誰もやりたくないことには自ら挑戦していく価値がある


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は誰もやりたくないことには
自ら挑戦していく価値がある
というテーマでお話しします。

誰もやりたくないことをやると差別化できる


誰もやりたくないことには
やりたくない理由があります。


例えば、めんどくさい、
責任を押しつけられるなどの


デメリットばかりですので、
誰もやりたくないのです。


しかし、誰もやりたがらないことをあえて
引き受けることで他人からの
評価が上がります。


また、他人がやりたがらないことを
あえて引き受けてやっていくことで
あなたの能力も向上されます。


特にどうしても必要とされる
ことであるにも関わらず、


やりたい人が誰もいないなら
なおさらやってみる価値はあります。


実際にやることで他の人が
経験できないことを経験して
自分自身の成長にもつながっていきます。


また、他人がやりたがらないことを
やるだけでも他人との差別化ができます。


誰でもやれることをやっても
差別化は難しいですし、


たとえ誰でもできるような
簡単なことであっても
長続きできなければ差別化はできません。


継続していくこと自体が
やりたがらないことですので
継続していけば差別化もできます。


もし、他人がやりたがらない様子を
見受けられましたら迷わず
こちらから挙手しましょう。


ちなみに私も就労継続支援A型の事業所で
訓練をやっていた際には


誰もやりたがらない仕事には
積極的に挙手して引き受けて
やっていきました。


そして私が引き受けた仕事を
きちんとこなしていき、
結果を出していきました。


中には仕事をこなせている私を
見て羨ましそうに見てくる方もいましたが、


何であのとき自分からやるという
意思表示をしなかったんだろうと思いながら
私は見ていました。

感謝される対象になる


誰もやりたくないことをやることで
感謝されるのはやって欲しいと依頼している
方にとっては必要なことだからです。


そして、その必要なことをやってくれる方が
いれば感謝されるのは当然のことです。


また、相手の方が必要とされていることを
やるからこちらも貢献できた
という実感を持てるのです。


感謝されることで自分の
自己肯定感も上がっていき、


自己肯定感が上がれば自分に
対する自信も持てるようになります。


他人から感謝されるのと同時に
自分自身の成長にもつながっていきます。


ですので、なかなか誰かやりそうな
雰囲気がないなと思いましたら
思い切って挙手しましょう。


自分からあえて他の方が
やらないことをやることで感謝されて、


しかも自己肯定感も上がるという
自分にも他人にもメリットがあります。


そのため、他人がやって欲しいと
思ってこちらにお願いされたことは
余程嫌でない限り挑戦していきましょう。


明らかに無理なことはキチンと説明して
断れば相手の方も分かってくれます。


無理をして誰もやらないことをやろうとしても
自己不一致を起こしてしまうため、
できない結果になってしまいます。


ですので、自分の気持ちを押し殺してまで
も誰もやらないことをやる必要はありません。


他人に媚びたり、他人に依存することが
目的ではありませんので、


他人によく思われたいだけでしたら
無理をしてやる必要はありません。

経験値が増える


自分から誰もやりたくないことをやることで
自分の中での経験値も増えていきます。


誰もやりたくないことをどうすれば
できるようになれるのかを自分なりに
考えていくようになります。


自分なりに考えたり調べたりするため、
たとえ結果がうまくいかなかったとしても、


次回似たようなことを依頼された際の
対応は初めてやったときよりも
早く対応できるようになります。


また、手を挙げて挑戦して結果が
たとえ失敗だったとしても、


できた部分とできなかった部分が
明確になるため、
次に向けての改善点も出てきます。


改善点が見つかればどうすれば
次はうまくいくのかと考えたり、


調べたりするなどの改善するための
行動を取っていくようになります。


そしてまた、同じような状況になっても
以前よりもいい結果を出すことができます。


みんながやりたがらないことをあえて
自分から挑戦していくとやり方を教えて
欲しいと言ってくる方も現れてきます。


やり方を他人に教えられれば
さらにこちらの行動の質も上がります。


他人に対して教えていたことが
実は自分がやらなくなってしまったことに


気づくのも他人に教えることが
きっかけで気づくこともあります。


誰もやりたがらないことをあえて
自分から引き受けることはデメリットよりも
メリットの方が多いのです。


多くの方は自分の殻を破るのが怖くて
やりたがらないことを
引き受けようとはしません。


誰もやりたがらなければ自分自身を
成長させるチャンスですので、


こちらから積極的に手を
挙げて挑戦しましょう。

まとめ


誰もがやりたくないことは実は
自分を成長させる大きなチャンスです。


学生の頃になかなか誰もやりたがらない
役割を誰がやるのか決められないまま
時間だけが過ぎていった経験はありますか?


私の場合、早く帰りたいという思いから
あえて引き受けて早く帰りました。


もちろん、役割はキチンとこなしましたし、
先生からも感謝されました。


面倒くさいとか嫌だとか思えることには
たくさんの成長させる要素があるのです。


だからこそ、その成長させる要素を
独り占めして自分を大きく成長させるのです。


誰でも手を挙げるようなことはあえて
手を挙げることなく譲ってしまいましょう。


誰でもやりたがることには
成長させる要素はありません。


ですので、あえて難しいことに
自分から飛び込んでいきましょう。


誰もやりたがらないことをやれれば
他人に貢献しているため、
他人から感謝されます。


他人から感謝されれば
自己肯定感も上がっていきます。


そして、もっと誰かの役に立ちたいと
思うようになっていきます。


誰もやりたがらない様子でしたら
是非思い切って挑戦していきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました