実家暮らしは婚活において不利


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は実家暮らしは婚活において不利
というテーマでお話しします。

男性の実家暮らしは頼りないイメージが強い


実家暮らしは家賃や光熱費、
食費を支払うことがないので、
婚活に充てる資金はたくさんあります。


しかし、実家暮らしのデメリットは頼りないと
思われやすいことです。


1度も1人暮らしの経験がなければ
なおさら頼りないと思われます。


自分で問題を解決したことがないので
頼りない印象が強くなっていきます。


また、家計簿も付けたことがないため、
お金の使い方も荒いままです。


実家暮らしでは生活費を
自分で払っていないからです。


自炊をすることはほとんどありません。
外食もしくは両親の手料理を食べています。


ですので、いざ自分で料理をしても
酷い味のままです。

1人暮らし経験のない男性は上から目線で接する


掃除・洗濯などの家事をやったことがないと、
将来結婚した際には戸惑われてしまいます。


男性で1人暮らしの経験がなければ女
性の家事のやり方に対してあれこれ口出しします。


相手の方のやっている家事にあれこれ口出しされたら
相手の方のストレスはどんどん溜まっていきます。
イライラして夫婦喧嘩のものになってしまいます。


1人暮らしは金銭的に有利に思われやすいですが、
貯金はあっても精神的に自立していないため、
両親に依存している子どものままです。


また、1度も1人暮らしの経験がなければ
家事の大変さがわかりません。


そのため、自分が家事をするとなると
あまりにも酷いものになってしまいます。


お金の使い方もわかっていないので、
実家にいるときと同じ感覚です。
酷いマイナスの貯金額にさえなる可能性もあります。


お金のことで離婚することも少なくありません。
お金の問題で喧嘩をしないためにもお金の知識を
結婚前に身につけておきたいところです。

婚活を始める前に1人暮らしをする


つまり、1人暮らしの経験がなければあらゆる面で
マイナスの要素があります。
特に男性ならば印象はとても悪いものです。


男性の場合、婚活を始める前に
数年1人暮らしをしてください。
それから、婚活を初めて行くとよいでしょう。


そうすれば、トラブルも自分で
対処できるようになりますし、
自分にも自信が持てるようになるでしょう。


基本的にトラブルは自分で対処するものです。
両親に自宅の掃除をしてもらったり、
食事のためだけに実家に帰るのは最悪です。


どんなことがあっても自分で対処していきましょう。
不完全でもいいんです。


自分で対処するからこそ
対処方法が身につくようになります。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

次の記事

相手は変えられない