頑張らないことはこちらより能力が上である方を認めること


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は頑張らないことはこちらより
能力が上である方を認めること
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

全てを1人でやるには時間がかかりすぎる


あなた1人で頑張って全てのことを
やるには労力もかなり使ってしまい、
時間がかかりすぎてしまいます。


頑張りすぎてしまう方は
他人に任せるよりも


自分でやった方が早い
という思考を持っているため
1人で全てを抱えてしまうのです。


また、他人に任せると自分よりも
能力が無いと勝手に思い込んでいるため


他人に任せようとしないタイプも
頑張りすぎてしまうタイプです。


確かに能力が無い方に任せてしまいますと
自分ではやるはずのないミスをして余計な
時間を食ってしまう可能性はあります。


しかし、他人に任せることなく
自分1人で全てを頑張ることは


貴重な時間を無駄にしてしまい、
他のことに集中できなくなってしまいます。


また、中小企業では他人に任せるよりも
自分でやった方が早いという思考が強いため、


後継者が育つことなく会社を
たたんでしまうケースもあります。


後継者が育たない企業は
長年同じメンバーでやっていて、


新人の能力が低ければ育てようとすることなく
容赦なく切り捨ててしまいます。


能力が低ければ切り捨てる
という発想では当然、
後継者が育つことなく


歳月が経過するにつれて跡継ぎがいなく
なって倒産する結末になるのです。


経営者の場合、雑務など他の方に
委託させた方が効率がいいはずの業務も
誰にも委託させることなく


経営者1人でやってしまっては
新しい発想を思い浮かべる時間を
削ることになってしまいます。


新しい戦略や今後の方針について
考える時間が無ければ


ずっと前に進めることなく
現状維持のまま時間を過ごすことになります。


もちろん、現状維持のまま時間を
過ごしていては衰退していくのが
目に見えてしまうため


後継者を育てた方が長い目で
見れば時間の節約につながっていきます。


ですので、自分でやった方が早いから
他人に任せたくないという思考を捨てて
本来やるべきことに集中していきましょう。

優れた方に依頼した方が早く終わる


自分1人でやるよりも他人にやらせた方が
いいというのは分かったものの、


どんな方にやらせたらいいのか
悩んでしまうでしょう。


委託するのに最適な方はその道の
専門家に依頼することで、


その道の専門家であれば
こちらよりも能力が優れています。


能力が優れているということは自分で
やるよりもはるかに時間を短縮できるため、
本来やるべきことに集中できます。


もちろん、あなたよりも能力が
優れている掃除業者や引越業者などに
依頼するということは


お金を支払うことになりますが、
お金を支払ってでも依頼する価値はあります。


自分の方がものがわかっているから
たとえプロであっても依頼したくないと
頑なに意地を張っても無意味なのです。


なぜなら、プロの業者はきちんと
こちらの要望を聞いてくれるため、


こちらの要望に反対することなく
事情を考慮してくれるからです。


もしこちらの要望を全く聞き入れることなく
業者の勝手な考えでやる業者が
あるとしましたら誰も依頼しないでしょう。


業者がこちらの要望を聞き入れなければ
単なる押しつけになってしまうので
誰からも信用されることないのです。


ですので、プロの業者に対しては
あなたのこだわりや大事にしている


価値観ををキチンと伝えて
あなたの負担を軽くしていきましょう。


ちなみに私も掃除や整理整頓の依頼を
プロの業者にする際には


自分の大事にしている価値観や
こだわりをキチンと伝えております。


そして、私の価値観やこだわりを
否定することなくキチンと受け入れた上で


掃除や整理整頓をプロの業者は
キチンとやってくれています。


ですので、あなたよりも能力の高い方に
あなたが面倒だと思うことを代行してもらい、
自分の時間を確保していきましょう。

他人を認めることで不要な頑張りをしなくなる


不要な頑張りをしないためにも
他人を認めることが大事なことであり、


他人を認めることによって
本来頑張らなくてもいいことを
頑張らなくなります。


他人を認めることなく全てを
自分1人で頑張ってしまうことによって
自分への負担を大きくしてしまうのです。


自分への負担が大きくなれば当然、
やることの優先順位を決めることさえ


無意味になってしまい、
やりたいことができなくなってしまいます。


日本では誰にも頼ることなく
全てのことを自分1人でやることが
美徳だという発想がありますが、


自分1人でやらなくても
いいことまでやることほど
時間の無駄遣いなのです。


こちらよりも能力が高い方に
やりたくないことを委託して


もらった方が効率が良く、
やりたいことに専念できます。


自分のやりたいことややるべきことに
専念できる時間を持つことによって


より高い質のことが
できるようになっていきます。


もちろん、こちらが他人に対して
得意分野を発揮して、


得意分野であれば代わりに
やることも忘れずにおきましょう。


自分だけが他人からしてもらって
ばかりいては自分から嫌われ者の
ポジションに着くことになってしまいます。


他人からしてもらってばかりいて
こちらから得意分野を代わりに
やることをしなければ


何も提供しなければ単なる
利己的な人物だと思われるだけです。


無駄な頑張りをしないためにも
他人を認めることであり、


他人を認めるには自分自身も
認めることにつながるのです。


自分自身を認めないが故に
自分でやった方が早いという思考になり、


他人に任せたくないという
思考になってしまうのです。


ですので、頑張らなくても
いいことを作っていくためにも


自分も認めて行くのと同時に
他人を認めていきましょう。

まとめ


他人を認めたくないが故に自分で
やった方が早いという思考になってしまい、
全てのことを自分1人でやろうとするのです。


自分1人で全てのことをやってしまえば
本来やる必要が無いことも
自分1人でやってしまうことになり、


本来やるべきことがおろそかに
なってしまうのです。


全てのことを自分1人でやってしまっては
いくら時間が合っても足りなく感じてしまい、


やりたいことに時間を
使うことができないのです。


やりたいことに時間を使うためには
こちらが苦手なことを得意と


する方に依頼して代わりにやって
もらった方が時間の節約になります。


他人に依頼したくない方は
他人を認めたくないという気持ちがあるため


他人に依頼することなく
自分でやってしまうのです。


また、他人を認めていない方は
自分のことも同時に認めていないため
自己否定感が高い人物でもあるのです。


やりたいことに時間を使っていくためには
やりたくないことや苦手なことを
得意とする方に依頼していくことです。


そして、他人のことを認めていき、
同時に自分のことを認められるようになれば


自分のやりたいことややるべきことに
専念できる時間を確保できるようになります。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました