完璧主義者は婚活でも疲れやすいので注意


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は完璧主義者は婚活でも疲れやすいので注意
というテーマでお話しします。

頑張り過ぎて疲れてしまう


お見合いやデートを成功させたい気持ちが強すぎて
頑張り過ぎてしまうことはありませんか?


お見合いやデートを成功させたい
気持ちはわかりますが、
婚活は相手がいなくては成立しません。


そして、こちらがどんなに頑張っても
どうにもならないことが婚活にはあります。


相手の方からもう会いたくないと言われてしまえば、
言われた時点で終了になってしまいます。


こちらがいくらまた会いたいと言っても
終了という結果を覆すのは困難です。


デートプランを頑張って作成して
気合いが入り過ぎてしまい、
デート当日になって空回りすることもあります。


相手の方を喜ばせたい気持ちを
持っていることは確かに大事なことです。


しかし、こちらが気合いを入れて
頑張って相手の方を喜ばせたいと思っているだけでは
自分本位のデートになってしまいます。


自分本位のデートでは相手の方に喜ばれませんので、
相手の方の気持ちもきちんと配慮していきましょう。


相手の方の思考や好みを聞いて
それに合ったデートプランを自分だけで考えるのは


相手の方への思いやりがあるようで
自分本位になってしまいます。


相手の方が一緒にデートプランを考えてくれなければ
結婚してもうまくいかないでしょう。


結婚生活は相手の方との共同経営です。
相手の方の協力がなくては経営が成り立ちません。


片方だけが頑張っていては
必ず経営破綻になってしまいます。

成婚まで進めないと自己評価を低くしやすい


婚活は成婚まで進めなければ全て失敗です。
成婚退会、つまり、2人とも結婚する意思を
固めた状態で退会できなければ結婚には至りません。


成婚まで進めなければ最初からやり直しです。


成婚までなかなか至らない状態が続きますと
自己評価が低くなりがちです。


成婚までたどり着かないことに苛立ちや不安を
感じるようになります。


苛立ちや不安を感じ続けていけば
やがて自己否定感へとつながっていきます。


そもそも婚活は真剣交際に進むまでが難しいのです。
途中のお見合いやデートで
終わってしまうことがほとんどです。


自己否定感が強い方は途中で終わって
最初からやり直すことを嫌がります。


最初からやり直したくないが故に
相手の方に依存してしまい、
運よく結婚まで進めたとしても
必ず我慢の限界に達してしまい離婚してしまいます。


自己評価が低いまま婚活をしていては
必ず不幸な結果になってしまいます。


お見合いやデートで終わってしまっても
自分を責めないことです。


相手の方とうまくいかない部分が
結婚前に見えてよかったと思って、
次の方へと気持ちを切り替えていなかなくては
婚活を続けていけません。


自分の力だけでは婚活はうまくいきませんので、
どうしてもなかなか前に進めないことが
多くなります。


しかし、最後に必ず結婚できればいいので
たくさん失敗しても深く悩まないことです。

自分の力で全てをコントロールしないこと


婚活は自分ではコントロールできないことが
ほとんどです。


例えばお見合いやデートでの相手の方の行動、
相手の方の考えなどです。


婚活パーティーでも様々な方がいますので、
どんな方が参加しているのかは
当日にならないとわかりません。


婚活はスポーツなどの勝負事とは異なり
同じ方に再チャレンジしても成婚まで
進めることは決してありません。


1度断られた時点で再交際をしたいと
言っている時点で相手の方から
見苦しい印象を与えてしまいます。


終わってしまった方のことは
きれいさっぱり流していかなくては
早く結婚までたどり着くことができません。


早く婚活を終わらせた方もいますが
必ずしも幸せになっているとは限りません。


なぜなら、早く婚活を終わらせた故に
お互いのことをきちんと知らないまま
結婚してしまったこともあるからです。


婚活している方にしてみれば
早く婚活を終わらせた方が羨ましいと
思ってしまいます。


しかし、きちんとお互いのことを
知らないまま結婚してしまっては
遅かれ早かれ不幸な結果が待っています。


不幸な結果にならないためにも
相手の方をしっかりと見極めることです。


婚活での結果に一喜一憂せずに
相手の方の本当の姿をきちんと見ていくことです。


そして、きちんと話し合いができるかどうかが
長続きする結婚の秘訣とも言えます。


結婚しましたら必ずお互いに話し合う
場面が出てきます。


自分の力で全てをコントロールすることは
相手の方のことを無視することです。


相手の方のことを無視しては
婚活も結婚後の生活もうまくいくはずがありません。


自分の力で全てをコントロールしないで
相手の方ときちんと話し合える関係に
なっていきましょう。

まとめ


以上3つの点は完璧主義者が
持ちやすい婚活での特徴です。


完璧を求めるが故に頑張りすぎて
疲れ果ててしまったり、


成婚まで進めないことに
自己評価を低くしてしまいます。


しかも、完璧主義者は自分の思い通りに
ならなくては気が済まないので、


相手の方のことを含めて全てを
自分でコントロールしたいという欲求もあります。


自分で全てをコントロールしようとすること自体
婚活ではうまくいきません。


婚活は相手の方なくしては成立しませんので、
相手の方を無視してしまっては
うまくいかないのは当然のことです。


相手の方ときちんと話し合いが出来なければ
結婚してもうまくいきません。


こちらが一生懸命デートプランを作っていても、
相手の方が参加してこなければ
深い仲にはなりません。


相手の方が消極的でしたら
終了にしてもいいでしょう。


婚活は自分の力ではどうにも
ならないことが多いのです。


どうにもならない理由で交際終了になっても
これでよかったと思って次に進んでいきましょう。


結婚後にどうにもならないことが見えて
離婚してしまう方がよほど辛いのですから。


完璧主義者はどうにもならないことを
自分でコントロールしないようにすることが
幸せな結婚生活を手に入れる秘訣です。


結婚生活では必ず相手の方と
話し合う機会は必ず出てきます。


100点を目指さないで相手の方と話し合って
納得のいく答えで乗り越えていきましょう。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。