たくさん挑戦して成長していくことの重要性


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回はたくさん挑戦して
成長していくことの重要性
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

行動しなければわからないまま


何か行動する前からできないとか
無理だとか決めつけてしまう方がいます。


行動する前からできないと思ってしまえば
当然できない結果が出てきます。


できないと最初から思ってしまうことで
自分自身が傷ついて
しまうのを防いでいます。


しかし、行動しないままでは現状を
維持するということになってしまいます。


現状維持は一見、何のリスクを追わないため楽な選択に思えますが、
実は最も選んではいけない選択なのです。


なぜなら、現状維持では何の成長の糧を
得ることができないからです。


たとえ結果が失敗に終わったとしても
実際に行動することによって


このやり方だったから
失敗したと思えるのです。


そして、行動した後にはどうすれば
成功できるのかやり方を
改善しようとします。


なぜなら、実際に行動したことによって
課題が見えてくるからです。


何をしたらいいのかわからない方は
実際の行動して失敗する
ことを恐れています。


しかし、失敗から来るダメージを
恐れる必要はありません。


なぜなら、失敗しても自分で
立ち上がれる気力さえあれば
成功に向かって進んでいけるからです。

スポンサーリンク

挑戦することは恥ずかしくない


何かに挑戦していく際に失敗したら
笑われたくないとか何かを
失ってしまうのではないか


という不安になって
しまうこともあるでしょう。


しかし、実際に挑戦してみなくては
分からないことの方が多く、


いざ挑戦してみると自分が思ったよりも
案外楽にできてしまうことも
少なくありません。


確かに誰しも失敗して
自分が傷つく思いをしたくありません。


しかし、傷つくのが怖いまま
立ち止まっていては
何の成長もありません。


傷つくのが怖くて
立ち止まったままでは成長することなく


現状維持のルートを進んで
行くことになります。


現状維持のルートでは自分を
成長させることがないため


周囲の方にどんどんおいて
行かれてしまいます。


現状維持のルートを選択していくと
自分が知らない間に自分を
衰退させることになってしまいます。


なぜなら、時間が進んで行くにつれて
周囲の変化によって欲求されているものが
変わっていくからです。


一昔前に通用していたことが
通用しなくなるのも周囲が
変化しているからです。


どんなに時間が進むのが嫌だと言っても
時間は無情にも進んで行ってしまいます。


時間が進んで行くのを
誰にも止められません。


ですので、自分から
ドンドン成長していかなくては
この先も生き残っていけません。

スポンサーリンク

自分を成長させるために挑戦する


自分を成長させていくためにも自分から
コンフォートゾーンから脱出していく
必要があります。


コンフォートゾーンとは
安全地帯のことであり、
自分にとって居心地がいい場所ですので


多くの方がコンフォートゾーンから
脱出しようとはしません。


しかし、コンフォートゾーンの中に
いつまでも居座っていては
危険を冒さないため
いつまで経っても成長しません。


だからといって、
コンフォートゾーンの反対側にある


ストレスゾーンに進んで
行くことは危険すぎます。


ストレスゾーンに進めば進むほど
鬱病になりやすくなってしまい、
疲れ果てて動けなくなってしまいます。


ですので、ストレスゾーンの
奥深くまでには
進まない方が成長できます。


ベストポジションはコンフォートゾーンと
ストレスゾーンの中間地点です。


中間地点であれば程よいストレスと
程よいコンフォートを感じられます。


ストレスもコンフォートも
程よく感じられれば
よりよいパフォーマンスが発揮できます。


ストレスも安心も程ほどに
感じていきながら


自分からきついことに
挑戦していきましょう。


程よい状況なら失敗しても立ち直って
また挑戦しやすくなっていきます。


アウトプットをやらない限り、
何の成長もありませんし、
夢が実現することはありません。


アウトプットをしないで
インプットばかりしていては


ノウハウばかり蓄積されてただの
ノウハウコレクターになってしまいます。


ノウハウコレクターは
コンフォートゾーンにいるため、


新しいノウハウを得ただけで
自分が成長した気分に陥ってしまいます。


成長した気分になっていても
無意識にでもできるように
なっていることはありません。


なぜなら、実際に挑戦していかなくては
瞬時に無意識できるように
なることはないからです。


野球の正しいピッチングのフォームを
動画や書籍を見ただけで
会得できないのと同じことなのです。


正しいピッチングフォームを
身に着けるためには何度も何度も
反復練習が必要になっていきます。


このように自分から積極的に
行動してアウトプットしていくことで
自分を成長させることができます。

スポンサーリンク

まとめ


たいていの方はコンフォートゾーンに
とどまったまま挑戦しようとしないで
過ごしています。


あるいは挑戦してもコンフォートゾーンの
範囲内で挑戦しています。


しかし、自分からストレスゾーンの
中に進まない限り
成長することはありません。


もちろん、耐えられない
ストレスゾーンの中にいては


自分で自分を苦しめることに
なりますので長続きしません。


ベストポジションはコンフォートゾーンと
ストレスゾーンの中間地点です。


中間地点であれば少しきついなと
思える範囲ですので挑戦していくには
最適なポジションです。


現状維持に甘んじていては
いつまでたっても成長することなく、


いつかは周りに追い抜かされて
衰退していく運命になります。


自分自身を衰退させないためにも
自分からドンドン挑戦して
自分を成長させていくことです。


成長するに当たって壁に
ぶつかることもあるでしょう。


壁にぶつかっても仲間を作って
協力して乗り越えていくことです。


乗り越えて行ければ
成長した自分に出会えます。


是非、自分から積極的に
挑戦していきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました