過去にどんな辛い思い込みを植え付けられても未来は自分で作れる


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は過去にどんな辛い思い込みを
植え付けられても未来は自分で作れる
というテーマでお話しします。

過去の辛さを原因にしてしまうと未来が明るくならない


私は過去に嫌な思いをしたから
あんなことは2度とやりたくないと思って
挑戦しなくなったことはありますか?


例えば、人前でスピーチをしている最中に
声が裏返ってしまって、


聴衆に笑われてしまって
恥ずかしい思いをしたから2度と人前で
スピーチはやりたくないとといった経験です。


この時、人前でスピーチをすると
声が裏返るからバカにされて笑われるのは


嫌だと思って2度とスピーチは
やりたくないと思うでしょう。


しかし、この時、また声が裏返って
バカにされて笑われたくないという


過去の出来事から未来のもう人前で
スピーチをしたくないと思うことで、


未来でスピーチをするとまた声が
裏返ってバカにされて笑われる
未来に進みたくないという防衛本能です。


スピーチをして聴衆に
バカにされたくない未来に進むには
笑われない未来を選択するのです。


そして、意識を過去に向けるのではなく
未来に意識を向けるのです。


声が裏返らない未来に進むには
まずは声が裏返った原因を
探っていくことです。


何かこの部分を主張する際に聴衆に
すごいと思われたい下心があったのか、


あるいは声が裏返った部分を言う際に
バカにされたくない思いが強すぎたのか。


きつい作業ですが、過去の原因を
探っていくことでバカにされて
笑われない未来を作っていくのです。


過去の原因を探っていかない限り
前に進むことは出来ません。


過去の原因と向き合っていくことで
過去の自分を乗り越えることができます。


しかし、注意していただきたいのは
過去の自分を否定しないことです。


過去の自分を否定するほど
再びスピーチに挑戦しようとする
意欲が失われていき、


自分からスピーチに対するイメージを
変えることができないからです。

未来を変えるには現在の自分の行動を変える


スピーチの例の場合、
聴衆に笑われる未来を避けるには
どうすればいいのかと言いますと


声が裏返る自分を想定して
スピーチをしていくことです。


声が裏返ってしまう自分を否定する場合、
声が裏返らない努力ばかりしてしまい、


肝心のスピーチに対して
何の対策も取らないため、


今度はスピーチそのものが
失敗に終わる未来が出来上がります。


スピーチそのものが失敗に終われば
スピーチに対してますます
苦手意識が強くなってしまいます。


そして、スピーチをする目的を
もう一度振り返ることです。


本来のスピーチの目的は自分の
伝えたいことを伝えることが目的であって、
声が裏返らないことではありません。


声が裏返らなければ聴衆から笑われない
ということを目的としていてはスピーチの
本来の目的を見失うことになります。


本来の目的を見失わないためにも
声が裏返ることを想定とした
スピーチをしていくのです。


スピーチ本来の目的が
自分の中にしっかりあれば意外にも
声が裏返ることがないのです。


格好いいところを見せたいとか、
上手く伝わるかどうか不安だと思わなければ
スピーチは成功しやすくなります。


未来がうまくいく未来にしたいのであれば
未来から逆算して現在で
行動していくことです。


過去がどんなに辛くても
過去を変えることはできませんし、


過去の失敗ばかりに目が行ってしまっては
何の進歩もありません。


過去に意識が行きすぎてしまっている方は
過去よりも進んで行きたい未来に
意識を向けていきましょう。

なりたい未来から現在を作る


過去に両親からあなたに対して
駄目な奴だと言われて今でも
私は駄目な奴だと思う方もいるでしょう。


しかし、駄目だと決めつけたのは両親であって
両親以外の方々は駄目な奴だとは
思っていないことは珍しくありません。


なぜなら、あなたの価値を分かってくれる方は
必ずこの世界にいるからです。


残念ながら世の中すべての両親が
自分の子どもの価値をわかってくれるとは
限らないのが現実です。


でも、あなたの価値をあなたの両親が
分かってくれなくてもいいのです。


あなたの価値を分かってくれる方が見つかれば
その方と一緒に過ごして
いけばいいのですから。


過去に誰かがあなたに対して下した評価は
絶対的な評価ではありませんので、


たとえ嫌な評価をされたとしても
その嫌な評価はあなたの全てではなく誰かが
勝手にあなたに対して作った評価なのです。


過去のそんな嫌な評価をされたことで未来
では嫌な評価が覆らないとは限りませんし、


嫌な評価がなくなる
未来を作ることもできます。


将来、幸せな人生を歩んでいきたいのであれば
他人の評価に依存しない未来、
あなたにとって幸せな未来を想像するのです。


あなたが幸せな未来に進むためには
現在の自分の行動を幸せな未来に
進めるように変えていくのです。


どんな行動をしていけばあなたが望む
幸せな未来が実現するのかがわかってくれば


後は幸せな未来に向かって
進んで行くだけです。


過去の辛い経験から同情されることはあっても
特別扱いされることはありません。


自分の未来は自分で作っていくものです。


過去のことばかり目が
行ってしまっては前には進めませんので
未来に向かって進んで行きましょう。

まとめ


過去にどんな辛い経験をしても、
過去にどんなに辛い思い込みを


他人に植え付けられても
未来が暗くなることはありません。


なぜなら、未来を明るくするのも暗くするのも
現在のあなたが取る
行動次第で決まるからです。


辛かった過去にばかり意識が向いていては
現在のあなたもネガティブになっていくため
未来もネガティブなものです。


辛い過去を持っていても明るい未来に進むには
明るい未来から物事を考えていくことです。



未来から物事を考えることで現在のあなたが
取るべき行動も決まってきます。
あとは現在のあなたが実行していくだけです。


現在のあなたの気持ち次第で
未来が変わってきます。


過去にとらわれることなく未来から物事を
考えて現在で実行していきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

夢を叶えるために必要なメルマガ登録はこちら