結婚相談所の掛け持ちのやり方


こんにちは。婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。
今回は結婚相談所の掛け持ちのやり方というテーマでお話します。

結婚相談所の掛け持ちは費用も倍になる


結婚相談所を掛け持ちするということは月会費も当然倍になります。
また支払っている月会費も上がってしまいますので金銭面の負担も増えます。


当然独身証明書や卒業証明書などの提出書類も2枚になりますので登録する手間も余分にかかります。
手間がかかってでも出会いを増やしたい方にはいいでしょう。
しかし必ずしも結婚できる保証はありません。

同じ連盟に所属している結婚相談所では意味がない


もし、所属している結婚相談所と今後所属したいと考えている結婚相談所がともに同じ連盟に所属していたら、
2つの結婚相談所を掛け持ちする意味がなくなります。


なぜなら、2つのIDで会員登録されているため、同一人物が2人いるということになります。
また、中身も同じで、他の連盟に所属している会員に出会えないのでメリットはありません。


ですので、結婚相談所を掛け持ちするなら別の連盟に登録している結婚相談所の方がいいでしょう。
他の連盟に所属している会員に出会えるからです。

掛け持ちしても必ず出会えるわけではない


確かに結婚相談所の掛け持ちをすれば出会える確率は上がります。
しかし、毎回の出会いを保証するものではありません。
登録していても自分から出会いにいかなくては意味がありません。


結婚相談所の掛け持ちは費用も手間も倍になります。
担当カウンセラーも増えますが、どちらの言うことを信じればわからなくなるでしょう。


結婚相談所の掛け持ちにはあまりメリットがありません。
金銭的にも労力もただキツいだけです。
結婚相談所を掛け持ちするなら軽い婚活パーティーに積極的に参加した方がまだよいでしょう。


マッチングアプリではメールでのやり取りはできますが、
出会いにたどり着くまでが難しいでしょう。


もし、結婚相談所の掛け持ちを考えているならば、
一度私に相談してください。
結婚相談所の掛け持ちをするくらないなら私と一緒に結婚へ向けて活動していきましょう。


私に支払った方が結婚相談所の選び方もアドバイスしますし、
確実に出会える方法を教えます。
全く出会えない状況ではいつまでたっても結婚できません。


出会いの数をこなしていかなくては人間としての成長もありません。
ただ、結婚するだけでなく人間としての成長もして欲しいと願っています。
そして幸せな結婚生活を手にしましょう。


今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。