自分から行動しなければ何も変わらない


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。

今回は自分から行動しなければ何も変わらないというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

じっとしていても時間だけが過ぎていく


自分から何もせずじっとしていてもただただ時間だけが過ぎていきます。

時間はあなたの意志でコントロールすることはできませんし、時間は気まぐれに動くことも
気まぐれに止まることもありません。

時間はあなたの意志に関係なくただただ進んでいきます。

誰かが「どうしたの?」と声をかけてくれることはありません。

誰かが何とかしてくれると思っても誰も何もしてくれません。

誰かに何とかして欲しいと思うだけで他人に依存していることになります。

他人に依存しているだけで自分らしさを失っていき主体的な人生を送ることができません。

主体的な人生を送れなければ今後の人生を楽しく過ごしていくことができません。

あなたの人生を他人や社会に任せていては他人や社会が衰退していけばあなたの人生も衰退していきます。

他人や社会が衰退していってもあなたが生き残っていくには自分の気持ちや考えをしっかりと持つことです。

自分の気持ちや考えをしっかりと持つには自分で何とかしようと思うことです。

自分から無理だとかできないと思ってしまえば何とかしようとは思いません。

何とかするためにはできないという結果がわかっていても自分から行動していくことです。

自分で動けば何ができて何ができなかったのかが理解できるようになっていきます。

自分から動けば何かしらの反応がある

自分から行動することで結果が出てきます。

中身の良し悪しに関係なく結果は出てきますし、出てきた結果がいいか悪いか決めるのはあなたです。

行動したことであなたの世界が動き出しますし、行動しなければあなたの世界は広くなることはありません。

あなたの世界は常に広くならなくては成長していくことはありません。

あなたの世界を広げようとしなければあなたの世界の未来には衰退が待っています。

あなたの世界を広げることはあなたが生き残るために必要なことです。

人類は常に環境が変化しても生き残っていけるように適応していきました。

変化した環境生き残れなかった動物はすでに絶滅しています。

しかし、人類はどうすれば変化した環境に適応できるのかを考えて行動した結果、今日でも生き残っています。

生き残っていく過程でたくさんの失敗も我々の祖先は経験してきました。

経験してどうすれば同じ失敗をしなくていいのか考えてまた行動しました。

そして、必ず生き残れるという前提で考えて行動していきました。

我々の祖先は失敗を繰り返して成功してきました。

同時に我々の祖先は成功できると信じていました。

もし、我々の祖先が何の行動もしなかったら、我々人類はとっくの昔に絶滅しているでしょう。

失敗を恐れないこと

我々の祖先が生き残れると信じて行動して生き残れたので、あなたが行動して成長できないはずがありません。

ただ、他人や社会から下されるジャッジに恐れているだけなのです。

勝ち負けというジャッジがなければスポーツなどの勝負事が成立しませんのでジャッジが絶対に必要ないというわけではありません。

しかし、極端に他人や社会から下されるジャッジに自分の評価を依存させることは非常に生きにくい人生を送ることになってしまいます。

自分の主体性を失うことになり他人や社会と同じタイミングで滅んでいくことになってしまいます。

他人や社会と同じタイミングで滅ばないようにするためには自分で考えて行動していくことです。

しかし、私は失敗してしまうという結果を想像してしまっては本当に失敗してしまう結果になってしまいます。

そして、自己肯定感と自信、積極性や主体性を失っていきます。


ですので、失敗という未来を創造することをやめていき、代わりに成功するという未来を創造していきます。

成功するという未来を想像すれば自己肯定感や自信、そして積極性や主体性が身についていきます。

また、未来が成功なので失敗しても成功する方法をまた考えて行動していきます。

つまり、未来を成功にするか失敗にするかで行動が変わっていくということです。

自分でなかなか行動できない方は未来が失敗と設定しているからです。

未来を変えるだけで現在も変わっていき、現在で何をしなくてはいけないのかを考えるようになっていきます。

成功という未来を設定すれば失敗を恐れることなく、失敗しても立ち止まることはありません。

まとめ

自分から何か行動を起こさない限り現状を変えることは出来ません。

誰かが何とかしてくれるという淡い期待を持っていても何の意味もありません。

自分のことは自分にしか解決出来ませんし、他人からアドバイスや情報をもらっても最終的な判断を下すのはあなたなのです。

あなたの人生の主人公は他ならぬあなた自身なのです。

あなたが下した決断に対して責任を持ち、下した決断に対して誰のせいにしてもいけません。

他人のせいにするということは他人に依存している何よりの証拠です。

他人の視線や評価が気になっている限り自分から行動を起こせません。

しかも、時間はドンドン過ぎていくだけでこちらの都合に合わせて待ってくれません。

まして、今いる環境は常に変化していくため変化に対応できなければ滅んでいく運命になってしまいます。

もし、行動して失敗したなと思ったことがあったとしても失敗に対して自分を非難する必要はありません。

なぜなら、あなたが行動したからこそ、結果がでてきたからであって、失敗というジャッジをしているのはあなただからです。

ひょっとしたら、他の方から見れば失敗ではなく成功なのかもしれません。

逆のパターンもありますが、成功か失敗かをジャッジしているのはあなたなのです。

しかし、それでも行動から得られる結果が失敗であると思ってしまうことに恐れてしまいます。

結果を自分が思い描く未来に置けば思い描いた未来に近づけます。

具体的には成功という結果が欲しければ成功するためにはどのような行動をすればいいのか考えて行動することです。

結果というゴールを決めることでゴールにたどり着く方法を考えてゴールに向かって進んで行くことです。

そうすることで途中で失敗と思えることが発生しても対処することができます。

失敗を恐れずどんどん行動していきましょう。

本気で夢を叶えたいと思っている方は下の一歩を踏み出す手助けのメルマガに登録してください。

そして、私の考えに共感できましたら体験セッションに申し込んでください。

体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました