異性のターゲット絞り方

こんにちは。吉田倫紀です。
今日は異性のターゲットの絞り方についてお話します。

異性の年齢は±5くらいで

異性の年齢が±5の年齢差を勧める理由は話しが合わなくなるからです。
例えば世代によって流行した音楽や漫画、ゲームなどが異なるからです。


ファミコン世代とPS3世代では話しが盛り上がりにくい傾向になります。
また、読んでいる漫画が異なれば話題作りも難しいでしょう。


当時の流行の音楽も異なっていれば、わからないという返事が返ってきてしまいますので、
会話の盛り上がりにかけてしまいます。

インドアタイプかアウトドアタイプか

インドアタイプの方とアウトドアタイプの方では価値観が合わずに終わってしまう傾向にあります。


インドアタイプの方はゆっくりじっくり観察したい傾向にありますが、
アウトドアタイプの方は早いスピードであっちこっち移動します。


インドアタイプの方はインドアタイプの方と、
アウトドアタイプの方はアウトドアタイプの方との方がうまくいくでしょう。

歩み寄る姿勢が大事

最大の理由はジェネレーションギャップです。


昔の流行が分かる世代同士でなければ話しは盛り上がりにくいですし、
次の交際に持っていくのが難しいでしょう。


しかし、ジェネレーションギャップが生じてしまっても、
「教えて欲しい」という姿勢を持って会話をすれば会話も盛り上がりますし、
交際の発展にもつながっていくでしょう。


年齢差が大きくても歩み寄る姿勢を崩さないことで、
交際もうまくいくでしょう。


今日も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。