頭でわかっていてもやらないのは単なる言い訳に過ぎない


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は頭でわかっていてもやらないのは
単なる言い訳に過ぎない
というテーマでお話しします。

やりたくないことはやらなくていい


「頭ではやらなきゃいけないと
わかっているんですけどやれないんです。」


とか、やっていないことを指摘されると
「わかってます。」と反論する方がいます。


わかっているのにやらないとは
ふざけているのかと思うでしょうが、


わかっているのにやらないのはやらない方が
メリットがあるからやりたくないという
本音があるからです。


つまり、本当はやりたくないけど
やりたくないと言ったら
怒られることを恐れているのです。


やりたくないけどやらないのなら
現在の環境から出た方が
怒られることなくいられます。


仕事の場合、退職して転職活動するのが
嫌だとかめんどくさいといった理由で
現在の環境から出ようとしないのです。


つまり、自分から現状維持の未来を
無意識のうちに選んでいるのです。


現状維持は良くも悪くも心地いいもので
環境の変化よりも現状維持を
選んでしまうのです。


しかし、現状維持では現状に対する
不満ばかり言っている未来に
進むことになってしまいます。


もし、今の環境が本当に嫌であれば
思い切って環境を変えていきましょう。


ただし、今の環境で何の成果も
出せていなければ環境変えたところで
成果を出せません。


今の環境で自分ができるところを
全てやり尽くす気持ちでやらなければ
環境を変える意味はありません。


他人から今の環境を追い出されるまで
必死で成果を残そうと努力するのです。


自分からすぐにやめない限り
やめ癖は身につくことはありません。


やめ癖がついてしまっては
たとえ本当にやりたいことであっても
すぐに投げ出してしまいます。

やる必要があるのか見直す


頭でやらなきゃいけないと分かっているけど
やりたくないことはそもそもやる必要が
あなたにはあるのでしょうか?


あなたにとって必要性が感じられなければ
無理をしてでもやる必要はありません。


頭でやらないといけない理由は
何であるのか明確にできようができまいが、


なぜやらなくてはいけないと
思っているのでしょうか?


単にやったら自分が満足するだけでしたら
無理をしてまでやる必要はありません。


自分ひとりだけが満足することは
優先順位も低く、


他に優先順位が高いことを
した方が時間を有効に使えます。


あなたにとってやる必要性があると
思えるものだけをやる方が
時間を有効に使えるのです。


他人からすれば必要で無いと
思われることであっても


あなたが必要だと思えることに
時間を使っていきましょう。


他人からどう思われようが
気にする必要はありません。


あなたがやりたいという気持ちが
最優先ですので、


あなたが納得できることでなければ
無理をしてやる必要は無いのです。


もちろん、他人に「私にとっては
必要であるため、
あなた方もやりなさい。」


という他人にあなたのやりたいことを
強制する必要もありません。


あくまでもあなたにとって必要であれば
いいので他人に強制する必要はありません。


あなたと他人は別の人間であるため、
他人の問題にはむやみに口出しないで


あなた自身のことにだけ
集中していきましょう。


自分のことにだけ集中していけるようになると
他人のことはそれほど気にしなくなります。

他人の評価は気にしないこと


他人があなたのやっていることを
どう評価するのかはあなたではなく
他人が決めることです。


他人も様々な価値観を持っているため、
あなたを否定する方もいれば
肯定する方もいます。


ですので、頭でやらなきゃとわかっていても
やりたくないことはやらなくていいのです。


そもそも、なぜやらなければならないと
勝手にきめているのでしょうか?


やらなければならないと決めているのは
あなたではなく他人が決めていることであり、


あなたが他人の価値観に
依存していることです。


別にあなたがやる必要性がないと
思えばやらなくていいのです。


ただし、やらないことを選択したことに
対しては誰のせいにもしないことです。


誰かのせいにしている時点で
他人に依存しているからです。


自分で下した決断を他人のせいに
しているようでは夢を叶えられません。


夢を叶えたいのなら叶えるまでの過程で下した
決断を誰のせいにもすることなく
全て自分の責任と思って行動することです。


自分で下した決断を他人のせいに
しているようでは何をしても
うまくいきません。


誰かに責任を取って欲しいと思っている時点で
どんな夢でも叶うことはありません。


あなたが望む生き方をあなたが作っているので
やりたいことだけやりましょう。

まとめ


やらなければいけないと分かっているけど
なかなか手を着けないことを
経験している方もいるでしょう。


そもそもなぜやらなければいけないと
決めつけているのでしょうか?


別にやる必要が無ければ無理をしてまで
やる必要はありません。


やらなければならないと思っているのは
他人の評価を意識しているからです。


例えば、勉強しないと両親に怒られると
いった両親の価値観を意識した思い込みです。


勉強したくないけど両親に怒られるから
勉強するという行為は両親からの評価を
意識しているから出てくるのです。


進みたい未来が勉強の先に
あるのならやるしかありませんが、
勉強の先にないのならやらなくていいのです。


また、勉強の先に未来がないのに
勉強しなければ両親に好かれないのであれば
両親に依存しています。


子どもには両親からの脱却は難しい話ですが、
大人になれば勉強を仕事に置き換えれば
似たようなことが言えます。


しかし、大人であれば自分で
自分の未来を切り開けられます。


そして、自分が下した決断は誰のせいにも
しないで自分で責任を取りましょう。


誰かのせいにしている時点で
夢は実現しません。


誰にも依存することなく
自分の未来を切り開いていきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました