他人の課題よりも自分の課題から逃げることなくしっかりと向き合う


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は他人の課題よりも自分の課題から逃げることなくしっかりと向き合うというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

自分を優先して考える

自分のことよりも他人のことばかり気になっている方は自分が他人に指摘できるほど優秀なのかと疑ってしまいます。

こちらが他人に対してアドバイスを依頼されているのであれば他人ができていない部分を指摘するのは問題ありません。

しかし、こちらが他人からのアドバイスの依頼も許可もなく他人にアドバイスをするのはおかしなことです。

他人の許可なく無断でアドバイスをすること自体がおかしな行為であり、何様のつもりだと他人から思われるのは当然のことです。

そもそも、他人の領域に無断に入り込んで勝手にアドバイスをするのは侵略行為と同じことですので、許可なく無断で領域に侵入してくれば誰だって激怒して侵入者を追い返そうとします。

自分のことよりも他人のことばかり考えている方は実は自分の課題から逃げる手段として他人の課題に対して口出ししているのです。

自分と向き合おうとすることなく自分の駄目な部分に目を粒って他人の課題に無断で入り込んで自分で自分を誤魔化しています。

しかも自分の都合のいいように他人を変えようとするため、他人からすれば言うまでもなく迷惑な存在と見なされるのです。

また、自分のことばかり考えている方は実は他人からの評価を過度に気にしているため、他人の評価基準を満たせない自分に対して嫌気がさしています。

他人からの評価を過剰に気にして自分に嫌気がさしているため、自分よりも下のレベルの方がやたら気になって上から目線でアドバイスをするのです。

他人からの評価はこちらを好む方もいらっしゃればこちらを嫌う方もいらっしゃるなど人それぞれ異なりますので、他人からの評価を気にしないで自分のことに集中していきましょう。

他人が気になるのは自分から逃げている証拠

他人のことについつい口出ししてしまう方は暇人であり、自分のやるべき課題から逃げているため暇な時間を作っています。

自分がやるべき課題から逃げることによって暇な時間を作って他人の課題に無断で入り込んで口出ししてくるのです。

他人のことに口出ししてくることが多い方は本当に暇人ですので、相手にすることなく流してしまいましょう。

もしあまりにもしつこく迫ってきて困るようでしたら1人で抱え込むことなく周囲の方々に相談しましょう。

実際に私もスポーツジムで練習しているときに横から私の許可なく知らない会員(以下A)から私の筋トレフォームにケチつけられたことがありました。

Aと私は面識がありませんでしたので、余計に腹が立ち、帰りにまでしつこく筋トレフォームに指摘してきましたのでジム責任者に通報しました。

ちなみにAは私以外の会員にも馴れ馴れしく話しかけてきて他人のフォームにケチをつけていたようです。

他の会員からもAに関する苦情があったようでしたので、すんなりとAがどの会員なのかが特定されました。

Aに関しましては処罰されたかどうかは知りませんが最近はこの馴れ馴れしく話しかけてきたAを見なくなりました。

自分のことに目を向けずに他人のことにばかり目を向けて許可なく口出ししてしまえば遅かれ早かれしっぺ返しを喰らうことになります。

自分と向き合うことから逃げ出して暇になっているため自分よりも格下の他人のことが気になって口出しするのです。

ですので、こちらの許可なく口出ししてくる方は無視して、自分が取り組むと決めた課題に集中して取り組んでいきましょう。

自分のことに集中した体験

自分の課題から逃げることなく向き合って自分のことに集中できるようになれば他人のことに気がいかなくなります。

他人のことを考えられないくらい自分のことに集中できるようになれば他人の仕草にイライラしなくなります。

他人のことに気にしないように思うようになったキッカケは婚活で女性とのやり取りをしているときでした。

次回会う約束をしていて待ち合わせ場所や日程に関する返信がなかなか返ってこなくてイライラしていました。

しかし、イライラした状態で催促の返信したところでイライラした気持ちが伝わってしまうため、この女性とはうまくいかなくなってしまうのではと思って催促の返信を思いとどまりました。

そこでイライラしないためにも部屋の掃除や片付けなど自分のことに集中して女性からの返信に気がいかないようにしました。

自分のことに集中している間に女性からの返信が来たとき、焦りから返信を催促しなくてよかったと思いました。

もし催促してしまったら悪い印象を与えてうまくいかない結果はもちろん、後々悔やむ結果になっていたでしょう。

異性との交際、特に親密な関係を持った異性の場合、返信が来ないと焦りがちですが、焦ってしまいますと逆効果です。

もし相手のことに意識が向いてしまいましたら、自分のことに意識を向くようにして自分のやるべきことに取り組んでいきましょう。

自分のやるべきこと、自分の課題にしっかりと向き合って取り組むことによって他人のことを考えなくなります。

自分の課題から逃げることなくしっかりと向き合っていくことによってあなたが願っていた夢へと近づいていき、やがて夢が現実化していきます。

まとめ

他人のことがやたら気になっているときは自分の課題から逃げることなく自分の課題に意識を向けていきましょう。

自分のことに意識を向けることによって他人への意識が薄れていき、他人に対して過度な干渉をしなくなります。

自分のことに意識を向けるには自分が今やりたいと思っていることに逃げることなく徹底的に取り組むことです。

やりたいことに取り組むことで夢中になっていき、気がつけば時間の経過とともに他人への意識がなくなっていきます。

SNSでのやり取りでなかなか返信がないなと感じるような相手の方の行動によるものには意識を向けすぎないようにしましょう。

相手のことにばかり意識を向けすぎてしまっては相手に対しても自分に対しても何のメリットもありません。

本気で夢を叶えたいと思っている方は一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という下のメルマガに登録して体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました