怒鳴り散らす人とは関わらずに距離を開けて遠ざけていく

こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。

今回は怒鳴り散らす人とは関わらずに距離を開けて遠ざけていくというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

怒鳴り散らす人は劣等感が強い

周囲の方々に対していつも怒鳴り散らしてばかりいる方は自分よりも劣っていると思っている方にしか相手にしません。

つまり、劣等感によって自分を必要以上に強く見せているだけなのです。

そして、怒鳴り散らしている人自身が誰かに馬鹿にされて嫌な思いをした経験があります。

馬鹿にされた経験から他人に馬鹿にされる前に馬鹿にしてやる。

自分を馬鹿にされないよう強く見せてやるという気持ちがあるのです。

馬鹿にされたくない思いから怒鳴り声をあげるのです。

相手を怒鳴って怖がらせれば自分を馬鹿にしてこないと思って怒鳴り散らしています。

しかし、実際のところ他人は怒鳴り散らしている方には興味がありません。

にもかかわらず、怒鳴り散らしている人は他人から興味がないと思われること。

自分を相手にされないことを恐れて怒鳴り散らすこともあります。

つまり、怒鳴り散らす人は誰かにかまって欲しいという欲求を他人に対して出しているのです。

そもそも、かまって欲しいという欲求は本来、小さな子どもがやることです。

かまってちゃんになっている時点で怒鳴り散らす人は精神的には大人ではなくただの子どもなのです。

まともに相手にすればこちらが疲れてしまうだけですので基本的には相手にしないことです。

しかし、怒鳴り散らす人を完全に相手にしないことは難しいのです。

ですので、怒鳴り散らす人を相手にする時間を必要最小限に抑えることです。

もし怒鳴り散らす方があまりにもしつこいなと思いましたら、1人で抱え込まずに相談しましょう。

怒鳴り散らす人はドリームキラーにもなる

怒鳴り散らす人はこちらのことを話しても何のメリットもなく、デメリットしかありません。

こちらの夢を話しても「そんなのできるわけないだろ。」と言われてしまうだけです。

怒鳴り散らす人は自分よりも上に進もうとする人を嫌うのです。

こちらが成長するのを邪魔するドリームキラーになっていきます。

そもそも、怒鳴り散らす人は劣等感の塊です。

自分よりも弱い人ばかり相手にしてけなしていきます。

また、怒鳴り散らす人は目上の人に対しては逆らうことができません。

自分よりも目上の人に対しては気に入られたいという思いから目上の人にはヘコヘコしています。

自分よりも強いなと思う人に対しては勝てないと思っています。

勝てない気持ちから怒鳴り散らして自分を強く見せようとはしません。

怒鳴り散らす人は自分よりも格上の立場にいる人に対しては強気になることはありません。

何でもいうことを聞くので周囲から見れば当然嫌われ者の対象になります。

自分よりも強い立場にいる人に対してはヘコヘコしています。

一方、自分よりも弱い立場にいる人に対しては怒鳴りつけたり、嫌がらせをしてきます。

しかし、怒鳴り散らす人は勝手に自分から孤立していくのです。

もしこちらが怒鳴り散らす人から見下されていると思っているようでしたら極力相手にしないことです。

また、怒鳴り散らす人に対して悩んでいる方がいましたら、倒してやるとか改心させてやるとは思っても意味がありません。

マイナスエネルギーを出している怒鳴り散らす人を相手にしていてはこちらが疲れ果ててしまいます。

つまり、怒鳴り散らす人と戦うだけでも無駄な時間を費やして無駄に疲れてしまうだけなのです。

あなたの神経を怒鳴り散らす人に対してすり減らしていっては時間の無駄遣いです。

できるだけ怒鳴り散らす人とは関わらない

プライベートであれば怒鳴り散らす人とは関わってこないようにブロックすれば何の問題もありません。

SNSでの付き合いならアクセスやメッセージをブロックの対象にすればいいのです。

スポーツジムなどの習い事であれば怒鳴り散らす人がいない時間帯に行けばいいだけの話です。

プライベート場合でしたら、怒鳴り散らす人と関わらないことは非常に簡単なことです。

一方、怒鳴り散らす人が仕事の人間の場合は非常に厄介です。

こちらから完全にブロックすることもできません。

アルバイトなどのシフトで少ない勤務人数で仕事していない限り、怒鳴り散らす人と関わらなくするのは非常に困難なことです。

こちらから挨拶しないようにしたり、話しかけたりしないようにしても、どうしても怒鳴り散らす人と関わらなくてはならない場面があるからです。

そこで、怒鳴り散らす人とは必要最低限の会話だけ話をするのです。

こちらの気分を害するようなことを言われても相手にしないことです。

無理をして怒鳴り散らす人を相手にしていてはこちらが疲れてしまいます。

どうしても怒鳴り散らす人がしつこいと感じるなら上司に相談しましょう。

もし、上司でも解決できないようでしたら、公的機関や専門家に相談するという手もありです。

仕事であれプライベートであれ、怒鳴り散らす人とはまともに相手にしないことです。

相手にすることなく、怒らせずにうまく流していきましょう。

怒鳴り散らす人で困ってしまったら自分で対処しようとはいけません。

周囲の方々の力を借りて対処していきましょう。

まとめ

怒鳴り散らす人に神経を使っても時間と労力の無駄です。

ですので、怒鳴り散らす人とは相手にしてはいけません。

あなたがやりたいと思っていることだけに集中していくのです。

怒鳴り散らす人は他人に対する劣等感が強いのです。

自分の方が上だと主張したいため他人を馬鹿にしてきます。

怒鳴り散らす人とはもちろん、関わらないようにすることです。

しかし、仕事などでどうしても関わらなくてはならない場面の場合、必要最低限の会話だけにしておきましょう。

後は関わらないにように距離を開けていいのです。

もちろん、怒鳴り散らす人を怒らせないような態度を取っておくことです。

もし怒鳴り散らす人を怒らせてしまったら怒ってしまったことに対して謝罪しておきましょう。

とにかく、怒鳴り散らす人とは関わらないようにしていきましょう。

どうしても怒鳴り散らす人とやっていくのが難しい場合は周囲の方々に相談して力になってもらいましょう。

どこにいてもあなたと合わない人はいるため全ての人に好かれる必要はありません。

あなたのことを邪魔をする怒鳴り散らす人のようなドリームキラーを相手にしないことです。

あなたがやりたいことにだけ専念していきましょう。

あなたが自分のことに専念すれば専念するほどドリームキラーを相手にする時間が無くなります。

本気で夢を叶えたいと思っている方は下の一歩を踏み出す手助けのメルマガに登録してください。

そして、私の考えに共感できましたら体験セッションに申し込んでください。

体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました