年齢にふさわしい服装をしないと婚活ではうまくいかない


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は年齢にふさわしい服装をしないと
婚活ではうまくいかない
というテーマでお話しします。

不自然な若作りは印象が悪い


若く見せようとして若い時と同じ服装や髪型をしても
相手の方には違和感しか感じません。


例えば30代の人が20代の時と
同じ服装や髪型をしても似合ってません。


若く見せようとしているのが相手の方に伝わってしまい
次の交際にはつながりません。


私が実際に経験しましたのがお見合いで
会った女性が40代にもかかわらず、


まるで20代のような服装をしていまして
どうリアクションしていいのわからずにいました。


いかにも若作りしているなぁと思いながら
お見合いをしていました。


もちろん、そのお見合いは次にまた会うことなく
その1回限りで終了になりました。


会話もどんな内容を話せばいいのか
わからず困ってしまいました。


会話の内容も失礼な発言が多かったので
また会いたいとは思えませんでした。


髪型に関しましても20代の時に評判がよかった髪型でも
30代で同じ髪型をしてもただ痛々しいだけです。


例えば、髪を30代後半以降の方が派手な金髪に染めても
相手の方からは違和感しかありませんので、
婚活で同年代の30代の方には選ばれないでしょう。


年相応の服装や髪型でなくては違和感しかありません。


年相応の服装でも着こなし方次第では
若い時よりも格好良く、
服装も似合っているという好印象になります。

老けすぎたファッションは年上感を与える


逆に老けすぎた服装では実年齢より
年上感を出してしまいます。


あまりに年上感を出してしまいますと
自信がないのかなと思われてしまいます。


白髪の多い方は白髪染めをしていないだけでも
実年齢よりも年上感を出してしまいます。


もちろん悪い意味での年上感で老けすぎた印象です。
日頃から鏡の前に立って白髪をチェックしましょう。


部屋を明るくした状態で鏡をみると
白髪の状態を確認できます。


白髪が目立ったらすぐに染めに行きましょう。
もちろん、プロの美容師に白髪染めを
お願いしましょう。


自分で市販の白髪染めを使用しますと
髪を傷める原因になります。


髪を傷めてしまいますとファッション作りにも
影響してしまいます。


お金はかかってしまいますが、
プロに依頼して白髪染めをしましょう。


自分では難しいと思うことは無理に自分でやることなく
お金を払ってプロに依頼することで


不自然な感じではないその人の良さを
発揮できるようになります。

髪型や服選びはプロにお任せ


髪型や服装もプロに任せるのが1番です。


髪型も服装もこちらから変に注文するよりも
よりよい髪型になります。
美容師の腕が1番発揮できるのがお任せです。


服装はプロのコーディネーターに任せることで
新しい視点を発見することができます。


普段着ない服装をプロのコーディネーターから
提案されますが、


文句を言わずにプロのコーディネーターの提案を
受け入れましょう。


もし実際に着てみて嫌だなと思ったら
自分の希望を出してみましょう。


そうすればプロのコーディネーターが
こちらの希望にあった服を選んでくれます。


基本的にプロのコーディネーターが選んでくれる服は
嫌だなと思うことはまずありません。


以上で髪型や服装に関してのお話を終了にします。
特に30代の方は若すぎず老けすぎない髪型や
服装で婚活しましょう。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。