビジネスが存在すると思いますか?
婚活ビジネスが存在する理由はお客様を結婚させるために、
有料で会員登録をさせて結婚させているからです。


もし結婚相談所が無料で異性の方を紹介して結婚できたとしても、
結婚相談所側には何のメリットもありません。
結婚に向けてのサポートを無料で行えばサポートの質は落ちてしまいます。


サポートの質を上げるには有料にしなくてはなりません。
ボランティア精神で真剣に婚活サポートをやってくれる方はいません。


私なら婚活サポートを有料でしています。
それはお客様が本気で結婚したいという気持ちに応えたいからです。
本気で結婚したいという方と体験セッションの申し込みを心よりお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。