婚活時の年収について


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は婚活時の年収について
というテーマでお話します。

高年収の方が参加できる婚活パーティーが増える。


高年収の方、特に男性が高年収でないと
不利な場面がたくさんあります。


例えば婚活パーティーでの参加条件が
[男性は年収600万円以上]の


婚活パーティーには年収600万円未満では
当然参加できません。


また、結婚相談所の中には男性の申し込み条件に
[年収600万円以上]と記載してある
結婚相談所もあります。


こちらの結婚相談所も男性は[年収600万円以上]を
満たしていなければ申し込みできません。


[ハイステータスの男性がいますよ]
と宣伝している結婚相談所も少なくありません。


ハイステータスの男性は女性に人気があり、
女性の間でも競争が激しい現実です。


もちろん、家事手伝いや学生、パートの女性は
すぐに敗北者になることは言うまでもありません。


これらの女性はハイステータスの男性から
即座に除外されます。


男性と同じように女性もハイステータスでなくては
ハイステータスの男性に選ばれることはありません。


従って、低年収の男性は婚活において
不利な場面がたくさんあるということになります。

年収300万円以下は若いときでないと苦しい


年収300万円以下であっても、
20代から30代前半であれば
若さでカバーすることができます。


若さがあれば転職も有利で年収UPは可能です。


しかし、30代後半からの男性で
年収300万円以下では絶望的です。


生活力の無さが出てしまい、
だらしない印象をもたれやすくなります。


また、転職求人も30代後半以降では激減します。
未経験者OKの求人はなく全て経験者歓迎の求人です。
キャリアがなければ転職できないのが現状です。


30代以降で年収を上げていくには、
極めて困難なのが現状なのです。

年収を一気に上げるには副業から独立へ


30代後半以降で年収を上げる方法は
副業あるいは独立しかありません。


副業でも脱サラを前提とした
副業でなくては意味がありません。


副業しながら会社に在籍しても
年収は大きく上がりません。


なぜなら、会社に在籍している以上労働者であり、
1日の大半の時間を会社で過ごしているからです。


従って、脱サラを前提としない副業では
労働者のままなのです。


労働者のままでは時間も
自分の好きなようには使えません。
また、デートできる相手も限られてしまいます。


毎月会社から給料をもらっている限り
時間も不自由なままです。


もちろん、独立して生きていくことは
簡単なことではありません。


絶対に独立して生きていくんだという覚悟も
必要になってきます。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

夢を叶えるために必要な心構えの登録はこちら

前の記事

信念を持って婚活