金遣いが荒いと婚活では選ばれない


こんにちは。
婚活メンタルトレーナーの吉田倫紀です。


今回は金遣いが荒いと婚活では選ばれない
というテーマでお話しします。

浪費癖が酷ければ婚活を続けていけない


普段の生活から浪費癖が悪ければ
結婚相手として選ばれることはありません。


普段から無駄な間食や外食、
飲み会費用などが大きくなれば、
なかなか結婚資金を作ることができません。


浪費癖を意識して治せるものではありませんし、
意識して治せるレベルなら浪費の多さで
離婚になることはありません。


意識して治せるくらい簡単なことなら
ギャンブル依存症はこの世に存在しません。


浪費が多ければ当然毎月赤字の生活を
することになります。


毎月赤字であれば結婚資金を作ることができません。
毎月赤字にしてしまえば婚活を
長く続けることはできません。


赤字の状態が続けばお見合いをすることも
嫌になってしまいます。


お見合いをするにもラウンジまでの交通費に加えて
お見合い成立費用もかかります。


赤字ではお金がないと思うことによって
お見合いをしなくなってしまいます。


お見合いができなければ
当然成婚までたどり着くことができません。


お見合いからデートに進めれば
デートでの飲食代や交通費もかかってしまいます。


つまり、浪費癖を治さない限り
婚活に対して積極的な姿勢にはなれません。


浪費してもメリットは0で
デメリットしかありません。


浪費を全くしない方はいませんが
浪費を抑えていくことはできます。


浪費を抑えていくことで
婚活に対して積極的になっていけます。

家計簿をつけてお金を遣う癖を知る


浪費癖を抑えていくには
家計簿をつけていくことです。


家計簿をつけていけば
自分が何にお金を遣ってのかがわかってきます。
家計簿をつけるのは家計簿アプリでもかまいません。


家計簿アプリなら
手書きの家計簿に比べて記入するのが楽です。


家計簿アプリはレシートを撮影すれば
金額を簡単に登録できます。


ですので、レシートは家計簿アプリに登録するまで
捨ててはいけません。


もし、レシートが出てこない飲食店の食券や
自動販売機でしたら購入後すぐに
家計簿アプリに手入力で登録しましょう。


後でやろうとしても金額を忘れてしまい
なかなか何に遣ったのか思い出せません。


家計簿をつけていくことで
赤字になった理由が明確になります。


どうしても必要なことにお金を遣ってしまったら
仕方がありませんが、


どうでもいいことにお金を遣っていましたら
改善していきましょう。


自分にとって必要のない飲み会を断ったり、
外食や間食を減らすためにも自炊をしたり、
空腹を我慢して帰宅するなどの工夫も
必要になっていきます。


固定費を見直す方が簡単に
赤字を減らすことができます。


例えば毎日通えるスポーツジムの
会員権を週に2回の会員権に変える。


水を出しっぱなしにしない、
電気をつけっぱなしにしないなどの
工夫で固定費を減らしていきます。

1円玉でも大事に扱う


1円玉が価値がないからといって
埃被った場所に放置していませんか?


1円玉を粗末に扱う方は
1円玉に泣かされてしまいます。


1円玉を甘く見ていては
1万円札をうまく扱うことができません。


数百円程度の買い物なら
たいしたことないと甘く見ていますと、


塵も積もれば山となり大きな金額へと
膨れあがっていきます。


数百円の買い物であっても
本当に必要なものかどうかを見極めていきましょう。


1円玉で無くても全てのお金を
大事に扱っていくことです。


お金を大事にできない限り金遣いは荒いままです。
お金を大事に扱っていくには
お金に感謝の気持ちを持つことです。


お金に感謝の気持ちを持つことで
お金に対する考え方が変わっていきます。


自分が本当に必要だと判断したものに
対してはお金を出していき、


必要ではないと判断したら
お金を出さないようにします。


どんな金額であっても
むやみにお金を遣わないようにします。


たとえ金額が安くても
本当に必要なものかどうか考えてみることです。


必要なものかどうかを考える習慣を
身につけることによって浪費癖は直っていきます。


価値が低い小銭を埃かぶった場所に
粗末に放置することなく、
たとえ1円であっても大事に扱っていきましょう。


お金を大事に扱う気持ちが出てくれば
お金も増えていきます。

まとめ


普段から浪費癖が激しければ
婚活でも不利な立場になっていきます。


たとえ年収1000万円であっても、
浪費が多ければ結婚まで
たどり着くことができません。


年収の多さに関係なく浪費癖の激しい方は
婚活では選ばれません。


浪費癖は自分で意識して直せるほど
簡単なものではありません。


家計簿をつけていくことによって
改善していきましょう。


家計簿は手書きでもアプリでも
どちらでもかまいません。


家計簿をつけていくことによって
自分がどこにお金を遣う傾向があるのかが
分かってきます。


そして、そのお金を遣った部分は
本当に必要なものかどうか考えてみることです。


この振り返りこそが浪費癖を改善していく
重要な作業なのです。


必要なものであれば気にする必要はありませんが、
不要なものでしたらなぜ購入してしまったのか
振り返ってみることです。


衝動買いをしてしまいましたら
次はどんな対応をするのかを考えることです。


たとえ価値が低い1円玉であっても、
粗末な扱いをすることなく
大事に扱っていきましょう。


1円玉を大事にできなければ
1万円札も大事にできません。


1万円札を手に入れては
すぐに高額なものを購入してしまいます。


自分にとって本当に必要なもの
であればいいのですが、


不要なものであれば単なる無駄遣いでしかなく
お金が増えるはずがありません。


お金の管理がしっかりできなければ
婚活を続けていくことはできません。


しかも、離婚原因のトップ3に
お金の問題がランクインされています。


お金の管理がしっかりできなければ
結婚しても幸せにはなれません。


婚活を始める前に、あるいは婚活の最中にでも、
ご自身のお金の遣い方を見直して
将来のための資金を増やしていきましょう。


お金の管理がしっかりできるようになれば
幸せな結婚生活を手に入れることができます。


結婚してしまいますと
お金の問題は2人の問題になっていきます。


お金のことに関しましても
話し合える関係になっていきましょう。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。