日常生活から変える


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は日常生活から変えるというテーマでお話しします。

日頃の生活態度は必ず婚活に出る


お見合いやデートの時だけいい顔しても、
同じ方と何回かお会いしていくうちに段々と本性が表われてきます。
なぜなら、同じ方と会っていくうちに気が緩んでいくからです。


気が緩むというのは相手の方に対して心を許している状態です。
心を許していなければ今後の交際は難しくなってきますので、
いつも緊張していることはできません。


心を許すことができるからこそ安心して一緒にいられるのです。
こちらが心を許せば相手の方も心を許します。
逆にこちらが常に壁を作っていれば相手も壁を作ってしまいます。


気の緩みは悪いことではありませんので安心してください。
気が緩んで心を許すことで相手の方から警戒心を無くすことができます。
相手の方が心を許すことによって今まで知らなかった一面を知ることができます。


知らない一面をお互いに知ることによって仲が深まっていきます。
もし知らない一面を知ったときに合わないなと感じた場合、
その方とはうまくいくことはありませんので終了して別の方と交際しましょう。

普段からどんな結婚生活を送りたいかを考える


どんな結婚生活を将来送りたいと考えていますか?
人それぞれ違いはあると思いますが、
なんとなくでもこんな結婚生活を送りたいと思っているでしょう。


日頃の生活態度で無意識にどんな結婚生活を送りたいのかを考えています。
例えば、普段から自炊している方は結婚しても自炊します。
きちんとこまめに掃除している方は結婚後も自分からこまめに掃除します。


一方、普段から外食が多い方は結婚してからも外食が多くなります。
全く掃除しない方は結婚してからも自分から掃除することはありません。
いい部分、悪い部分にかかわらず、無意識に独身時代にやっていたことをやります。


結婚してから生活態度を直していく方もいますが、
生活態度を直せたとしても意識の部分が強くないと直せないため、
生活態度を直すのがとても難しいのです。


中には途中で生活態度を直すのをやめる方もいます。
一度出来上がった生活態度を直すのは結婚後よりも独身時代に直す方が簡単です。
結婚後に直すきっかけはほとんどが相手の方から指摘されたことが理由です。


相手の方からの指摘では嫌々やってしまうため長続きしません。

自分の心が豊がでなくては婚活は終わらない


相手の方に心を許せるようになるのも生活態度を直すのも、
共通している心理状態は自分の心が豊かである状態です。


自分の心が豊かでなくては相手の方に警戒心を持ってしまいます。
また、相手の方から日頃の生活態度を指摘されてしまいますと、
指摘されただけで敵対心を持ってしまいます。


自分の心を豊かにするには自分で意識して豊かにしようとしても、
なかなか自分の心は豊かになりません。
なぜなら、自分の心は自分が今置かれている環境に影響されるからです。


もし自分の心が豊かになれない環境にいるならば、
自分の心が豊かになれる環境に移動することです。
環境を変えなければいつまでも自分の心は豊かになれません。


例えば、嫌な人との付き合いはやめる、嫌な仕事はしない、
嫌々やっていることはやらないなど自分から環境を変えることです。
自分が嫌だなと感じることを手放していくことが大事です。


自分が嫌だなと思うことを手放すことで自分の心が豊かになれます。
自分の心が豊かになれば心が豊かな相手がやっていきます。
自分の心が豊かでなければ嫌な相手がやっていきます。


幸せな結婚生活を手に入れたいのなら自分の心を豊かにしていきましょう。
日常生活を変えるのが難しいと思うなら私がサポートしていきます。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

前の記事

変化する婚活市場

次の記事

時間の使い方を見直す