失敗は悪いことだと思い込むと何もやらなくなる


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は失敗は悪いことだと
思い込むと何もやらなくなる
というテーマでお話しします。

失敗を許せないと思うは心が狭い証拠


何か失敗をしたとき失敗した
自分を責めるときはありませんか?


失敗した自分を責めてしまうときは
失敗したことに対して


何かしらの恐怖心があるため、
失敗した自分を責めてしまいます。


しかし、実際のところ失敗した自分を
許せずに責めても何の解決にもなりませんし、
新しい1歩も踏み出せません。


自分の失敗を責めたところで
何も生まれてきませんし、


自分の失敗に目が行くというのは
他人から認められたいという
承認欲求も高いのです。


もし誰かに認められたいのであれば
誰に認められたいのかを
自分の中で探してみることです。


誰かが明確にわからなければ
自分で作り出した誰かに
認められる必要はありませんし、


あなたのことを認めてくれる
誰かがきっと現われます。


一方、誰かが明確に分かる場合、
なぜその方に認められる必要があるのかを
明確にすることです。


その明確な誰かに
依存していることは間違いありませんし、


なぜ依存する必要があるのかも
明確にすることです。


誰かが明確であっても明確でなくても
自分の失敗が許せないときは
心も視野も狭くなっています。


心が狭いため自分が完璧でなくては
許せないのと同時に他人に対しても
完璧でなくては許せないのです。


だからこそ自分だけでなく他人に対しても
失敗をすると攻撃してします。


失敗したことに対して許せるという
発想がないため視野も狭く、
周囲から嫌われ者になってしまいます。

完璧主義をやめると心が軽くなる


絶対に失敗は許せない、
絶対に失敗してはいけないという


完璧主義を手放した方が心の負担も軽くなり、
他人から好かれやすくなります。


それに、自分の中で完璧だと思っても
他人から見れば完璧ではない
ことは多いのです。


自分の中の完璧というのは自分が
知っている範囲の中で最高のものであるため、


あなたよりも上のレベルの方、
あなたよりも専門知識のある方からすれば
あなたの中の完璧は完璧ではないのです。


そう考えていくと完璧を目指すこと、
完璧主義という考え方は無意味なのです。


むしろ、完璧ではない自分を認めること、
完璧主義をやめることの方が


心の負担が軽くなり、
他人にも優しくなれます。


一方、完璧主義の方というのは
いつもしかめっ面をしていて他人に近寄るな
という雰囲気を醸し出しています。


完璧主義の方と完璧主義でない方の
どちらが周囲に好かれやすいのかは
もうおわかりですね。


完璧主義をやめることによって
自分に対しても優しくなれるため
他人に対しても優しくなれます。


完璧でない不完全な自分を認めることによって
視野も心も広くなっていき、
新しい発想も生まれてきます。


完璧を求めなくなれば
挑戦することを恐れなくなり、


色々な事を経験して自分を
成長させることができます。


誰もが挑戦して失敗して
傷つくことを恐れていますが、


恐れながらも失敗した自分を許していくことで
成功するまで挑戦していきます。


失敗した自分を認めるには完璧主義をやめて、
失敗した自分に意識を向けず挑戦した自分に
「ナイストライ」と認めることです。

失敗しなければ成功もやってこない


絶対に負けない方法はひとつだけあり、
それは何もしないことです。


何もしなければ決して
負けることはありませんが、
同時に決して勝つこともありません。


そして、何もしないということは
この世界においても最も恥ずべき事であり、
最も惨めなことです。


何もしなければ確かに
失敗することも後悔することもありませんが、


何も学ぶこともないため
自分自身を成長させられません。


成長しないということは
自ら現状維持のルートを進むことになるため
自ら衰退していくことになります。


ですので、何もしないということは
最も恥ずべき事であるため、


夢を叶えたいのであればたとえ傷つくことに
なっても挑戦していくことです。


多くの方は成功はしたいけど失敗したくない
というおかしなことを言っています。


1度も失敗することなくとんとん拍子に
進めることはあり得ない話ですし、


仮にとんとん拍子に進んでいると
落とし穴に気づくことなく知らない間に
落とし穴に落ちてしまいます。


余談ですが、成功したいけど
失敗したくないという方ほど騙されやすく、
詐欺の対象になります。


どんなことをしてもリターンがあれば
リスクは必ずついてきます。


ノーリスクハイリターンというおいしい話は
この世界には存在しませんので、


もしそんなおいしい話があるなら1
00%詐欺であると断言できます。


失敗するからこそ学べる部分があるため、
学んだことを生かして成功に
つなげていくのです。


つまり、自分からできないと思って
やめない限り夢は叶えられるのです。

まとめ


人は誰しも失敗すること、
うまくいかないことを恐れます。


しかし、たとえ失敗することや
うまくいかないことを恐れていても
挑戦した方が成長していきます。


なぜなら、挑戦することでできた部分と
できなかった部分が浮き彫りになるため


できなかった部分を改善して
できるようにしていけばいいからです。


もし、挑戦しなければ失敗もしないため、
傷つくこともありませんが、
同時に何の成長もありません。


つまり、現状維持のルートを進んでいるため
いずれは滅んでいく運命にあります。


失敗することやうまくいかなかったことを
許せないのは完璧主義である
何よりの証拠です。


完璧主義者になってしまいますと
挑戦することを恐れて何もしなくなり、
そして何の進歩もないのです。


そもそも完璧主義者は不完全な自分を
受け入れられない心の狭い人間なのです。


心が狭いため完璧にできない
自分だけでなく他人も許せないので、


完璧にできない自分もしくは
他人を罰していきます。


他人を罰していけば誰も
近寄らなくなってしまい、


孤立して誰からも手を
差し伸べてもらえなくなります。


こんなさみしい人生を送ってしまっては
生まれてきた意味さえなくなってしまいます。


失敗した自分を許せるようになれば
他人の失敗も許せるようになります。


そして、完璧主義者をやめて心が広くなり
他人から好かれやすくなります。


失敗は悪いことではありませんので
失敗を恐れずに挑戦していきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました