相手を変えることはできない


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は相手を変えることはできないというテーマでお話しします。

相手を自分の思い通りにしようとすると苦しくなる


婚活は相手がいてこそ成り立つものです。
お見合いにしろデートにしろ1人ではできません。
相手がいることに感謝の気持ちを持ってお見合いやデートをしていけば楽しく過ごせます。


しかし、婚活は相手がいるためどうしても相手の行動や価値観を
自分でコントロールしたいと思ってしまいます。


相手の行動や価値観をコントロールすることは明日の天気を
自分の思いのままにコントロールするのと同じくらい難しいことなのです。
明日の天気はコントロールしないのに相手のことをコントロールしようとする方はいます。


こちらだって相手の思い通りにされたくないという気持ちはあります。
こちらの支配されたくない気持ちがあれば相手も支配されたくない気持ちがあります。
つまり、自分が嫌だと思うことは相手にとっても嫌なのです。


自分が思い通りにできるのは自分の思考や行動など自分が主体となるものです。
相手が主体となるものは誰にも思い通りにできません。

自分の価値観を相手に押しつけない


よく自分の価値観を押しつけて相手に「~すべきだ。」と言ってしまう方がいます。
この「べき」という言葉は相手の方に対して強制させる意味合いを持ちます。
つまり、相手をコントロールしようとしているのです。


しかも「べき」は相手の方に対して自分の思い通りに
動いてくれないことに対する苛立ちが表われています。
そのため、「べき」は相手の方に押しつけている意味も含まれています。


相手を自分の思い通りに動かそうとすれば相手も反発してしまいます。
相手も反発してしまい、婚活ではお見合いや交際が終了になってしまいます。
相手を変えようとする方は決して婚活を終わらせることはできません。


押しつけがましい方だと思われてしまっては今後また会うことは難しいでしょう。
また会えるためにも自分は自分、相手は相手と思うことが大事です。
そう思うことで婚活でイライラすることを減らすことができます。


相手は相手でしかないと思えるようになれば、
お見合いや交際がうまくいかなくても次の方にすぐに気持ちを切り換えることが出来ます。
婚活ではいつまでも引きずることなく気持ちの切り替えが最も大事なのです。

うまくいかなければ別の方に会う


相手の方を自分の思い通りにいかないことが分かれば、
お見合いや交際でうまくいかなかった理由を深く悩まなくなるようになります。
自分のミスでうまくいかなかったら次はおなじみミスをしないようにすればいいのです。


相手の方の気持ちでお見合いや交際がうまくいかなかったら、
自分のミスでうまくいかなかった時よりも深く悩む必要はありません。
深く悩んでしまう時間がむしろもったいないです。


深く悩むくらいならさっさと次の方にお見合いを申し込む、
もしくは次のお見合いが決まっている方に全力を尽くす、
次のお見合いパーティーに参加するなどの行動ができます。


グズグズしている時間は婚活にはありません。
お見合いや交際がうまくいかずにその悲しみが
癒えるまで待っている方が時間の無駄です。


婚活はスピーディーに動かなければいつまで経っても終わりません。
情け無用だと思われるかもしれませんが、
時間はこちらが立ち直るのを待ってはくれません。


うまくいかなかったことをいつまでも引きずらずに、
さっさと動いていくことが婚活を短期集中で終わらせる秘訣です。
どんどん行動量を増やしていきましょう。


たくさん行動して幸せな結婚生活を手に入れましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

前の記事

ポジティブな笑顔

次の記事

婚活時の息抜き