婚活時の息抜き


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は婚活時の息抜きというテーマでお話しします。

息抜きするときは婚活に関係ない会話をする


婚活に疲れてなんだか別のことを考えたいと思うときはありませんか?
別のことを考えたいときは別のことを誰かと話をすると婚活から頭が離れます。
ただし、婚活仲間と別の話をしてしまいますと話題が婚活になってしまいます。


婚活仲間は別の話をしても必ず最後は婚活の話題になってしまいます。
婚活仲間は婚活のことばかり考えているので、
違う話題をしても必ず婚活に結びついてしまいます。


この点でも婚活仲間は婚活する際には不要です。
婚活に疲れて息抜きしたいときは婚活をしていない方と話すと息抜きできます。


婚活や結婚に関することばかり聞いてくる方は論外ですが、
婚活や結婚に関係ないことを話しやすい方でしたら、
気軽に色々話せますので気持ちも息抜きできます。


話し相手が見つからない方は美容室の店員や洋服屋の店員、
マッサージ店の店員などでも大丈夫です。
業務に支障をきたさない程度でしたら話し相手になってくれます。

好きなことに没頭する


自分の趣味や好きなことに婚活を忘れて没頭することでも婚活に対する息抜きはできます。
テレビや動画をぼんやり眺めるといった受動的な趣味は終わった後に息抜きできた気になれませんので、
自分が主体的になれる趣味の方が息抜きになります。


例えば、運動や料理、ものづくりといった自分で考えて動く趣味が当てはまります。
自分で考えて動いているため作業中は余計なことを考える必要はありません。
手を動かしているため脳が作業に対して働き出すため集中出来ます。


脳が作業に集中している間は婚活のことを考えていないため、
作業が終わった後は息抜きした気分になります。
そして、婚活のことを考えてもいいアイデアが浮かんできます。


一方、テレビや動画鑑賞では受け身になっているため脳が停止したままです。
テレビや動画が終わってしまっては脳がストレスがまだある状態になっています。
そのため、また違うテレビ番組や動画を鑑賞し始めます。


これを繰り返しているうちに時間が過ぎていきます。
そして時間を無駄に過ごしたという罪悪感を味わうことになります。
罪悪感を味わってしまってはストレスが溜まったままで息抜きできていません。

時には違うことをすることでヒントが得られる


婚活で疲れてしまった際は息抜きが必要であることを紹介してきました。
しかし、息抜きの中身次第では疲れが溜まったままになってしまいます。
テレビや動画鑑賞などの受動的な趣味では息抜きができません。


息抜きをする際は運動や料理といった主体的な趣味の方が息抜きできます。
他人との会話でも息抜きできますが、婚活仲間では息抜きできません。
会話をする際は婚活仲間ではなく婚活以外の話ができる方がいいでしょう。


うまく息抜きができれば婚活で行き詰まっている部分に、
何かしらのヒントが見つかることもあります。
ヒントが見つかればそのヒントを活かして今後の婚活プランを作成できます。


もし婚活に疲れてしまったなと感じましたら、
ボンヤリと過ごすよりも何か別のことをしましょう。
別のことをすることで頭をリフレッシュして再度婚活に挑みましょう。


頭をリフレッシュできればまた結婚に向かって走り出せます。
また婚活で疲れたら頭をリフレッシュすればいいのです。
この循環を繰り返して婚活を進めていきましょう。


何かしらのヒントが見つかればそのヒントを活かす、
そして婚活に挑んでいけばまた新しいヒントが見つかります。
繰り返していって幸せな結婚生活を手に入れましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。