こんな悩みはありませんか?

  • 単調な毎日を過ごしている
  • 常に何かに依存していないと駄目
  • 無価値感を感じる
  • もっと自分を信じられるようになりたい
  • 毎回目標を持っても目標が現実化していない
  • いくら努力しても報われない
  • 自分の可能性を広げていきたいけど広げられない
  • 昔できなかったことをできるようになりたいけど前に踏み出せない
  • コンプレックスを意識しすぎて前に進めない


このような状態ではなかなか前に進むことができず、
同じ場所で立ち止まっていることになってしまいます。


同じ場所に立ち止まったまま苦しんでいては
自己肯定感がなくなっていき、
自己否定感が大きくなっていくだけです。


最悪の場合、自分に対して無力感を持ってしまい、
何事に対してもやる気を失くしてしまいます。


同じ場所にずっといては何の進歩もありませんので、
ただただ衰退していくだけの人生になってしまいます。


このメルマガではこのような悩みに
対する解決策を紹介していきます。


少しでもお客様の悩みに
対して参考になれば幸いです。


もし、上記の状態に1つでも当てはまるようでしたら
今すぐメルマガに登録してください


メルマガで私のこともより深く紹介しています。
私のことをより理解して私と一緒に夢をかなえていきたいと思う方は
最終日のメルマガから体験セッションを申し込んでください。

夢を叶えるために必要なメルマガ登録
お名前  *
メールアドレス  *
  • ご登録いただいた「お名前(姓)」「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。
  • スパムメールの類は一切送りませんでご安心ください。
  • 「夢を叶えるために必要なメルマガ」(全7回)の終了後も、お客様に役立つ情報【メンタル通信】を無料で配信いたします。
  • 購読中止・解除はいつでも行えます。
  • お名前は、本名を漢字にて正しくご記入ください。数字やアルファベット等、または、明らかに本名とは異なると考えられるお名前を入力されている場合は、配信を停止させて頂く場合がございます。
  • 携帯のメールアドレスや、フリーメールアドレス(hotmail,Yahoo等)は、正常に届かない場合があります。
    確実にメールをお届けするためにも、普段お使いのPCメールでの登録をお願いします。

メルマガを読んで得られるもの

  • 自分の判断を信じていける
    自己肯定感
  • 自分に対する正直さ
  • 依存から自立へと変わるメンタル
  • できなかったことに対して
    正直に向き合える対処力
  • 他人の意見に振り回されずに
    自分軸で行動する方法
  • 言い訳をすることなく
    挑戦していく行動力

メルマガ内容一覧

メルマガ1日目 ドリームキラーから離れる
1日目ではドリームキラーから離れていくこと
について紹介していきます。

ドリームキラーはお客様の両親や職場の方、友人などが

ドリームキラーになることがあります。

もちろん、全ての方の
家族や職場の方、

友人がドリームキラーになることはありません。

ドリームキラーは
名前の通り、

夢を叶えていくのを
邪魔します。

ドリームキラーと
一緒にいても

こちらの夢は叶うことは
ありません。

しかも、ドリームキラーは
ドリームキラー自身が夢を

かなえていないため
こちらから離れていく
必要があります。
メルマガ2日目 欠乏感からくる理想は叶わない
2日目では欠乏感からくる
理想は叶わないについて
紹介していきます。

今の自分はお金を持って
いないからお金持ちに
なりたい、

恋人がいないから恋人が
ほしいなど

今の自分を否定するような
欠乏感からの理想は
実現することはありません。

今の自分を否定するほど
求めている理想から
遠ざかっていきます。

本当に自分が望んで
いる夢しか
実現することはありません。

自分の気持ちに正直に
なっていく

方法について
紹介していきます。
メルマガ3日目 お金がないと思って行動しなかったら実現しない
3日目ではお金がないと
思って行動しなかったら

実現しないについて
紹介していきます。

お金がないと思えば思うほど
自己投資をしなくなり、

その結果、現状維持のまま
人生を終わってしまうことに
なってしまいます。

もちろん、現状維持
そのものも難しいことですが
現状維持どころか、

むしろ自ら衰退の道を
歩んでしまう
結果になってしまいます。

お金がないというのは
実際にお金が1円もない
状態ではなく必要なお金、

あるいは貯金がないことに
対する不安からお金がないと
思い込んでしまいます。

お金がないと思い込んで
しまうことで不幸な人生で

生涯を閉じている方が
ほとんどです。

不幸な人生を送らないため
にも自己投資に関しましては

積極的に行って
行きましょう。

自己投資にお金を使った分
だけ自分に返ってきます。

なおこちらでお客様の
将来の夢を書いて
いただきます。

書いていただいた方のみ
4日目に進めるように
なっています。
メルマガ4日目 誰にも依存しない
4日目では誰にも依存しない
ことについて紹介して
いきます。

誰かに依存している限り
自分の本来の気持ちを出して
いくことができません。

誰かに依存することで
他人のせいにしたり、

他人を支配したいという
欲求が生まれてきます。

また、誰かに依存する
ことによって

自分の判断では動けなくなり
指示待ち人間になって
しまいます。

自分の判断で動いても
大丈夫だと

思える方法について
紹介していきます。
メルマガ5日目 夢を叶えたいという気持ちを潜在意識まで落とす
5日目では夢を叶えたいと
いう気持ちを

潜在意識まで落とすについて紹介していきます。

最初のころは意識レベルの夢
ですので3日坊主になりやすい傾向があります。

しかし、繰り返し自分が
願っている夢を

思うことで実現
していきます。

自分が本当に願っていれば
自然と行動に移していける
ようになっていきます。

もし、実現しない夢だと
したら本当は望んでいない夢である可能性が
高いでしょう。
メルマガ6日目 言い訳はデメリットしか生まない
6日目では言い訳はデメリットしか
生まないについて紹介していきます。

言い訳ばかりしていては
何の進歩もありません。

自分が克服しなくては
ならない課題と向き合って

いかなければ
成長はありません。
メルマガ7日目 体験セッションのご案内
7日目では体験セッションのご案内をしていきます。

ここでは私の思いや考え方を紹介しております。

私と考え方が合う方は体験セッションを受けてください。

ワクワク感・ドキドキ感が
あるセッションにしていきたいと思っています。

メルマガ登録して下さった方には無料で体験セッションを行います。

どうして夢が叶わないと思いますか?


うまくいかない理由は
人それぞれ異なっています。


うまくいかない理由は人それぞれ
異なっているからこそ


それぞれの方にあったアドバイスが
必要になってきます。


誰もが同じ理由で
うまくいっていないのではありません。


みんな同じ理由で夢が叶っていないなら、
何か本を買って読むだけで夢が叶っているでしょう。


しかし、現実は本を読むだけで
解決出来るほど甘くはありません。


マンツーマンできちんと1人1人に向き合って
セッションしていかない限り、
本当の原因はわかりません。


本当の原因を知りたいならば
私に正直に全てを話してください。


本当の原因はお客様の頭の領域外にあります。
つまり、お客様の知らないところに
お客様の夢が実現していない原因があります。


その原因をお客様1人で探していくことは
とても難しくて時間がかかることです。


そこでマンツーマンセッションを行うことによって、
お客様がうまくいかなかった原因を解明して
対策を立てていきます。


原因を解明して先へ進んでいき、
また新しい壁に当たったら
一緒に原因を解明していく。


この繰り返しを行うことによって
お客様が望む夢の実現というゴールまで
たどり着くことができます。


このメルマガでは夢を叶えていくために
必要な心構えを紹介していきます。


すでに知っているという方でも
復習のために一度読んでみてください。


もしかすると気づかなかった部分が
見えてくるかもしれません。


人は頭の中では分かったと思っていても、
いざ実際に行動してみるとできていなかったと
いうことは少なくありません。


ですので、知識をインプットするだけでなく
実際にその知識を使って実践するというアウトプットの
作業も必要になっていきます。


ほとんどの方は知識をインプットしただけで
レベルアップした気分になってしまい、
実践することなく時間を過ごしています。


インプットしただけで満足している限り、
ノウハウコレクターになってしまい、
知識だけが無駄に蓄積されていくだけになってしまいます。


しかも、知識は使っていかなければ
どんどん使えなくなってしまい、
気がついた時には意味のない知識になってしまいます。


インプットした知識をしっかりと実際に使えて
はじめてインプットした知識が使えるようになります。


しかし、1回でインプットした知識を
完全に理解することはできません。


ですので、実際にアウトプットすることによって
どのくらい理解できているのかがわかります。


アウトプットすることによって
どこが理解できていて


どこが理解できていないのかが
明確になっていきます。

覚悟はできていますか?


夢に向かって取り組んでいけば
様々な壁にぶつかっていきます。


壁にぶつかる度に自分に言い訳をして
逃げてしまっては
何の成長もありません。


むしろ壁にぶつかることは
成長していくチャンスなのです。


どんなにお客様が成長していっても
壁にぶち当たらなくなることはありません。


壁にぶつかっても乗り越えて成長していく
サイクルを繰り返していくことで
より大きな自分になっていきます。


ですので、壁にぶち当たっても逃げずに
どうすれば乗り越えられるのかを考えていきましょう。


もちろん、1人で壁を乗り越えることもできますが、
時間もその分余計に費やしてしまいます。


1人で壁を乗り越えようとすると
自分の視点でしか判断できないため
知っている範囲で対処しようとします。


当然、知っている範囲で対処すれば、
知らないことに気づくまで
膨大な時間がかかってしまいます。


最短で早く壁を乗り越えたいのなら
専門知識のある第3者の方に相談して
気づいていない部分を見つけてもらいましょう。


気づいていない部分が明確になれば
後は対処していくだけです。


壁を乗り越えた時の喜びは
言葉にできない喜びです。


時には失敗することもありますが、
むしろ、失敗してください。


失敗することによって
夢をかなえるためのヒントが
見つかります。


そもそも、失敗というのは
行動して出てきた結果です。


行動しなければ、
失敗はもちろん、
成功という結果も出てきません。


ですので、私は
お客様が失敗しても、


あざ笑うことも責めることも
決してやりません。


挑戦する方を見下す行為は
挑戦しない方がやる行為なのです。


ですので、挑戦して嘲笑われても
責められても気にする必要はありません。


自分からできると
信じるのをやめない限り
夢は実現します。


自分から夢を断念しなければ
夢を叶えることができます。


もしかしたら、
当初の望み通りの夢ではないかもしれません。


しかし、100%望んだ形でなかったとしても、
実現したときの喜びは計り知れないものです。
夢が叶ったときの喜びを一緒に味わっていきましょう。

最も重要なのはメンタル


どんなに苦しくても私はメンタル面を
サポートすることができます。
ただの根性論ではなく論理的にサポートしていきます。


昔の根性論では単なる軍隊教育であり、
無理矢理価値観を押しつけて支配するだけです。


実は支配する側も無価値感を感じているため、
共依存となっています。


論理的に納得しやすい説明をするので、
受け入れやすく行動に移していけます。


もちろん、納得いかなければ、
なぜそのように考えるのかを説明します。


夢をかなえていくために必要な状態は
欠乏感がない状態です。


毎日の生活をしていくのが難しい状態では
夢をかなえていくのは困難です。


まずは自分で自分を満たせるようになって
からでなくては自己実現は不可能です。


生活に困ることない状態、
他人にも認められている状態、
安心して生活していける状態、


これらの3つを満たしていなくては
お客様が望んでいるステージに
立つことは難しいでしょう。


この3つを満たしていれば
心が安定しているため
自分にも他人にも優しくなれます。


心が安定していなければ、
どんなに高収入であっても、
他人に優しくなれません。


もしお客様の心が安定していなければ、
まずは心が安定できる状態を作るのが先決です。


こちらの考えを押し付けていく
つもりはございませんので、


安心してお客様が思っていることを
遠慮なく話してください。


こちらの考えはあくまでもお客様が
夢を叶えるための手段のひとつにすぎません。


手段は無数に存在しますので最終的には
お客様が納得できる手段を取って下さい。


ただし、ご自身がとった行動に対して
他人のせいにしてはいけません。


他人のせいにするということは
ご自身の責任から逃れる行動になってしまいます。


自分が取った行動に対する逃避は
お客様の成長を妨げてしまいます。


ですので、最終的な決断をするのは
お客様ですが決断をしたことに対して
人のせいにするようでは夢が叶うことはありません。


決断したらあとは実行して
できなかった部分を改善して


また実行していくという作業を
繰り返し行っていくことです。


絶対に自分の夢を実現して見せるという
強い意志を持って取り組んでいきましょう。

トムやんからのメッセージ

これから夢に向かって全力で取り組んでいく
お客様を応援したいと思います。


夢に向かっていく途中に様々な壁が待ち受けています。
1人で乗り越えようとすると
乗り越えられず断念してしまいます。


なぜなら、自分1人ではわからない視点が存在し、
1人ではなかなか気づきませんし、
仮に気づいたとしても莫大な時間を費やしてしまいます。


私もかつては他人の助けなんかいらないと思って
誰にも頼ろうとはしないで1人でやっていました。


しかし、いくら1人でやっていても
なかなか前に進めなかったので
思い切って悩みを打ち明けました。


すると、今までの悩みは何だったのかと
思わんばかりの解決策が出されてしまいました。


とりあえずやってみなくては
わからないと思って実行したら
案外簡単に解決できました。


それ以来、疑問点があれば
1人で抱え込むことなく
きちんと相談するようになりました。


もちろん、私が信頼できると
思っている方にだけ相談していました。
わざわざ信頼できない方に相談する必要はありません。


私自身も障がい者手帳を持参しながら
今日も生活しています。


それでも、障がい者手帳を
持っていることに引け目を感じていません。


疑問点や悩み事があれば
1人で抱え込むことなく
きちんと相談しています。


こちらの考えていることを
話すだけでも気づかなかったことが
明確になることもあります。


ですので、何か疑問点があれば
すぐにでも質問していただければ
誠意をもって回答してきます。


早く夢を叶えていくためには
第3者の視点が必要になります。


第3者の視点から見ることによって
それまで気づかなかった気づきが見えてきます。


早い段階で課題をみつけて克服していくことによって
夢を叶えるスピードが上がっていきます。


そして、私はお客様の気持ちを
大事にしていきたいと考えております。


なぜなら、お客様の気持ちを無視してしまっては
夢は実現することなく、
自己否定感が強くなってしまいます。


お客様が無理のないレベルからスタートしていき、
徐々に難しい課題に取り組んで
いきたいと考えております。


いきなり難しい課題に取り組んでしまっては
長続きしません。


少しずつでも成長した実感が持てるようになれば、
自己肯定感も上がって自信が持てるようになれます。


自己肯定感が上がっていけば難しいことにも
挑戦したいという気持ちが強くなっていきます。


挑戦していって学ぶことを得てそれを自分のものにして
いくことでさらにお客様自身が成長していきます。


だからといってお客様が
簡単に解決できる課題は与えません。


簡単に解決出来るくらいなら
それほど困ってはいませんし、
自己肯定感も大して上がることはありません。


簡単すぎず難しすぎない課題を見つけて
克服していくことになります。


ちょうどいいくらいのレベルだからこそ、
お客様は成長して新しい自分に出会えます。


新しい自分というのは
お客様が夢を叶えた姿のことです。


そんな未来に近づいていきませんか?


私はお客様の夢に向かって全力でサポートしていきます。
是非、一緒に夢をつかんでいきましょう。

以下の方はお断りします

  • 人のせいにする方
  • 自分から行動できない方
  • 無職の方
  • 努力しない方
  • 本気で取り組まない方
  • 心の病をお持ちの方


このような方々にとっては苦痛の内容ですので、
他の方のメルマガを読むことをおすすめします。


私と価値観が合わない方とセッションをしても
お互いに無駄な時間を過ごすことになってしまいます。


ただ情報が欲しいだけのノウハウコレクターでも
登録していただいてもかまいませんが、


実際に行動に移せなければ
成功できないことを
ハッキリと申し上げます。


メルマガ登録を心よりお待ちしております。
体験セッションでお会いしましょう。

夢を叶えるために必要なメルマガ登録
お名前  *
メールアドレス  *
  • ご登録いただいた「お名前(姓)」「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。
  • スパムメールの類は一切送りませんでご安心ください。
  • 「夢を叶えるために必要なメルマガ」(全7回)の終了後も、お客様の夢を叶えていくのに役立つ情報【メンタル通信】を無料で配信いたします。
  • 購読中止・解除はいつでも行えます。
  • お名前は、本名を漢字にて正しくご記入ください。数字やアルファベット等、または、明らかに本名とは異なると考えられるお名前を入力されている場合は、配信を停止させて頂く場合がございます。
  • 携帯のメールアドレスや、フリーメールアドレス(hotmail,Yahoo等)は、正常に届かない場合があります。
    確実にメールをお届けするためにも、普段お使いのPCメールでの登録をお願いします。