誰にも相手にされない嫌われ者の特徴


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は誰にも相手にされない嫌われ者の特徴
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

エゴを満たそうとする


他人のことを無視して自分勝手に
振る舞っていきますと確実に
嫌われものになってしまいます。


嫌われてでも他人に
貢献したい精神とは異なり、
自分のエゴを満たそうとするからです。


自分勝手な振る舞いでは
他人を不幸にするだけでなく、


自分で自分を不幸にしていく
ことにもなります。


派手な行為をして自分だけが
目立って他人に嫌な思いをさせていては
本当に嫌われていきます。


しかも、自分の中に無価値観が強くなり、
自己否定感も上がっていきます。


自分に対して罪悪感を
感じるようになってくるため、
自分で自分を傷つけているのです。


また、承認欲求が強すぎるのも
誰にも相手にされない
嫌われ者の特徴のひとつです。


承認欲求が強すぎるが故に暴走して
自分勝手に振る舞っていくことで
他人から注目を集めたいと思っているのです。


特に自分勝手な振る舞いを
動画投稿していく行為は


承認欲求が強すぎる証拠であり、
誰にも相手にされない
嫌われ者になっていきます。


自分のことしか考えておらず、
他人がどうすれば喜んでくれるのかという
他人に貢献する精神が無いのです。


他人に貢献する精神がないから
他人に迷惑をかけて、


その迷惑行為をしている
自分に快感を覚えていくのです。


迷惑行為ばかりしていては
いつか誰にも相手にされない
孤立した人生を送ることになります。

スポンサーリンク

他人に貢献したい気持ちがあると仲間ができる


一方、同じ嫌われ者であっても
徐々に仲間が増えていく方は


自分の信念を持って自分の
やりたいことに取り組んでいるのです。


自分のやりたいことを取り組んで
他人に貢献したい気持ちがあるため、


一部の方には嫌われていますが、
価値を受け取れる方がいるため
孤立した人生を送ることはないのです。


自分のやりたいことに誇りを
持って本気で取り組んでいるため、


仲間が増えていき、
自分のやりたいことができる
現実が引き寄せられるのです。


そして、全ての方々が自分の価値観と
合うことがないことを知っているため、


承認欲求を満たしたいという
行為に駆られることはありません。


自分の承認欲求を満たしたいから
自分勝手な他人に迷惑な振る舞いをして


動画投稿するといった行為をしないので、
社会的なペナルティを
受けることもないのです。


自分の価値観を大事にしていてなおかつ、
他人が嫌がることはしないという
ポリシーがあるため、


一部の方には嫌われたとしても
好かれる部分があるのです。


承認欲求が強すぎてしまえば
自分の気持ちを無視してしまい、


自分の気持ちに反してでも他人からの
注目を得たいが故に迷惑行為をするのです。


一方で承認欲求がなければ、
自分の気持ちを大事にできるため


自分の気持ちに反してまで他人からよく
思われたいと思うこともないのです。


つまり、自分の気持ちを大事に
できるだけの心の豊かさがあるのが
嫌われ者であっても仲間ができる方なのです。


他人に迷惑行為をする方は
自分の気持ちを大事にできていないので
他人に迷惑をかけることで快感を得ています。


迷惑行為をすることは
自分の気持ちを大事にしているのではなく、


自分の心の傷と向き合うことを
やめて暴走している状態なのです。


自分の気持ちを大事にできる方は
自分の心の傷と向き合って
傷ついた自分を許していて、


傷ついた自分が無価値だと
思っていないのです。

スポンサーリンク

まずは自分を大事にすることから始めていく


自分のことを大事にできるようになれば
他人に迷惑をかけてまで自分に
注目されたいという欲求もなくなっていき、


他人が自分のことをどう思うかを
気にならなくなっていきます。


他人の価値観に振り回されないためにも
自分が本当に大事にしたいことを
大事にしていくことです。


大事にしたいことが分かれば
あとは大事にしたいことに反することを
しないようにするだけです。


自分は本当はどうしたいのかを
真剣に考えていき、


短絡的に考えて無理矢理
自分を納得させないことです。


私は過去に他人に傷つけられたから
他人を傷つけていくのは
当然だと思うのではなく、


傷つけられた自分を癒やして
他人を傷つけないようにしていくのです。


自分が嫌なことをされたから
他人にも嫌なことをするという発想では


自分から誰にも相手にされない
嫌われ者になっていきます。


自分を大事にで切れるようになれば
たとえ一部の方に嫌われたとしても


自分の価値を受け入れてくれる方が
いるから全ての方々に自分を合わせる
必要は無いと思っているのです。


全ての方々に自分を合わせようと
するから自己不一致が発生して、


自己否定感が高まって
他人に迷惑行為をしていくのです。


自己否定感を高めないためにも
まずは自分で自分の事を大事にしていく
ことから始めていきましょう。


自分のことを大事にできるようになるには
自分のやりたいことをやっていくことで、


なおかつ、他人に嫌な思いを
させないことをやることです。


やりたいことが他人を不快にさせる事であれば
なぜ、他人をそんなに不快な思いをさせたい
のかを自分に問いかけることです。


不快な思いを他人にさせたい
原因は過去に傷ついた自分がいるため、


傷ついた自分と向き合って
癒していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ


嫌われ者になることが
かっこいいという風潮がありますが、


嫌われるというのは周囲の
価値観にわざわざ合わせることなく
自分の価値観を大事にするということです。


決して他人に対して不快な思いをさせる事
ではないということを理解してください。


他人に不快な思いをさせていては
誰からも相手にされることなく孤立した人生を
送ることになってしまいます。


自分の気持ちを大事にしていくことが
できるようになればたとえ一部の方に


嫌われたとしてもあなたの
価値観を受け入れてくれる方々いますので、
その方々に対して貢献していきましょう。


まずは自分で自分に対して
満足させていくことです。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました