婚活前に1人暮らしをして実家に依存しない


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は婚活前に1人暮らしをして実家に依存しない
というテーマでお話しします。

実家暮らしはやたらと干渉される

実家暮らしをしていると何かと
「いつ結婚するの?」「いい人いないの?」など、


両親から余計なお世話だと思うことを
言われたことはありませんか?


結婚のことに関してでなくても
実家暮らしをしていると両親から色々と
干渉されてしまいます。


貯金のことや家に帰ってくる時間のことなど
両親から色々口出しされてしまい
ますますイライラしてしまいます。


実家暮らしのメリットは家賃や水道光熱費などの
固定費用はかかりませんのでお金を自由に使えます。


しかし、実家暮らしのデメリットは
両親から色々口出しされてしまうことです。


一緒に暮らしているせいもあって
こちらのことが目に付きやすくなっています。
そのため両親からの口出しも多くなってしまいます。


両親から色々言われてしまいますと
ストレスが溜まりますよね。


何かある度にあれこれ両親から
口出しされてしまっては腹が立ってしまいます。


ストレスを溜めないためにも
早めに1人暮らしをすることです。


そして1人の時間を確保して
自分で考える時間を作ることです。


いつまでも実家暮らしをしていては
1人の時間を確保するのが難しい状況です。


婚活においても両親に依存しているという
悪い印象しかありませんので、


早い時期に実家を出て1人暮らしを
することをおすすめします。

実家暮らしでは好きなことができない

実家暮らしでは両親との共同生活のため
自分勝手に色々なことができません。


遅い時間に帰宅すれば何で帰宅時間が遅いのかと
両親に色々文句を言われてしまいます。


いい歳した社会人に対して
色々口出しすること自体おかしいことです。


また趣味の時間にたくさんの
時間を費やしてしまいますと、


これもまたあれこれ両親から
口出しされてしまいます。


将来の貯金はどうするのとかなんで
一緒に食事をしないのかと言われてしまいます。


何かある度に両親から色々口出しされてしまいますと
ストレスも溜まってしまいます。


自分の時間を確保するには
1人暮らしをするのがベストです。


1人暮らしができれば自然と自分から
困難な状況になっても考えるようになります。


もちろん、金銭面で困っても
実家の両親に頼ることなく
自分で何とかしなくてはなりません。


給料日前にお金がないからといって
両親から資金援助をもらっているようでは
気持ちの面では自立できていません。


両親から資金援助を受けてしまいますと
両親からの資金援助にずっと依存してしまいます。


また、資金以外も食事や掃除の面で
自分でやるのが面倒だと思っている間は
自立できていません。


食事や掃除の面も自分で出来るようにならなければ
精神面での自立、すなわち気持ちの面での自立
から遠ざかってしまいます。


本当の意味で自立していくには
物理的な距離だけでなく心の距離も
離れていかなくてはなりません。


心の面でも自立していくためにも
たとえ結果が両親がやるよりも悪くても
自分で乗り越えていくことです。


自分で困難を乗り越えていければ
自信を持つことにもつながっていきます。

実家からの独立を目指す

実家からの独立を目指すためにも
まずは自分ができることから挑戦していきます。


例えば、自炊に困らないように
月に1回は料理教室に通って料理する習慣を作る。


自分の部屋の掃除だけは
両親ではなく自分でするなどです。


また、1人暮らしするために
無駄な間食や飲酒、喫煙をやめて
貯金をしておきましょう。


貯金をして1人暮らし用の
アパートを借りるための
初期費用を支払います。


もちろん、実家の両親からの援助を受けずに
自分のお金だけで支払います。


実家暮らしをしているときから
無駄遣いを防ぐためにも、
家計簿を付けてみるのもよいでしょう。


家計簿を付けることによって
自分の消費傾向を知ることができます。


家計簿は毎日付けなくて構いませんので、
空いた時間に家計簿を付けましょう。
もちろん、レシートは捨てないことです。


こうした努力は婚活においても
自分の力で困難を乗り越えることができる
頼もしい方だという好印象を受け、


自信の形成だけでなく気持ちの面での
自立へと繋がっていきます。


気持ちの面でも自立ができれば
晴れて1人前の社会人とみなされます。


男性の場合、気持ちの面でも自立できず、
実家に依存していればマザコンと思われます。
マザコンと思われてしまっては最悪です。


是非とも早い段階で実家暮らしをやめて
1人暮らしをしましょう。


そして自分から様々なことに挑戦して
自信をつけていきましょう。


1人暮らしの経験は結婚後にも活かせます。
パートナーが料理できなくなっても
独身時代に自炊をしていれば代わりに料理ができます。


1人暮らしの経験がパートナーを助けていき、
協力し合える家庭を作ることができます。

まとめ


婚活前に実家を出て1人暮らしをしていなければ
婚活でも不利になるだけでなく
社会人として自立できなくなります。


社会人として自立するためにも
早い段階で1人暮らしをして
自分で出来ることを増やしていきましょう。


実家暮らしでは何かと両親から口出しされることも
多くイライラしてしまいます。


確かに実家暮らしなら家賃や水道光熱費などの固定費を
毎月支払う必要はありません。


しかし、お金の使い方が荒くなり
浪費ばかりして貯金できない状況になります。


1人暮らしの初期費用として
全額自己負担で出すために貯金をするのです。


貯金をするためにも家計簿をつける習慣を
身につけましょう。


家計簿をつけることでどこに浪費があるのかわかります。
そして、浪費を減らして1人暮らし用の貯金にします。


1人暮らしを始めたらトラブルが発生しても
自力で解決していくことです。


給料日前にお金がないからといって
両親からお金をもらったり掃除や洗濯を


両親にやってもらっているようでは
精神面で自立できていません。


もちろん、食費をケチって実家に帰って
食事をするのも駄目です。


自分で出来ることを増やしていけば
自信にもつながっていきます。


早い段階で1人暮らしをして
自分で出来ることを増やして自信をつけていきましょう。


そうすれば婚活でも頼もしい方と
思われるようになります。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

夢を叶えるために必要な心構えの登録はこちら