相手を褒める


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は相手を褒めるというテーマでお話しします。

おかしな褒め方はしない


褒めると言ってもおかしな褒め方はしてはいけません。
相手を無理に褒めても相手からは無理に褒めているなと思われてしまうだけです。
無理矢理褒めてもいい気分はしませんので褒めなくていいところは褒めなくてもかまいません。


だからといって、相手を全く褒めないと言うことはよろしいことではありません。
もし相手を褒めなかったら相手は自分のことを気に入っているのかがわからないでしょう。
相手の好きな部分は褒めた方が相手にも自信をつきます。


もちろん、相手の身体的な部分を褒めてもおかしな褒め方をしてしまっては悪い印象を与えてしまいます。
常識的な振る舞いは日頃からきちんと行っていってください。

本当にいいと思ったら褒める


相手の話を聞いて本当にこの人すごいなと思ったら相手を褒めてください。
自分が心から思ったことを口にしていかなくては相手には伝わりません。
もちろん、短所は見つかる度にいちいち言わない方がいいのは当然です。


短所を言われていい気分になる方はまずいません。
短所ばかり言われましても相手は自信を無くしてしまいます。
本当にやめて欲しいことはしっかり話してください。


話を褒めるというテーマに戻します。
褒めると言っても性格の部分、例えば相手の優しい一面や気遣いのよさを褒めます。
つまり、相手の内面を褒める方が相手にとって印象がいいのです。


外見を褒めても喜ばれることもありますが、
相手の方によってはコンプレックスと感じている部分もあります。
もし、コンプレックスと感じていましたら素直に謝りましょう。

相手の長所を探す


相手を褒めるには相手の長所を探すことです。
なので、日頃から相手の長所を探す習慣を身につける必要があります。
相手のあら探しをしていましたら、あら探しをやめましょう。


相手のあら探しばかりしましても得することはありません。
相手のあら探しばかりでは結婚後ももめ事が絶えなくなってしまいます。
もめ事ばかりでは将来離婚することになってしまいます。


離婚しないためにも婚活の段階で相手の長所を探していくことが大事です。
自分は相手のどんな部分が好きなのか、どんな性格が好きなのかをしっかり探しましょう。
相手の長所をたくさん見つけて相手のことを好きになりましょう。


相手のことを褒めていけば相手もこちらのことを褒めるようになります。
そうしていくうちに相手との関係も親密になっていき交際もどんどん発展していくでしょう。
そして相手との幸せな結婚生活をつかんでいってください。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。