最後は勇気を出すか出さないかで今後の人生が決まる


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は最後は勇気を出すか
出さないかで今後の人生が決まる
というテーマでお話しします。

論理的に説明してもやるとかどうか決めるのは相手の問題


どんなに行動することに対しての
メリットを説明しても


最終的に行動するかどうかの決断をするのは
こちらではなく相手の方なのです。


例えば商品を購入する場面で
どんな商品を購入するのかを
決めるのは相手であって、


こちらがいくら商品について
説明をしても決断させるきっかけを
作るところまでしかできません。


もちろん、相手の方の意志に反して
無理矢理契約させては後々相手と
争うことになるのは明白です。


こちらができることは相手の方に
やってみたいと思えるように話すことです。


相手の方がやってみたいと思うときは
相手が楽しくなっているときです。


相手の方が楽しいと思える未来を
想像できればやってみたいと思いますし、


やる勇気を出すのに時間がかかることなく
長く続けやすくなるでしょう。


もし、相手の方を脅すような説明の
仕方をするとどうなるのかと言いますと
確かにやるとは言います。


しかし、相手の方は悪い未来を
見たくないと思っているため
脅迫的な観念から嫌々ながらやります。


嫌々ながらやるということはネガティブな
状態であるため思った結果は出てきません。


相手の方を無理やりやらせても
長続きすることはありませんし、
お互いに嫌な思いをすることになります。


お互いに悪いエネルギーが
飛び交っている状態では
いい結果を残せることはありません。


いい結果を出させたいのであれば
相手の方が主体的にやりたいとか、


楽しいからやりたいという
ポジティブな状態に持っていくことです。

やるように説いても無駄なこと


相手の方を無理矢理にでもやるように
説いても何のメリットもありません。


相手の方を説教してやらせるようにしても
主体的な姿勢でやろうとはしません。


相手の方にやる勇気を出させるには
やりたくなるような言い方、
勇気を出しやすくする言い方をするのです。


勇気を出させるには
相手の方を信じて見守ることです。


相手の方はこちらが自分の成功を
信じていると感じましたら
勇気を出してやると言います。


相手の方に勇気を出させるには
あなたが先に勇気を出すことです。


あなたが勇気を出して作った
成功体験がなければ
相手の方は勇気を出そうとはしません。


あなたが勇気を出した理由を
相手の方に説明できなければ


相手の方は勇気を出そうとすることなく
現状のままでいることになります。


ちなみに私の場合、
勇気を出してキックボクシングの
試合に出場したり、


メンタルトレーニングでの逃げられない
課題だった自分と向き合うことをしました。


勇気を出すか出さないかで
今後のあなたの世界が変わっていきます。


本当に人生の勝利者と
敗北者の違いはいかに多くのことに


主体的に挑戦したか挑戦していないか
というたったそれだけの差なのです。


勇気を出すことは怖いですが恐れながらでも
勇気を出して前に飛び込みましょう。

相手を見守ること


相手を見守ることができるようになる
ということは自分のことを
自分で見守れるようになれます。


自分のことがきちんとできなければ
他人に対して自分と同じように
やれとは言えません。


ですので、他人にああしろこうしろという前に
先ずは自分から勇気を出して
多くのこと覚えていくことです。


先ずはあなたが先に勇気を出していき、
勇気を出した時に得たきっかけにつながれば
いいと思っています。


あなたがつまずいてしまった点を
探していかなくてどんなふうに勇気を出して
結果を残せたのかを説明するのです。


自分ができないことを他人に
やらせようとしてもうまくいきませんし、


勇気を出したことがなければ
説得力がありません。


先ずは自分が勇気出して得た
成功体験を身に付けることです。


そして、その成功体験をいかして
自分のやりたいことをどう実現させたのかを
説明するのです。


もし、あなたがまだ何の成功体験を
持っていなければ小さなことでもいいので
成功体験をしてきましょう。


どんな状況においても最後にやるか
やらないかの決断を下すのはあなたであって、
他の外部的要因ではありません。


特に初めてのことに挑戦する際は
恐怖心を持っている状態ですので
なかなか前には進めないのです。


どんな心境であっても最後に決めるのは
自分自身ですのでやるかやらないか
決断を下しても後悔しないでください。


私は勇気を出して前に
進むことをおすすめします。

まとめ


今回このような文章を書こうと思った
キッカケはとにかく自分から行動できない方が
多く見られるなと思ったからです。


例えば、自分から好きな異性に対して
好きだと言わなければその異性に
自分の気持ちが伝わるはずがありません。


フラれたらどうしようとか、
傷つくのが怖いとかそんなことを言って
何もしなければ何も変わりません。


先に結果ばかり気にするから
何もできなくなるのです。


相手の異性の方がこちらの
気持ちを受け入れてくれるかどうかは
こちらではコントロールできません。


ですので、こちらの気持ちを
受け入れてくれたらラッキーだなぁって
思うくらいでいいのです。


自分から何もしない方に限って
言い訳ばかりしているのです。


つべこべ言っている時間があるなら
行動している方が時間を有効に使えています。


傷つくことを恐れていてもかまいませんが、
勇気を出して挑戦した方が
人間的にも成長していきます。


勇気を出して好きな異性に告白すれば
たとえ結果がどうであれ、
気持ちはキチンと伝わります。


真剣な表情、言葉のトーンなどは
しっかりと相手の異性の方に伝わります。


もし、勇気を出して伝えたことに対して
あなたが馬鹿にされたら


「ああ、交際しなくて良かった。」と
思えばいいのです。


行動したらどんな結果になるのか
誰にも分かりません。


恐怖心があってもいいので
どんどん挑戦していきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました