いつまでも過去を振り返ってばかりいる人の心理状態とは?


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回はいつまでも過去を振り
返ってばかりいる人の心理状態とは?
というテーマでお話しします。

今が楽しくない


今が楽しくない方は
とにかく昔はよかったと口にしています。


今は縁を切った私の知人は
とにかく昔はよかったと口にしてばかりいて


そんなに今は楽しくないのか思えてしまい、
連絡を取らなくなりました。


特に同窓会に行くと昔のことばかり話をして
今が楽しくない方をよく目にします。


今を楽しめていない方は自分のことを
大事にできていない何よりの証拠です。


今の現状に対して不満を持っているから
過去を振り返ってばかりいるのです。


そんなに過去に振り返ってばかりいては
過去の思い出話を聞いても
最初は楽しく思えるかもしれませんが、


徐々につまらない人だなぁと
思うようになっていきます。


あなたが成長していけば
成長するほど過去の楽しい思い出を
思い返している時間はありません。


今やりたいことにだけ意識が向いているため
やりたいことに関する情報を
集めて実行しているのです。


そのため、過去の思い出に
浸っている時間も無く
意識が現在もしくは未来に向かっています。


過去を振り返ってばかりいる方は
あなたが未来に向かって進んで行くことで
あなたと関わろうとはしなくなります。


あなたが未来に向かって進めば進むほど
あなたの現状は好転していき、
あなたの世界は変わっていきます。


叶えたい夢を持っているならとにかく、
夢が叶っている未来に向かって
突き進んでいきましょう。

自分を凄い人だと思って欲しい


過去を振り返って
ばかりいる人の特徴としましては


自分のことを凄い奴だと
思って欲しいという


承認欲求を満たしたい
という思いがあります。


特に過去の栄光に
すがりついている方は


自分を認めて欲しいという
思いが強すぎるあまり
過去の武勇伝ばかり話をしています。


最初の頃は「すごいですねぇ。」と
周囲の方々も褒めてはくれますが、


過去の武勇伝ばかり話して
ばかりいるうちに「そうなんですか。」と


冷たい目で見られるようになっていき
周囲から徐々に人がいなくなっていきます。


過去の自分の栄光を自慢していくうちに
本人が知らない間に孤立していくのです。


ですので、周囲から孤立していかないためにも
過去の栄光にいつまでもしがみついていては
何の意味がありません。


さっさと過去の栄光を手放して
新たな栄光をつかんでいった方が
周囲からも評価されます。


過去の栄光に固執すれば固執するほど
自分から成長するのをやめてしまい、
知らない間に精神的にも年老いていきます。


精神的に年老いてしまうのは
年齢が若くても何も自分から挑戦しようと
しなければ年老いていくだけです。


気持ちが年老いてしまえば
たとえ肉体が元気であっても
表情に覇気が無くなっていきます。


他人から凄い人だと
本当に思われている人は


過去ではなく現在でも自分から
失敗を恐れることなく
挑戦していっています。


時には失敗によって周囲から
罵声を浴びてしまうこともあるでしょうが、


それでも自分の成功を信じて
挑戦していっています。


立ち止まることなく前に
進み続けていける人が本当に凄い人であって、


過去の栄光にいつまでも
しがみついている人ではありません。

過去を振り返ってばかりいる人をまともに相手にしないこと


いつまでも楽しかった過去を
振り返ってばかりいる人と


一緒にいても楽しくありませんし、
何よりこちらの気持ちも年老いていきます。


過去の栄光の自慢をいつまでもしていて
新しいことに挑戦していない人は
すでに年老いた存在なのです。


そして、知らない間に自ら
滅びの道へと進んでいきます。


ですので、過去を振り返ってばかりいる人を
まともに相手にすることなく、


あなたはあなたが行きたい方向に
進んでいけばいいのです。


確かにその人が過去に
栄光をつかんだこと自体は凄いことですが、


いつまでもその栄光に
すがりついている姿は惨めなものです。


もちろん、過去の栄光だけでなく
過去の楽しい思い出にしがみついている人も
同様に惨めな存在なのです。


過去の栄光や思い出にしがみつく人は
普段から不平不満を口にしている
傾向が強いです。


何か新しい変化が起こって
古いものが認められなくなれば


「昔は良かった。」と
口にして現在の状況を
否定してしまうのです。


しかし、現在の状況を
いくら否定したところで
現在の状況は良くなることもありません。


むしろ、過去の栄光や思い出に
しがみついている人にとっては
ますます居心地が悪くなっていきます。


過去の栄光や思い出に
しがみついている人を


直接否定してしまっては
こちらから敵を作ってしまう
結果になります。


ですので、過去の栄光や思い出に
しがみついている人に対しては
肯定して適度に距離を開けていきましょう。


あなたは現在を必死で生きて、
叶えたい夢に向かって実現していく
努力していきましょう。

まとめ


過去の栄光や思い出にしがみついている人は
現状がつまらないと思っている方です。


そして、「昔は良かった。」と
過去に自分自身を置くことによって
安心安全の領域を作っています。


つまり、楽しかった過去、
居心地のいい過去という


コンフォートゾーンを作り出すことによって
現在から自分の身を守っているのです。


コンフォートゾーンに
ドップリ浸かっているのが


過去の栄光や思い出に
しがみついている人ですので、


あなたもその人と一緒にいれば
同じようにコンフォートゾーンに
ドップリ浸かってしまいます。


あなたが本気で叶えたいと
思っている夢があるならば、


過去の栄光や思い出にしがみついている人を
相手にしている時間はありません。


時間は有限ですので、
あなたが後悔しないためにも


全力であなたが叶えたい夢に
向かって取り組んでいきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

夢を叶えるために必要なメルマガ登録はこちら