恐怖心は誰もが持っているのでしっかりと受け入れる


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は恐怖心は誰もが持っているので
しっかりと受け入れる
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

恐怖心を持っていない方はいない


どんなに見た目が強そうに
見える方であっても
恐怖心がない方はいませんし、


恐怖心がないと言っている方は
単に強がっているだけなのです。


特に初めて挑戦することに関しましては
誰しも恐怖心を持っていますので、
あなただけが特別おかしいのではありません。


誰しも未知なることに関しましては
恐怖心を持っていますので、


恐怖心がない方の方が
むしろ異常なことなのです。


恐怖心がないと言うことで
自分を安心させようとしているだけであり、


本当は怖すぎるが故に強がって
見せているだけなのです。


強がって見せていても
この方は本当は不安なんだなと


思われてしまうだけで
こちらには何のメリットもないのです。


強がれば強がるほど自己不一致が
発生してますます恐怖心が
強くなっていくだけなのです。


ですので、恐怖心を持っていないと
いう演技をすることはやめて
恐怖心を受け入れていきましょう。


もちろん、周囲を不安にさせないために
あえて「怖くない」と言って周囲を
安心させようという手段もあるのですが、


周囲を安心させても自分自身が
怖いままである事実は変わらないのです。


むしろ、恐怖心を持っていることを
素直に認めてしまった方が


恐怖心に意識が行かなくなるので
パフォーマンスが落ちにくくなります。


恐怖心を無くそうとする行為をしても
恐怖心は消えるどころか
むしろ増幅されていきます。


ですので、恐怖心を受け入れたまま
行動していく方がパフォーマンスを
低下させることなく実力を発揮できます。


なぜなら、恐怖心に意識が行かなくなるので
自分が今できることに集中
出来るようになるからです。

スポンサーリンク

恐怖心を受け入れて今できることに集中


恐怖心を受け入れることで
本来のやるべきことに意識を向けて
集中出来るようになります。


やるべき事に集中することで
恐怖心を持っていることを忘れてしまい、


これからやるべきことを
どう対処していくのかに意識が
向かいやすくなります。


これからやるべきことという未来に
意識を向けることでパフォーマンスを


落とすことなく良い結果を
引き寄せて自己肯定感を上げられます。


もし、恐怖心との葛藤にばかり
意識が向かってしまえば
本来のやるべきことに集中出来なくなり、


散々な結果をもたらして
自己否定感が上がってしまうでしょう。


恐怖心を無くそうとすればするほど
本来のやるべきことから意識が
離れて行ってしまい、


やるべきことをやっている
未来に意識が行かなくなるのです。


やるべきことをやっている未来ではなく
恐怖心を持っていない自分を


作り出そうとするため、
パフォーマンスが低下していくのです。


ですので、恐怖心を無くそうとすれば
するほど望んだ未来からどんどん
遠ざかっていくので、


恐怖心を無くそうとする
行為そのものをやめることです。


恐怖心を否定することなく
受け入れてしまった方が逆に


パフォーマンスの質が下がることなく
自己肯定感を上げられるのです。


恐怖心を無くそうとするだけで
無駄に労力を使ってしまうだけですので、


恐怖心を無くすよりも今のあなたが
できることに意識を向けていきましょう。


恐怖心は誰でも持っていることですので、
恐怖心を感じつつ今のあなたが
できることに集中していきましょう。


恐怖心を克服することばかりに
意識を向けても自体は好転する
どころかさらに悪化していきます。


ですので、恐怖心を
無くそうとする行為を断念して、


今のあなたができることに
集中していきましょう。

スポンサーリンク

恐怖心と上手に付き合っていく


恐怖心を悪者扱いしても
何も解決することはなく、
むしろ事態が悪化していくだけです。


ですので、恐怖心を受け入れたまま
今のあなたができることに
集中していくことで、


恐怖心を持っていることさえも
忘れてしまいます。


もし、恐怖心を悪者扱いして
恐怖心をなくしてから行動しようと


思ってしまっては永久に
行動しなくなるでしょう。


恐怖心を無くしてから行動するのは
ミスを許さない完璧主義者であり、


ちょっとしたミスをしただけで
自己否定感を上げてしまうのです。


完璧主義になってしまっては永久に
行動していく現実にはなりませんので、
不完全な自分を許して行動していくことです。


完璧主義は失敗するのが怖いが故に
恐怖心も大きいので


その大きな恐怖心を克服してから
行動に移すのでは遅すぎるのです。


完璧主義をやめるには恐怖心を持っている
自分を許していくことから始めるのです。


恐怖心を克服することばかりに
意識を向けるのではなく


恐怖心感じている自分を認めて
恐怖心に触れようとしないことです。


むやみに恐怖心に触れてしまうから
うまくいかない現実がやってきて、


自己否定感が高まってしまう
現実になるのです。


だからこそ、恐怖心を持っている
自分を認める事が重要なのです。


恐怖心を持っていることは
悪いことではなく、
むしろ自然なことですので


悪者扱いをすることなく
恐怖心を持っている自分を認めましょう。


恐怖心を克服しようとしない方が
本来のやるべきことに集中出来るので、
良い結果をもたらしやすくなるのです。

スポンサーリンク

まとめ


私もかつては完璧主義であり、
ちょっとしたミスが出てしまえば


何もしないまま1日を過ごして
いたこともありました。


特に友人と一緒に習い事にいって
私がミスを指摘されてしまえば泣き出して、


両親が迎えに来ても決して
再チャレンジしようとしませんでした。


今の私は恐怖心を持っていても、
ミスを指摘されても自己肯定感が


崩れることなく物事に
取り組むことができます。


というのは、過剰に気にしているのは
私の両親だけであって


他の方々は全く私のことを
気にしていないことに気がついたのです。


それに気づいたのも様々な価値観を
持った方々に触れていくことによって、


私が好む自分らしさを認める
価値観に出会えたことでした。


完璧主義であることはあなたの
人生において何のメリットもありませんので、


完璧主義を捨てた方がはるかに
生きやすくなります。


完璧主義を捨てて恐怖心を
持っている自分を認めて
多くのことに挑戦していきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました