登録してはいけない結婚相談所


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は登録してはいけない結婚相談所というテーマでお話しします。

値段が安すぎる結婚相談所


値段が安すぎる結婚相談所は安い値段にしないと誰も登録してくれないので、
会員数を稼ぐために安すぎる価格設定をしています。
安い結婚相談所はサービスも悪いです。


私も1度は安すぎる結婚相談所に登録していたことがありました。
安すぎる結婚相談所のサービスは最悪なものでした。


こちらの話をほとんど聞いてくれない、
プロフィールの内容はお見合いに繋がらないから変えて欲しいと言っても耳を貸さない、
お見合いパーティーからお見合いを獲得しても実際にお見合いができないという嫌な思いをしました。


このような嫌な思いをしたため、
思い切って別の結婚相談所に移籍しました。
もちろん、金銭面でもダメージは大きかったです。


安いからと言って安易に安すぎる結婚相談所に入会してはいけません。
安い理由は必ずあって、その理由は悪い理由です。
破格の価格設定をしている結婚相談所には登録してしまうと必ず嫌な思いをします。


婚活費用はケチらずにお金をかけていきましょう。

成婚料0円の結婚相談所


成婚料とは真剣交際を経てお互いに結婚する意思を固めたときに発生する金額です。
成婚料を支払うことで成婚退会という扱いになり、
晴れて婚活を終了することができます。


しかし、成婚料が0円と価格設定している結婚相談所は、
こちらが成婚までたどり着いても結婚相談所側には何のメリットもありません。


代わりに成婚料0円の結婚相談所は初期費用と月会費が高額に設定されています。
成婚料0円と価格設定している結婚相談所にとっては成婚されては困るため、
初期費用と月会費が高額に設定されています。


つまり、会員が長い期間婚活している方が、
成婚料0円の結婚相談所にとっては利益が出るので、
初期費用と月会費が高額なのです。


もちろん、担当カウンセラーからのサービスも悪いです。
しかも、成婚料0円の結婚相談所のカウンセラーは大人数の会員を1人で受け持っています。
つまり、1人1人に適したサービスを提供することができません。


成婚料0円だからといって安易に入会しても、
満足したサービスを受けられることなく退会することになってしまいます。
成婚料は高額な結婚相談所の方が良心的なサービスを受けることができます。

活動したい曜日が結婚相談所の定休日


ほとんどの結婚相談所は土日祝日も営業しているため、
土日祝日を定休日に設定していません。
結婚相談所の定休日は平日の火曜日もしくは水曜日に設定している結婚相談所がほとんどです。


しかし、火曜日と水曜日が休日になっている仕事をしている方にとっては、
結婚相談所の定休日と重なってしまってはお見合いをすることができません。


平日休みの方、シフト制の方、不定休の方は気をつけて結婚相談所を選んでいきたいところです。
定休日と重ならないためには定休日を設定していない結婚相談所に登録すると、
問題なく婚活をすることができます。


ただし、定休日を設けていないからといって安すぎる結婚相談所や、
成婚料0円の結婚相談所に登録してしまってはお金の無駄遣いになってしまいます。


結婚相談所に1度登録してしまいますと、
別の結婚相談所に移籍したいと思ってもまた書類の提出からスタートしていき、
初期費用を支払っていくという面倒な手間が発生してしまいます。


面倒な手間を作らないためにも、
入会したい結婚相談所の説明会に1度出席して、


他の結婚相談所と比較してから、
希望の結婚相談所に入会しましょう。


即決したら安くなるキャンペーンをしている結婚相談所もありますが、
キャンペーンにこだわらず選んでいきましょう。
どうしてもキャンペーンが気になるならその結婚相談所の説明会に出席するのを最後にしましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。