実際に行動することで固定観念を壊して前に進めるようになる

こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。

今回は実際に行動することで固定観念を壊して前に進めるようになるというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

固定観念を捨てる

自分に勝手に思い込んでしまった、「若者はこうあるべきだ」といった固定観念を持っていませんか?

固定観念を捨てなければ、視野が狭いままでいるため、今よりも成長できません。

固定観念を捨てないと、自分から新しい情報を取りに行こうとせず、現状維持のまま時間だけが過ぎていきます。

固定観念を捨てるには、固定概念を持ちつつも、自ら行動して情報収集することです。

新しく情報を手に入れることで固定観念を上書きしてしまい、固定観念は崩れていきます。

ですので、自ら行動して、固定観念を捨てていきましょう。

今よりも成長できる

なぜなら、固定観念を捨てることで視野が拡がり、今よりも成長できるからです。

ただし、一度に固定観念を完全に壊すことは難しいです。

なぜなら、固定観念は危険から身を守るためにも役立っているからです。

しかし、危険な目に遭いたくないという理由だけでは固定観念を取り除けません。

固定観念を取り除けない原因は情報不足です。

持っている情報が少なければ、実際行動できません。

ですので、固定観念を持ちつつも、情報収集をして実際に行動していきましょう。

実際に行動して行くことで少しずつでも固定観念を捨てていけるようになります。

前に進んでいく

私は最初に就職した会社から給料が支払われないまま解雇された際に、自ら弁護士に相談して労働審判を起こしたことがあります。

当初は何の根拠もなくどうせ相談しても無理だと思っていました。

しかし、実際には未払いの給料を取り返せると言われ、労働審判を起こすことにしたのです。

結果的に、労働審判で未払いの給料プラス和解金を支払ってもらえました。

もし、弁護士に相談しても無駄だという固定観念を持っていたら、給料は支払われなかったでしょう。

固定観念を壊すためには、例えば、自分よりも詳しい知識を持つ人や、法律に詳しい専門家に相談することが効果的です。

ですので、固定観念を持ちながらも、前に進んでいきましょう。

少しずつ固定観念を壊すことで、前進する道が開けます。

まとめ

固定観念を持ちながらも実際に行動しなくては固定観念を捨てられません。

なぜなら、実際に行動することで新しい情報を入手しなくては固定観念を捨てられないからです。

ですので、固定観念を持ちながらも実際に行動に移していきましょう。

実際に行動することで、固定観念を壊して前に進めるようになります。

本気で夢を叶えたいと思っている方は下の一歩を踏み出す手助けのメルマガに登録してください。

そして、私の考えに共感できましたら体験セッションに申し込んでください。

体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました