相手の方から感謝の気持ちを口にさせる努力をする


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は相手の方から感謝の気持ちを
口にさせる努力をする
というテーマでお話しします。

相手の方のどんな部分が好きなのかを探す


相手の方の好みを知るためにも
まずは相手の方のプロフィール内容は
しっかりと覚えておくことです。


会う約束の当日になっても覚えていないのは
相手の方に対してとても失礼なことですし、


相手の方のことを好きになろうとする
姿勢が感じられません。


相手の方を好きになるためには
相手の方のどんな部分が気に入ったのかを
自分の意識に持っていくことです。


無意識の部分で好きだと思える部分があったからこそ
実際に会う約束ができているのです。


もし、無意識の部分でも好きになれる部分がなければ
あなたの目の前に現れないでしょう。


無意識で相手の方のことを好きだと
思う部分がどこにあるのか探してみましょう。


相手の方の好きな部分の探し方としましては
この方を選んだ理由を書き出してみましょう。


写真の笑顔が素敵だったとか、
相手の方のお住まいがこちらの住まいと
近い距離にあるのか、


何か共通の趣味や嗜好があるのかなど
とにかく相手の方の気に入った点を探してみることです。


無意識の部分を意識の部分に
持っていくことができれば相手の方に
こういう部分が好きなんですと口にすることができます。


口にすることができれば相手の方も喜んでくれますし、
また会ってみたいと思われるようになります。


無意識の部分に存在しているままでは
口にすることもできませんのでどこが
気に入られたのか相手の方にはわからないままです。


このような状態では非常にもったいない状況です。

相手の方のことを否定しない


相手の方の思想や好みを否定してしまっては
今回限りの出会いとなってしまいます。


相手の方に感謝されるには
まず相手の方の思考や好みを受け入れることです。


大きくこちらの思考や好みと異なっていない限り
相手の方のことを否定してはいけません。


もし、相手の方のことを否定したいのなら
もう2度と会いたくないと思った時だけです。


また会ってみたいと少しでも思うなら
相手の方のことを否定しないでしっかりと関心を持って
相手の方の話を聞いてあげましょう。


もちろん、ただ相槌を打っているだけでは駄目ですので
こちらから質問や感想などを言葉にしましょう。


こちらが正しいと思ってしまっても
相手の方のことを否定しては
話がそこで途切れてしまって話が続きません。


善悪で物事を判断するということは
相手の方よりも優位に立ちたいという
気持ちがある証拠です。


相手の方に対して優越感を感じたいと
思っているということはこちらが
劣等感を持っているということです。


善悪や優劣で物事を考えるのではなく
素直に相手の方のことを受け入れる、
素直に相手の方の話を聞くという姿勢を持つことです。


相手の方は自分の話を聞いてもらえた、
共感してもらえたと思えれば
また会ってみたいと思ってくれます。


もし、どうしてもこちらが無理だと思ってしまったら
無理に相手の方に共感する必要はありません。


自分の気持ちに対して正直でいましょう。
自分の気持ちに対して正直でいられない方と何回会っても
苦痛でしかなく自己否定感しか出てきません。

相手の方の価値観に合わせる


相手の方の価値観にあえて合わせることによって
相手の方の考え方がわかるようになります。


こちらから一方的に相手の方の価値観を
否定してしまってはそこで話が終わってしまいます。


特にこちらが知らないことに関しましては
相手の価値観に合わせることによって
知らないことがわかるようになります。


もし、こちらから相手の価値観に合わせようとしなければ
知らないことが知らないままになってしまいます。


知らないことを知ることができるのも
婚活の楽しさのひとつですし、
知らないことを覚えれば自分の世界も広がっていきます。


知らないまま終わっていては何の進歩もありませんので
人間としての成長もありません。


私もスカイダイビングが趣味という方と
出会ったことがありましてスカイダイビングが
どのようなものかはじめて話を聞くことができました。


私自身は高いところから飛び降りる
スカイダイビングやバンジージャンプは苦手ですので、


そんなすごいことができる方が
羨ましいと思ってしまいます。


高いところから飛び降りるのが
平気になりたいとまでは思いませんでしたが。


婚活をしていますとこのようにこちらが
びっくりしてしまう価値観を持っている方がいますので、


そのような価値観を持っている方を
否定することなくしっかり話を聞きましょう。


相手の価値観を否定するのは簡単ですが
現状から先に進むことはありません。


自分の世界を広げるためにも人間として成長するためにも
相手の価値観に合わせていきましょう。


どうしても無理な場合は
今回限りの出会いにすればいいだけです。


また会ってみたいなと思えば
また会えばいいだけの話です。

まとめ


相手の方から感謝の気持ちを言わせるには
相手の方がどうすれば楽しんでくれるのか、
相手の方の価値観を受け入れていくことです。


相手の方のことを否定することなく
相手の方に合わせることで相手の方が
どのような方か知ることができます。


お目にかかった当日は相手の方のことを
気に入る努力をして相手の方を楽しませていきましょう。


相手の方と一緒にいる間は
こちらが楽しくないなと思っても楽しく過ごしましょう。


楽しくない雰囲気を出してしまっては
お互いに一緒にいるのが辛い雰囲気になってしまいます。


もし、楽しくないなと思いましたら
今回限りにして翌日に結婚相談所に報告しましょう。


次また会うかどうか決める際は
自分の気持ちに正直でいましょう。


無理をしてまた会う必要はありませんし、
無理をしていては自己否定感を高める
結果になってしまいます。


もちろん、会いたくないことをわざわざ相手の方に
直接伝える必要はありませんし、


直接伝えてしまいますと逆に面倒な
トラブルに巻き込まれてしまいます。


こちらの知らないことを知っている方もいますし、
色々な方から教えられることはたくさんあります。


色々な方と出会っていくうちに
人間としての成長もしていきます。


1人1人に対してそれぞれのプロフィールの内容を
覚えて向き合っていきましょう。


しっかりと向き合っていくことで
相手の方から感謝の気持ちが来ます。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。