自分が楽しめないデートは相手の方も楽しめない


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は自分が楽しめないデートは相手の方も楽しめない
というテーマでお話しします。

自分の気持ちを押し殺しては楽しめない


自分の気持ちを押し殺して相手の方に
ペースを合わせてばかりいては
デートを楽しむことは出来ません。


相手の方に嫌われたくないが故に
自分の気持ちを押し殺している方がいます。


相手の方に自分のことをよく思われたい
という気持ちが強い証拠です。


自分のことをよく思われたい気持ちは誰にでもあります。
しかし、その気持ちが強すぎてしまっては
相手の方に依存してしまいます。


相手の方に依存していては
自分の気持ちを押し殺してしまい
結果的にその方とはうまくいきません。


自分の気持ちを押し殺してしまう理由は
相手の方に嫌われたくないという気持ちや


婚活でまた最初からやり直したくないという
気持ちがあるからです。


確かに相手の方から終了を宣言されて
最初からやり直すのは誰でも嫌なことです。


しかし、最初からやり直すのが嫌だからといって
自分の気持ちを押し殺してしまっては
一緒にいても楽しめません。


また、相手の方も自分の気持ちを言わない方は
何を考えているのか分からない、


本当は一緒にいたくないのではないかと
思われてしまいます。


つまり、自分の気持ちを押し殺すことは
こちらにも相手の方にも何のメリットも
ないということです。


ですので、自分の気持ちを押し殺さずに
自分の気持ちをきちんと伝えましょう。


自分の気持ちを伝えてもうまくいかなければ
その方とは遅かれ早かれうまくいくことなく
終了になります。

受け身のデートでは楽しめない


受け身でデートをするということは
相手の方にデートプラン作成からデート時の行動など
あらゆることを相手の方に任せてしまうということです。


相手の方に全てを任せてしまっては
相手の方はこちらが何を考えているのか
わからないままデートすることになります。


ということは相手の方はこちらがデートを
楽しめているかどうかわからないということです。


男性が女性にデートプラン作成から
デート当日行動全てを任せて自分が受け身になっていては
とても頼りない印象を持たれます。


そんな男性は結婚できることはありませんし、
女性も受け身になっていては
最終的に結婚までたどり着けません。


受け身になるということは
自分のことを教えないということになります。


自分のことを教えないということは
相手の方とわかり合いたくないと
言っているのと同じ事です。


わかり合うことを拒否していていては
2人の関係はうまくいくはずがありません。


自分から壁を作っていては
いつまでたっても結婚できません。


受け身にならないためにも
こちらからも意見を言ってみましょう。


相手の方が受け入れるか受け入れないことよりも、
意見を言うことで相手の方はこちらの考えていることを
知ることができます。


何も言わなくてもわかるということは
婚活ではあり得ませんので
自分の気持ちをきちんと伝えましょう。

相手の方と一緒に楽しもうとする


デートで最も大事なことは相手の方と一緒に
デートを楽しもうとする気持ちです。


相手の方と一緒にデートを楽しもうと
する気持ちがなければたとえ結婚できたとしても
関係は悪く離婚する可能性も高いでしょう。


逆に相手の方と一緒にデートを楽しもうとすれば
自分の意見を言えますし、お互いのことを
理解できるようになります。


お互いのことが理解できるようになれば
デートの中身も変化していきますし、
デートをより楽しめるようになっていきます。


時には意見が合わなくて
うまくいかないときもありますが、


それでもどうすればお互いが納得できるのか
探していくようになります。


もし、婚活の仮交際の段階で
楽しめないデートをしていては
真剣交際に進んでも楽しい時間を過ごせません。


楽しくないデートを繰り返していっても
いつまでたっても楽しい時間を過ごすことはありません。


楽しくないデートだと思ったら
仮交際の段階で終了にして別の方とデートしましょう。


真剣交際や成婚後に別れてしまっては
精神的にキツいダメージを負うことになります。


それでも離婚歴がつかないだけよかったと思いますが、
また最初からやり直すのはキツいでしょう。


キツい思いをしないためにも
どうしても合わないと思ったら
早めに終了して別の方に気持ちを切り換えましょう。


なるべく仮交際の段階で終了にした方が
他の方と複数交際ができるので
早く真剣交際にたどり着けます。

まとめ


自分の気持ちを押し殺して
相手の方とデートをしていても
楽しい時間を過ごすことが出来ません。


自分の気持ちを押し殺すということは
自分の考えや自分の気持ちを相手の方に
伝えないということです。


そして、相手の方が勝手にデートプランを決めてしまい
こちらが楽しめないデートをすることになります。


自分の気持ちを押し殺してしまう理由は
相手の方に依存して早く婚活を終わらせたいとか、
自分のことを嫌って欲しくないとか思っているからです。


確かに自分のことをよく思われたい
気持ちは誰にでもあります。


しかし、自分のことをよく思われたい
気持ちが強すぎてしまっては
自分の気持ちを言わなくなってしまいます。


自分の気持ちを言わなければ
相手の方からは何を考えているのか分からないと
思われてしまいます。


そして、相手の方から離れていき
婚活は振り出しに戻ってしまいます。


デートをする上で最も大事なことは
相手の方と一緒に楽しもうとする気持ちです。


相手の方と一緒に楽しもうとする気持ちがあれば
自分の意見や今の気持ち(嬉しいとか悲しいとか)
言えるようになります。


こちらの考えや気持ちを相手の方が受け入れるか
どうかは別にしてもこちらの考えや
気持ちは伝わります。


こちらの考えや気持ちを言ってうまくいかなければ
その方とは遅かれ早かれ別れてしまいます。


結果を恐れずに自分の考えや気持ちを伝えて
相手の方と楽しいデートをするよう心がけましょう。


相手の方と一緒にデートを楽しもうとする気持ちを
きちんと言えば相手の方には必ず伝わります。


婚活では黙っていても何も伝わりませんので、
きちんと伝えていきましょう。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。