長続きする目標とすぐ断念してしまう目標の違い


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は長続きする目標と
すぐ断念してしまう目標の違い
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

他人からよく思われたい目標は続かない


すぐに断念しやすい目標のひとつに
他人からよく思われたいという思考から
作られた目標があります。


他人からよく思われたいが故に自分の
やりたいことに反して目標設定しているため、
長続きすることなく途中でやめてしまいます。


他人の価値観から目標を決めているため、
自分のやりたいことではなく、


他人がやりたいことをやっているため
自己不一致が起こってしまいます。


自己不一致が起これば当然
自己否定感も上がっていき、
長続きすることなく途中でやめてしまいます。


ですので、他人からよく思われたいとか、
他人がやって欲しいと言うからやるといった


他者思考を重視した考え方をやめなくては
自己肯定感も上がることなく、

前向きにもなれません。
もちろん、他人が望んでいることと


あなたが望んでいることが一致していれば
同じ目標であっても長続きします。


しかし、あなたと他人が望んでいることが
一致していないのであれば無理をして他人が
望んでいることをやる必要はありません。


他人が望んでいることを実現して
喜べるのは他人だけですので、


あなたが自分には合わないと思ったら
無理をしてまで他人の願望を
叶える必要は無いのです。


あなたは自分が望んでいることを
叶えることであなたの


自己肯定感を上げることができ、
充実感を持つことができます。


そして、他人はあなたのことに対して
あなたが思っているよりもあなたのことを
気にしていないのです。


他人があなたのことを気にしていないからこそ
自分の気持ちに正直になって
やりたいことをやっていく方がいいのです。


あなたが心からやりたいと思うことを
目標にして取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク

心からやりたいと思う目標は長く続く


あなたが心からやりたいと
思うことに関しましては


たとえどんなに辛い状況に
なったとしても長続きできます。


なぜなら、あなたが自分で
決めたことですので、


上手くいかない状況になっても
何とかして打開策を考えて
突破しようと思うようになります。


一方、他人から押しつけられたことや
自分でやりたくないと思うことに関しましては


上手くいかなくなればすぐにやめてしまい、
また、違うことをすぐに探してしまいます。


簡単にうまくいきそうだからといって
自分のやりたくないことをやってしまっては
後々苦しくなっていきます。


やりたくないことでは長続きしないだけでなく
他人に責任を押しつけて
しまうようになってしまいます。


やりたくないことでは自分だけでなく
他人も不幸にしてしまいますので、


やりたくないことは無理をしてまで
取り組む必要はありません。


ですので、やりたくないことはどんな
理由であってもやる必要はありませんので、
やりたいことだけをやっていきましょう。


やりたいことをやっていく中で
どうしてもやりたくないことがあれば


得意な方に依頼して代わりに
やってもらいましょう。


どうしても自分でやらなくてはならなければ
最低限必要なことだけをやっておいて、


あとは無視して得意な部分で
カバーしていきましょう。


あなたが本気でやりたいことに取り組んで
いけば自己肯定感もあがっていき、
やりがいも充実感も得られるようになります。


また、主体的に取り組んでいけるため、
疑問点が出てくれば自分から


解決に向けて取り組めますし、
情報収集も積極的に行っていきます。


もちろん、やりたくないことであれば
疑問点は放置したままになり、


情報収集を行うことなく
途中でやめてしまいます。

スポンサーリンク

自分の気持ちを大事にする


自分の気持ちを大事にできるようになれば
自分で作った目標に対して真摯に取り組める
主体的な姿勢を持てるようになります。


自分の気持ちを大事にしているため、
やりたいことをやっている最中に辛いことが


あっても立て直そうという
気持ちが出てくるようになります。


一方、自分の気持ちを無視して
やりたくないことをやっていると


辛い場面に出くわした際にこれは
人からやらされていることだから
乗り越えたくないと思ってしまいます。


やりたくないことであれば
やりたくないことに対して


言い訳ができますので、
やりたくないことでは長続きしないのです。


たとえやりたくないことが
大金を稼げることであってもきつい場面に
なればすぐにやめてしまいます。


ですので、やりたくないことには
自分の労力を使わないようにしましょう。


自分の気持ちを大事にするためにも
自分の気持ちに正直になることを
許していくのです。


自分の禁止事項があればなぜ
それを禁じているのか考えていきましょう。


他人が決めたことであれば
禁止事項を無くして許可していきましょう。


他人の価値観とあなたの
価値観は異なって当然ですので、
無理に合わせる必要はありません。


あなたが大事にしたいことを大事にして
あなたがやりたいことをやっていきましょう。


やりたいことをやっていくと
生き生きとした自分になれます。

スポンサーリンク

まとめ


自分の意志に反した目標を立てても
長続きすることなく途中で
嫌になってやめてしまいます。


この目標を達成できれば
他人から尊敬されるという下心で


自分の意志とは異なったことを
目標設定するのをやめて、


あなたが本気でやりたいと思えることを
目標にして取り組んでいきましょう。


あなたが本気でやりたいと
思えることであればたとえどんなに
辛い状況になったとしても


自分で立て直したいと思って相談したり、
情報収集したりして立て直そうと
行動していきます。


これに対して心からやりたいと
思っていないことであれば
こんなのは他人が望んでいること、


自分でやりたいと思っていないから
やめたいと思うなど言い訳が出てきて
しまいますので長続きしないのです。


あなたがやりたいことを目標設定して
本気で取り組んでいきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました