過去の体験を捨てることで婚活はうまくいく


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は過去の体験を捨てることで婚活はうまくいく
というテーマでお話しします。

過去の体験は偏見を持たせる


誰もが1度は嫌な体験を婚活でしています。


例えば、失礼なことを言われて腹が立ったり、
交際が何度もうまくいかずに苦しい思いをしたり
色々なことがあります。


しかし、嫌な思いをする度に婚活に対して
消極的になっていては結婚から遠ざかっていきます。


その結果、男はこういう生き物だとか、
女はこういう生き物だという偏見を
持つようになります。


偏見を持つことによって
自分から経験を避けるようになってしまいます。


経験を避けることで結婚から
どんどん遠ざかってしまいます。


偏見を持つことによって
自分が婚活をやらない言い訳を
簡単に作れるようになります。


こんな嫌な思いをしたからもう婚活はしたくないと
言って婚活に対する逃げ道を作ってしまいます。


逃げ道や言い訳を作ることによって
自分を正当化するようになってしまいます。


このようにして自分を正当化して相手の方が
全部悪いと言ってしまえば
自分は何も反省も改善もしなくなります。


そして悪い意味の自己中心的な考えを持ってしまい
誰からも相手にされなくなってしまいます。


つまり、知らない間に自分から嫌われ者の
ポジションにいることになってしまいます。


偏見を持つことのメリットはなく
デメリットしかありません。


その方だったから嫌な思いをしたのであって
別の方でしたらどうなるか誰にも分かりません。


どんな方に対しても偏見を持たずに
婚活をしていきましょう。

辛い経験をさせた方とこれから会う方は別人


お見合いやデートで嫌なことをされて
ムカついたことがあっても、


ムカつくことをした方とこれから新しく
お見合いやデートをする方は別人です。


なぜなら、これから新しくお見合いやデートをしても
嫌な思いをさせた方とは異なる展開になるからです。


しかし、偏見を持ってしまいますと
異なる展開になることを受け入れずに
こちらからシャットダウンしてしまいます。


偏見を持つことによって
自分が変わる機会を自ら逃してしまい
ずっと同じ位置にいることになってしまいます。


偏見というものは成長を邪魔するものであり、
持っているだけで損をしてします。


そもそも辛い経験をさせた方と
これからお見合いやデートで会う方は別人なのです。


婚活はうまくいかなかった方と
もう一度やり直すことは
原則として禁止されています。


そのため、無理をして嫌な思いをさせた方と
再びやり直す必要はありません。


ですので、これから会う方に偏見を持つことなく
新しい目で接していきましょう。


もしかしたらこれから会う方とは嫌な思いをせずに
楽しい思いをするかもしれません。


どんな展開になるのかは誰にも分かりませんが、
こちらがネガティブな雰囲気を出さなければ
楽しい展開が待っているかもしれません。


ネガティブな雰囲気を出していますと
相手の方も近寄りづらくなってしまいます。


また嫌な思いをしたくないという気持ちが強くては
ネガティブな気持ちが強くなってしまいます。

同じことは何度も起こらない


相手の方とお見合いをして嫌なことを言われたとき
またこの方もこんな嫌なことを
言うのだろうかと思うかもしれません。


しかし、その方は嫌な思いをさせた方とは
別人ですので嫌なことを言うとは限りません。


ひょっとしたらあなたのいいところを
見つけて褒めてくれるかもしれません。


たまたまあなたの趣味が嫌いだと
いう方ばかり出会ってしまい、
自分の好きな趣味をやめたいと思うかもしれません。


しかし、あなたの趣味を評価して
くれる方が現れるかもしれません。
そうなれば好きな趣味をやめる必要はなくなります。


もちろん、趣味が動画鑑賞などの
消極的な趣味では相手の方に好かれることはありません。


休みは仕事の疲れが出て休日は何もしたくない、
どこにも行きたくないという気持ちが出ているからです。


婚活でのデートは間違いなくどこかに出かけますので
最初からネットカフェでデートして
2人で動画鑑賞にはなりません。


あなたのことを評価してくれる方もいれば、
残念ながら評価してくれない方もいます。


ですので、あなたのことを評価してくれる方とだけ
交際していけばいいのです。


評価してくれない方とは早めに終了しましょう。
人それぞれ好みも違いますので、
自分と合わない方と一緒にいても辛いだけです。

まとめ


婚活をしていますと相手の方から
嫌な思いをさせられることもあります。


そして、そんな嫌な思いを2度としたくないと
思って偏見を持つこともあります。


しかし、偏見を持つことによって
自分から結婚を遠ざけてしまうことにもなります。


なぜなら、あなたに嫌な思いをさせた方と
これから会う方、あるいは現在会っている方は
別人だからです。


こちらが勝手に偏見を持ってしまうことで
婚活は悪い方向に進んでしまい、
結果的にうまくいかなくなってしまいます。


同じ嫌な思いをしたくないと言って
婚活をしなくなる方もいます。


嫌な思いをしたくないと自分を正当化して
しまうことで反省点も改善点も探さなくなります。


そして、何の成長も無いまま時間だけが
無駄に過ぎていくことになります。


時間だけが無駄に過ぎていくようでは
当然いつまでたっても結婚できません。


ですので、婚活でどんなに辛いことがあっても、
自分は必ず結婚できると信じて
婚活をしていきましょう。


自分は結婚できると本気で信じている限り
必ず最後は結婚できます。


結婚できるというゴールを設定しているからこそ
必ず結婚できるのです。


逆に結婚できないと自分から思ってしまえば
本当に結婚できません。


嘘みたいだと思われるでしょうが
本当に信じていれば信じていることが
実現してしまうのです。


過去に起こった体験は偏見を生み出してしまいます。
その偏見を捨てることが婚活を
早く終わらせる秘訣です。


偏見を持たせた相手の方と
今度会う方や現在会っている方は別人です。


今度会う方に対しては何の思い込みを持つことなく
新鮮な目で見て接していきましょう。


思い込みを捨てることによって
婚活を早く終わらせることができます。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。