うまくいかないと思ったら第3者から客観的な視点をもらう


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回はうまくいかないと思ったら
第3者から客観的な視点をもらう
というテーマでお話しします。

うまくいかないやり方にこだわっても無意味


うまくできていないと知りながらも
同じやり方ばかりしていても無意味です。


うまくできていないのに同じやり方を
続けてしまうのはできていない理由を
聞くのをためらってしまっていたり、


できていないことを認めたくないなど
自分の中に答えがあるのを
認めたくないからです。


自分の中にあるものを認めることが怖い、
自分の弱さを認めるのが怖いなどの


自分の本性をさらけ出すことに
恐れを抱いています。


自分の気持ちを出すことを恐れている間は
間違いを認められず、


ずっと同じ失敗を繰り返して
いくことになります。


同じ失敗を繰り返すのをやめるには
自分の失敗を認めることが先です。


なぜ失敗したのかを考えて原因を
探し出していくことです。


教わったやり方がうまくいかなければ
教えていただいた方にやり方を
確認してもらう必要があります。


こちらかがやり方を誤解していれば
正しい理解に修正してもらって、
再度チャレンジしていくことです。


もし、やり方を修正してもらっても
うまくいかなければやり方そのものが


課題に対して合っていない
可能性があります。


長々と失敗して時間を無駄にしていては
自己否定感が高まってしまい、
やる気を無くしてしまいます。


やる気を無くさないためにも
早い段階で自分の失敗を認めて
修正していきましょう。


修正が早いければ早いほど夢の実現にも
近づきやすくなり、
自己肯定感も上がっていきます。

早い行動力が成功の鍵


うまくいかずに手こずっている時は
視野も狭くてうまくいかない原因に
なかなか気づかずにいます。


うまくいかない原因を早く見つけるには
客観的な視点、つまり、
第3者の視点が必要になっていきます。


第3者の視点というのは
他人からみた視点であり、


ご自分ではなかなか気づかない部分を
見つけて気づかせてくれます。


この気づかない部分を早く見つけるには
こちらから早く第3者に聞くという行動が
必要になっていきます。


早く第3者の方に聞けば聞くほど
こちらがそれまで気づかなかった視点を


見つけて早く修正して
いくことができます。


逆に聞くことを躊躇して聞くのに
時間がかかればかかるほど


無駄な時間を過ごすことになり、
修正するのが遅くなってしまいます。


ですので、うまくいかないなと感じたら
早めに客観的な視点を
もらいにいきましょう。


ただし、注意しておきたい点は
うまくいかない点をきちんと自分の言葉で
説明できるようにしておくことです。


自分の言葉で説明できなければ
他人もどこかうまくいかないのか
理解できませんので


一緒に考えて解決策を
立てることができません。


自分の言葉できちんと説明できない
ということは自分でもうまくいかない
部分を明確にしていない証拠です。


自分で言葉にできない部分を他人に
明確にして欲しいと頼まれても
困ってしまいます。


ですので、どこがうまくいかないのか、
何に疑問を持っているのか自分で
きちんと言葉にしていきましょう。


自分が困っていることを先に
紙に書き出してみると最初は困っている
ものが単語しか出てこない状況でも


だんだん何に困っているのかが
明確になっていきます。

目的と手段をもう一度確認する


自分の目的が明確にできていなければ
目的と手段を混同する
危険性が出てきます。


手段でやっていたつもりが知らない間に
目的と化してしまうことも
珍しくありません。


もし、目的と手段が
わからなくなってしまいましたら、


一度紙書いてみたり、
他人に話してみるなどして目的と手段を
再確認していきましょう。


うまくいかない原因のひとつとして
目的が自分の中で
ごちゃごちゃしていることもあるため、


一度散らかっている状態から
整理していくという感覚で
確認していくことです。


例えば、婚活している本来の目的が
結婚することだったはずなのに、


いつの間にか誰からも
うらやましがられる異性を見つけることに
変わってしまうケースです。


誰からもうらやましがられたいというのは
本人の単なる欲望であり、
結婚することではありません。


また、結婚するはずだったが
いつのまにか自分に合った結婚相談所を


探しているのも目的と手段が
混同している状態になっています。


厄介なことに本人がなかなか
気づかないまま行動している状態に
なっていることがほとんどです。


本人が気づいていない状態から
脱出するためにも第3者の視点が
必要になっていきます。


うまくいかないなと思ったときは
一度こちらから第3者に相談して
一緒に探してもらうことです。


自分ではなかなか
気づかない視点を得たとき、

行動を修正して目的地まで
たどり着くことができます。


他人に話すことを恐れず
にうまくいかないなと感じたら
こちらから話していきましょう。

まとめ


夢に向かって取り組んでいくとき
うまくいかないことにぶつかって
しまうことがあります。


うまくいかないなと感じましたら、
やり方がおかしいのか、


手段と目的が一緒になっているのかなど
うまくいかない原因はどこかにあります。


うまくいかない原因を早く
見つけるためにこちらから早めに
第3者に相談していきましょう。


行動が早ければ早いほど修正も
早くできるので結果として、


早い時期に目標を
達成することができます。


他人に聞くのに躊躇すればするほど
時間だけが過ぎていき、


目標が達成できないまま
自己否定に陥ってしまいます。


私もかつては他人に疑問点を聞くのが
怖くてなかなか聞けずにいました。


しかし、いざ疑問点をこちらから
聞いてみると案外簡単に解決できたり、


意外な部分から解決策が
出てくることも少なくありません。


ですので、うまくいかないなと思ったら
早めに第3者から客観的な
視点をもらいましょう。


行動するのが遅ければ遅いほど
夢から遠ざかってしまいます。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

夢を叶えるために必要なメルマガ登録はこちら