欠乏感を満たそうと努力すると終わることのない努力が待っている


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は欠乏感を満たそうと努力すると
終わることのない努力が待っている
というテーマでお話しします。

目的を見失う


自分の欠乏感を満たそうといくら努力しても
満たされることはありません。


欠乏感はいくら満たしても
満たされることがありません。


なぜなら、いくら満たそうとしても
やっていくにつれて新たに


あれが足りないこれがないと
新しいステップに進む度に言うからです。


欠乏感を満たそうとする努力はありのままの
自分を受け入れられなくなります。


欠乏感から出てくる欲望は
ありのままの自分を否定して、
別の自分を作ろうとします。


あれが足りないこれが足りないと思って
不足感を埋めていく行動しているため
うまくいかないのは当然です。


ですので、自分の足りないものを
埋める努力ばかりしてもうまくいきません。


なぜなら、自分の足りないものは探せば
探すほどたくさん出てくるからです。


[私にはこの能力が無いから
この能力を身につける努力をする。
そうすれば駄目な自分ではなくなるんだ。]


こんな風に思って自分の足りないもの
ばかりに目を向けるのではなく、


今の自分が持っているものに
目を向けていくことです。


私にはこれがないと思って
ばかりいますと無限に出てきてしまいます。


一方、自分が持っているものに目を
向けていくとできる部分がわかってきます。


例えば、今の自分は必ず定時で
仕事を終えられるので


やりたいことをやれる時間が
確保できるとわかれば


そこからどうやって時間を
有効に使うのかを考えていくことです。

自分が持っているもの、できることに目を向けていく


今の自分が何ができるのかを考えていくと
行動しやすくなってしまいます。


できることに目を向けていくことで
行動するためのハードルを
下げていくことができます。


できることが始めていくというのは
行動しやすくするために言われるのです。


できることをたくさん見つけていけば
さらに行動するための
ハードルを下げられます。


行動できない方は足りないものばかり
に目を向けていくから動けないのです。


こういう能力がないから私にはできないと
思ってしまうから行動できないのです。


一方、逆パターンで足りないから
行動していく場合、


満たされることのない
無間地獄に陥ってしまいます。


足りないものばかりに目を向けていますと
他人と比較ばかりするようになります。


他人と比較し続ければ劣等感も
大きくなっていき劣等感が
行動のエネルギーになってしまいます。


私には~がないと思って行動していくと
最初は負けん気で行動できても
上ばかり見てしまいますため、


満たされることのない
無間地獄に陥ってしまいます。


一方、私には~があると思って
行動していくと自分ができるところから
目を向けていくことになるため、


自分の長所を生かした戦略を
立てることができます。


足りないものを満たしていく努力をするのか、
長所を生かして努力していくのでは


最初は同じように思えても
最後にたどり着くゴールは異なります。

やりたいことをやっていく


欠乏感を満たそうと努力し続ければ
必ず疲れが出てきて
やめたくなってしまいます。


一方、自分の長所を生かした努力をし続ければ
たとえ疲れが出たとしても


満たされている心でいるため、
やり続けていくことができます。


やり続けていくことができれば
最終的には夢が叶う世界にたどり着けます。


一方、欠乏感を満たす努力をし続ければ
終わることのない努力を
永久にすることになります。


そして、行きたかった
目的地にはたどり着けず、


全く異なる場所に行くことになってしまい、
本来の目的地からたどり着けなくなります。


ですので、自分の長所を生かしてなおかつ、
やりたいことをやっていく方が長続きでき、
ポジティブでいられます。


やりたいことをやるためにも
欠乏感を満たそうとはしないで
自分の駄目な部分を認めていくことです。


駄目な部分を無理矢理克服しようとしては
膨大な時間を費やすことになってしまい、
本来の目的を失ってしまいます。


しかも、駄目な部分にばかり
フォーカスしてしまうので駄目な部分が


たくさん見えてきて
ネガティブになってしまいます。


そんなネガティブな状態にならないためにも
欠乏感を満たそうとはしないで
自分のやりたいことをしていきましょう。


やりたいことに自分の長所を
生かせればいいのですが、


自分の長所をやりたくないことに
生かそうとしても自己不一致が起って
やらなくなってしまいます。


ですので、やりたいという気持ちを
優先してやりたいことをやっていきましょう。


後は自分の長所をどう生かすのかを考えて
行動するとより夢に近づけるようになります。

まとめ


欠乏感から来る欲望は
健全なものではありませんので、
長続きすることはありません。


また、自分は~がないから駄目なんだ
という思いから行動しているため成功しても
その先は破滅の未来しかありません。


ありのままの自分、
現在の自分を否定した欲望では
成功することはないのです。


成功したいのであればありのままの自分、
現在の自分を肯定していくことです。


現在の自分を肯定していくには
今の自分に足りないものを補うのではなく


今の自分ができることに
目を向けていくことです。


つまり、今の自分にはこんな能力が
あるからこんな能力を生かしていきたいと
思ってやりたいことをやることです。


ただし、やりたくないことに自分の能力を
生かそうとしても成功できません。


まずはあなたのやりたいという
気持ちを優先することです。


あなたの素直な気持ちを認められることが
成功する絶対不可欠な条件です。


そして、自分のやりたいこととできることに
目を向けていけば成功します。


たとえ時間がかかったとしても
そう簡単に崩れることはありません。
自分の成功を信じて挑戦していきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました